名市大眼科 研究室だより

屋形船

7月19日に、毎年恒例の医局行事となっている屋形船納涼会が開催されました。
今年も、小椋教授を初めとする医局員以外に、いつもお世話になっている看護師さん、視機能訓練師さんも来てくださり多数の参加者となりました。
多くの参加者が涼しげな浴衣姿となって18時半に名市大研究棟前に集合。貸し切りバスで東海道五十三次41番目の宿場町であった「宮の渡し」に到着しました。
暗くなる前に記念撮影し、お待ちかねの屋形船に乗船。
名古屋港の夜景を見ながら快適なディナークルージングです。揚げたての天ぷらを頂きつつ、小椋教授お勧めの美味しいワインをみんなで楽しみました。4月に入局したレジデントの先生方も教授を囲んで和気あいあいと楽しんでいる様子でした。
この屋形船納涼会は名市大眼科の雰囲気がよく出ている会だと思います。
このHPを見て頂いている研修医の先生方も是非、当医局に見学に来てください。そして来年の屋形船納涼会を一緒に楽しみましょう。


担当:助教 臼井 英晶
カテゴリー: ブログ記事