名市大眼科 研究室だより

入局説明会

毎年7月~8月に開催する「名古屋市立大学眼科入局説明会」。他の施設より際立って締め切りの早い名古屋市立大学病院後期研修医の締め切りにあわせてこの時期に行っています。眼科という臨床分野について、視覚科学という研究領域について知ってもらいたいのはもちろんのこと、将来自分が腰をすえる場所を考えるに当たってもし選択肢の一つに「眼科」という分野があるのなら「名市大眼科」というところの飾らない、アットホームな雰囲気を知ってほしいという思いもあり、昔ながらの「入局説明会」といまどきやや時代遅れな、タブーとも思われるネーミングをそのまま継続していました。

ところが、眼科に興味を持ってくれている学生さんに声をかけたとき、とある学生さんに「入局ってがちがちな感じがするので、、、」と言われてしまいました。やはりそうなのかしら、と思って他の施設のHPをのぞいてみると「~教室説明会」とか「○○大学××科説明会」とか。

当日の入局説明会は、多くの臨床研修医、学生さんが参加してくれ、かけつけてくれた関連病院の先生たちから実際の市中病院での眼科医師の様子をたくさん聞いてもらうことができて、本来の目的を果たし盛況に終わった(と思っている)のですが、来年からは他にならって、「名市大眼科説明会」としようかしら。あえて「関連病院も含めて一同家族のような雰囲気です!」ということを強調すべく「名市大眼科入局説明会」とするか。。。

まあまだ1年あるからゆっくり考えようかな。

blog1949
7月8日に行われた入局説明会。楽しいひとときでした。

担当:医局長 加藤亜紀
カテゴリー: ブログ記事