名市大眼科 研究室だより

スリーサムイン京都

宿屋の名前みたいですが、学会です。日本眼炎症学会、日本眼感染症学会、日本コンタクトレンズ学会の3つの学会を今年は京都で同時開催したためこのような名前が付いています。7月9日から3日間、この学会に参加してきました。この時期の京都はかなり暑いですが、あと3-4日もすれば京都は祇園祭の宵々山、宵山、そして17日の山鉾巡行へと続くお祭りシーズンでもあります。まだ行ったことが無い方は是非見に行かれてはいかがでしょう。とくにおすすめは夜の路地に山鉾が並び、風情を感じさせてくれる宵山ですね。人が多すぎない宵々山ぐらいがいいかもしれません。浴衣でも着てお出かけください。

おっと、観光案内はこれぐらいで。私たちの医局からは参加者の少ないこれらの学会ですが、今回は野崎先生と2名で参加しました。実はなかなか熱気にあふれた面白い学会なんです。そして、夜は友だちと素敵なお店で美味しい京料理を堪能しました。昼は学会で勉強し、夜は美味しい食事とお酒を楽しみつつ交友を温め、大変充実した日を過ごすことができました。秋の学会も準備は大変だけど楽しみです。

7月に病棟の看護師さんたちと屋形船に。
初期研修医の先生たちも浴衣で多数参加してくれました。

担当:准教授 吉田 宗徳
カテゴリー: ブログ記事