名市大眼科 研究室だより

ルクパン先生からの近況報告

昨年3か月間フェローシップで名古屋市立大学病院眼科にいらしたウズベクスタンのルクパン先生から近況報告が届きました。本国でご活躍をされています。

Dear colleagues!
It’s been half a year after I completed my 3-month ICO fellowship under the direction of Professor Ogura in the Department of Ophthalmology and Visual Science, Nagoya City University.
I’d like to share what changes it brought to my professional life.
First of all I switched to use 25+ Gauge from 20 Gauge in all cases of vitreoretinal surgery. Not only I was keen to embrace the change, but I urged my colleagues to follow my example as the excellent results with 25 Gauge were speaking for themselves. Moreover, my attitude towards the OCT altered, I saw a high diagnostic value of this method in macular pathology. The fellowship gave me a profound insight and experience and served as a launch pad in my career as I have been promoted to a chief of the department of pediatric ophthalmology at my home institution. I’d like to thank the ICO and Prof. Ogura for organizing and sponsoring such an invaluable experience as an ICO fellowship, that really improved my professional skills. I wish you success and prosper!
Yours,

Lukpan Orazbekov


皆さんお元気ですか。3ヶ月間の名古屋市立大学眼科学教室小椋教授のもとでのICO(International Council of Ophthalmology:国際眼科理事会) フェローシップが終わってもう半年たちました。私の近況を報告します。
まず最初に、硝子体手術を全例20Gシステムから25Gシステムに切り替えました。そして、自分が積極的に切り替えただけでなく、25G硝子体手術がいかに優れているか同僚に伝え、彼らにも薦めました。またOCT画像をより深く診ることができるようになり黄斑疾患に対して高い診断能力がつきました。
私はこのフェローシップ期間中に多くのことを経験し、深い洞察力を持って疾患を診ることができるようになり、おかげさまで、戻ってきてから当施設の小児眼科のチーフに昇進しました。
私はこのような貴重な経験をさせてくださった小椋教授とその機会を与えてくださったICOに心から感謝しています。
皆さんのご健勝とますますのご発展をお祈りしています。

ルクパン オラズベコフ

担当:ルクパン・オラズベコフ(カザフスタン眼研究所)
カテゴリー: ブログ記事