名市大眼科 研究室だより

ボジョレーヌーボー!

11月17日木曜日はボジョレーヌーボーの解禁日。名市大眼科では毎年恒例の樽飲み会が開かれました。参加者は、医局員以外に、来年入局予定の研修医の先生たちから、病棟の看護師さん、外来の視能訓練士さんなどなど総勢32名と大人数で、15リットルの樽を空けました。また、先週名市大眼科セミナーでご講演された北海道大学 陳進輝先生からも、おいしいデザートワインの差し入れをいただきました。陳先生、ありがとうございました。この場をお借りして、医局員一同お礼申し上げます。

今月は、来年春に東京で開かれる日本眼科学会総会や、アメリカ・フロリダで開かれるARVO学会の演題の準備に、研修医の先生、レジデントの先生たちが、忙しい臨床の合間をぬって、追われています。12月初めには、東京でTEAM2011(網膜硝子体学会、眼循環学会、糖尿病眼学会の合同学会)が開かれ、そこで学会デビューするレジデントの高瀬範明先生も、夜遅くまでビデオの編集やスライド作成で忙しく、ボジョレーの会は皆にとっていい息抜きになったのではないでしょうか?

『よく学び、よく遊べ』をモットーに、また明日からの診療に名市大眼科みんなで力を合わせて頑張ろう!でお開きになったボジョレーの夜でした。

担当:医局長 野崎 実穂
カテゴリー: ブログ記事