名市大眼科 研究室だより

眼科の春は忙しい!

あっという間に5月中旬になりました。
4月後半からは、日本眼科学会総会(4月18日-21日:東京)、歓迎会(4月25日@今池の居酒屋)、ARVO:眼科領域でもっとも大きな国際学会(4月28日―5月2日:バンクーバー)、眼科同門会(5月11日@名古屋駅のマリオットホテル)と行事が目白押しでした。
日本眼科学会総会では小椋教授の特別講演に多くの同門の先生が参加されていました。
アクリジンオレンジで白血球が染まって画像としてとらえられる!眼科医になった時からその事実に接してきていましたが、それがいかに偉大なことかを理解したのはずっと後でした。
経緯も、内容も知っているのですが、何度聞いても新鮮です。他にも教室からシンポジウムをはじめとして、多くの演題を発表しました。
続いて、歓迎会。今年は5人の新入局員があらたに加わり忙しいながらも和気藹々と研修生活をスタートしました。
週末を挟むまもなくARVOに参加。今年の驚異のGWと重なり、みんな行く前から飛行機がとれなかったり、空港が劇混みだったり一苦労。
でも会場に着くとそんな疲れもふっとびます。今年も、例年のように昨年のレジデント4人の先生が参加しました。
加えて大学院生の桑山先生も参加し、兄弟そろっての参加となりました。
しばし日常業務をわすれて、帰国したら日本は「令和元年」に、、、
さらに同門会では、ひさびさに同期や以前の職場の上司と再会でき楽しいひとときを過ごしました。
なんだかんだと上級医がばたばたしているあいだに、新シニアレジデントは急成長!
ひととのつながりはいいものです。この勢いで今年も頑張ります。





担当:加藤亜紀(医局長)
カテゴリー: ブログ記事