名市大眼科 研究室だより

近況報告

今年の4月より久々に名古屋へ戻って参りました。現在、眼科学教室の臨床研究医として外来診察、手術、当直などを行う傍ら、網膜血管生物学寄附講座の大学院生として、日夜研究にも励んでいます。

大学を卒業後、初期研修医として多くの科で学ばせて頂きました。どの科も魅力的で、進路は非常に迷いましたが、手術が好きなこと、学問としての眼科学への興味、そして見えない患者さんの診療を行うことにやり甲斐を感じ、現在に至っています。

眼科医となった最初の1年間は、大学でレジデントとして、とても多くのことを学びました。例年より入局者が少なかったため、毎日業務に忙殺されていましたが、その分たくさんのことを学ぶ機会を与えて頂きました。同期はもちろん、先輩方や後輩にも助けられ支えられて、眼科医としての基礎を学ばせて頂きました。

2736-1

その後は、家庭の都合により数年間大阪で眼科医として働かせて頂きました。関西に知己はほとんどおらず、当初はホーム(名古屋)シックになりました。しかし、とても気さくなスタッフの皆さんに助けて頂き、ときに厳しく、ときに優しく、検査や診察から手術まで、しっかりと鍛えて頂きました。また、これまであまり接する機会のなかった関西の眼科医の方々や、また他科の同期達とも交流が増え、今でも食事会やテニス、旅行など仲良くお付き合いをしています。

現在は臨床業務だけでなく、研究も並行して行っています。新しく知識を学び、新しい手技を覚え、新しい環境で働き、この数年間は目まぐるしく忙しい日々が続いています。しかし、常に新鮮な刺激があり、周りの出来るスタッフ方にやる気を貰い、とても充実した環境で仕事をしています。このような恵まれた環境で働けることに感謝しつつ、今後も精進していけたらと思っています。


担当:中山 奈緒美(臨床研究医・大学院生)
カテゴリー: ブログ記事