名市大眼科 研究室だより

平成24年度名市大眼科入局説明会開催

8月23日(木)に平成24年度名市大眼科入局説明会が開かれました。
当日は、学生さん、初期研修医の先生たち総勢11名が参加。
暑い中、忙しい中、岐阜県や三重県から(弘前からも!)参加してくださって、本当にありがとうございました。

入局説明会にきてくださった11名中6名の方たちが、先日開かれた眼科サマーキャンプにも参加されたそうで、サマーキャンプがとても充実していたことを話してくれました。(サマーキャンプは、名市大眼科から小椋教授はもちろんのこと、平原先生、西川先生、小椋俊太郎先生がインストラクターとして参加、平原先生がブログにそのことを書いていますので、ぜひ読んでみて下さい。)

眼科サマーキャンプは来年度も夏に開催予定とのことですので、眼科に少しでも興味のある学生さん、初期研修医の先生がたに、参加してくださることを是非お勧めします。

入局説明会では、名古屋駅のセントラルタワーズ51階ワインラウンジで夜景を見ながらシャンパンで乾杯後、ワインとお料理を楽しみつつ、説明会参加の学生さんや研修医の先生たち、名市大眼科の医局員やOBの先生たちの間で、話に花が咲きました。

また、当日は、朝早くから岐阜県の初期研修医の先生と高知県の医学部5年生の学生さんが、手術見学にも来てくれました。

ワインラウンジで、名市大眼科の医局の家族的な雰囲気は伝わったと思いますが、『よく学び、よく遊べ』がモットーの医局ですので、次回は小椋教授の手術など、臨床の現場で、表の顔(?)であるみんなの仕事ぶり、チームワークも、ぜひ見学に来ていただければ幸いと思います。

最後に、忙しい研修や夏休みの合間をぬって、当日入局説明会に参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

*見学は今後も随時受け付けていますので、お問い合わせフォームからどうぞ。

担当:医局長 野崎 実穂
カテゴリー: ブログ記事