名市大眼科 研究室だより

眼科サマーキャンプに参加して

この度私は2016年8月6日から7日にかけ、真夏の暑い最中に千葉県木更津市にある“かずさアカデミアパーク”にて開催された”第5回 眼科サマーキャンプ 2016″に指導ドクターとして参加させていただきましたのでご報告させていただきます。

このサマーキャンプはこれから将来進む科を決めることになる医学生、初期研修医を対象として、眼科学の魅力を感じでもらい、眼科医への道を選択するきっかけづくりとなることを期待し、2012年から始まり今年で5回目をむかえます。このサマーキャンプに参加した多くの医学生、初期研修医が眼科に進んでおり、大きな意義のあるイベントです。全国から集まった現役の眼科医から直接話を聞き、触れ合い、現場の医療に即した様々なレクチャーを受け、さらに日本の眼科界の各分野のトップの先生がたの講演を聞くことができることも大きな魅力の一つです。

私は学生時代、研修医時代を通しても、指導ドクターとしても今回が初めての参加でしたので不安と緊張感が大きかったのですが東京駅で医局の先輩である富安先生と合流し、会場までのバスの中でサマーキャンプの参加経験のある富安先生からどのような雰囲気なのかお話を聞きながら雑談を交えて会話をしながら会場までリラックスして向かうことができました。

私達は3D手術実見コーナーを担当させていただきました。このコーナーでは3Dメガネを参加者にかけていただき、実際の手術の3D動画を通して、眼科の顕微鏡手術を立体的に体感していただくことを目的としています。白内障手術(成熟白内障、一般的な白内障)、角膜移植(深層層状角膜移植、角膜内皮移植)、硝子体手術(黄斑円孔、増殖糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離)、緑内障手術(緑内障インプラント手術)の約30分間の画像をお見せして、それぞれの疾患について、手術適応、手術の流れ、各手技の目的や意味、注意する点などを交えながら説明させていただきました。グループによって反応は様々でしたが臨場感あふれる画像の数々に歓声が上がることもあり、教えているこちら側もとても新鮮な気持ちになりました。

夜の懇親会の後の”スペシャリストの魅力”というテーマでのグループセッションでは日本眼科学会理事長の山下先生や理化学研究所の高橋先生など普段は直接お話できないような諸先輩の先生方と同じテーブルで大変貴重なお話をお伺いすることができ指導ドクターとして参加した私もとてもいい経験をさせていただき、眼科学の魅力を改めて感じることもできました。

このイベントをきっかけに将来を担うより多くの若い先生が眼科医を志し、眼科医療をどんどん盛り上げてくれることを心から期待しています。最後にこのような機会を与えてくださった諸先生方、関係者の方々にはこの場をお借りして厚く御礼を申し上げます。

2720-1

担当:小南あおい(名古屋市立西部医療センター)
カテゴリー: ブログ記事