名市大眼科 研究室だより

臨床眼科学会に参加して

今回、11月3日から6日に京都(国立京都国際会館およびグランドプリンスホテル京都)で開催された、第70回 日本臨床眼科学会に参加させていただきました。学会の様子や、参加した感想などご報告させていただきます。

今回、私にとって、自分が眼科医として初めての学会参加でした。さらに名古屋市立大学病院が主管であることも重なり、自身の発表など無いにもかかわらず全日程参加させていただけることとなり、とても楽しみにしていました。

最も大きな眼科学会のうちのひとつであるだけあって、学会はすべてが想像以上でした。様々な講演やランチョンセミナー、インストラクションコースがあり、朝8時前から整理券を求めて長蛇の列ができているのを見て、自分も頑張らなければと身が引き締まりました。

なんとか整理券を確保し、様々な講演やセミナーを受け、大変勉強になりました。

また、最新の眼科手術機材の展示を見て触って体験したり、名市大の先生方の講演や発表、ポスターを見たり、眼科関連の様々な書籍販売を見にいったり、休憩室で京都のお団子やお抹茶を食べたり、夜は先生方に美味しい京都の街でごはんに連れて行っていただいたり、など、4日間充実した楽しい学会でした。

今後も、積極的に学会に参加していきたいと感じました。

2777-1

前日に京都入り。地下鉄をおりたら、いきなり臨眼のポスターがフロアに?
びっくり! 思わず記念撮影。

2777-2

吉田先生にすき焼きやさんに連れて行ってもらいました。

担当:川村 美穂子(シニアレジデント)
カテゴリー: ブログ記事