名市大眼科 研究室だより

第73回日本臨床眼科学会印象記

この度、2019年10月24日から10月27日にて京都、国立京都国際会館にて第73回日本臨床眼科学会が開催され、参加させていただきましたのでご報告いたします。
当教室は、加藤亜紀講師から「滲出型加齢黄斑変性のラニビズマブTreat and Extend療法の効果と精神面への影響」、高瀬範明助教から「緑内障眼に認められた眼瞼下垂に対するミュラー筋タッキング術」、鈴木克也助教から「局所光凝固を行った黄斑部毛細血管拡張症-光干渉断層血管撮影による層別解析-」、以上の三つの演題をプレゼンテーションさせていただきました。

思い返すと、2016年11月、同じく京都にて、小椋教授が学会長をされた第70回日本臨床眼科学会に参加させていただき、留学先(当時は留学直前ですが)のAmbati教授の特別講演を拝聴し、そのまま日本を離れました。その後帰国して初めてで、3年ぶりの日本臨床眼科学会への参加となりました。最新の知見をアップデートし、今後の臨床にフィードバックすることができればと存じます。

担当:平原 修一郎(助教)
カテゴリー: ブログ記事