名市大眼科 研究室だより

アルジャンちゃん

先月当院で手術を受けたアルジャンちゃんの記事が新聞に掲載されました。

来日前から、医局でも、病棟でも、外来でも「カザフスタンからわざわざ教授の手術を受けに来る10歳の女の子」の話題で持ちきりでした。同年代の女の子とお友達になり、意外と海外でも人気のORIGAMIが二人をつないでくれました。手術も無事終わり、経過も順調で帰国するときには、みな何となくさみしくなりました。

「6月に手術をしたカザフスタンの医師」については名市大眼科HP ブログアーカイブ
http://ncu-ganka.jp/blog/1541
http://ncu-ganka.jp/blog/1267
をご覧ください。

(*中日新聞2014/11/27朝刊および夕刊、新聞社の許可を得て掲載)

blog2069_01
blog2069_02

担当:医局長 加藤 亜紀
カテゴリー: ブログ記事