ブログ記事」カテゴリーアーカイブ

ARVO2018に参加して

このたび、2018年4月28日から5月3日にかけて行われたARVO (Association for Research in Vision & Ophthalmology) に参加する機会をいただきました。2013年からフロリダ州フォートローダーデールを離れ開催地が持ち回りとなり、今回はアメリカ本土ではなくハワイ州ホノルルでの開催でした。大型連休中のハワイとあって日本からの観光客も多い時期ではありましたが、現地の方からも「学会にご参加ですか、街中参加者の皆さんでいっぱいですよ」と声をかけられるほどで、改めてARVOの規模の大きさを実感しました。

当教室からはポスター3名の演題発表がありました。私の演題は「Predictability of Progression of Diabetic Retinopathy by the Assessment of Foveal Avascular Zone with Optical Coherence Tomography Angiography」というもので、OCT angiography(OCTA)を用いた糖尿病網膜症に関する臨床研究の結果を発表させていただきました。OCTAは造影剤を用いることなく網脈絡膜血管を描出することが可能であり、様々なデバイスの進歩が著しい眼科においても、大きなトピックの一つであることは間違いないと思われます。今回の研究は、従来フルオレセイン蛍光眼底造影で評価されていた中心窩無血管域(Foveal Avascular Zone : FAZ)を、OCTAを用いて解析し糖尿病患者におけるFAZの経時的変化を検討したものです。糖尿病網膜症を有する者は経時的にFAZが拡大し、網膜症の進行があったものはFAZの拡大率が大きいという報告です。私の発表だけでなく、OCTAに関する発表はポスター、オーラルプレゼンテーションともに多数ありました。参加者の方々からも多数ご質問やご意見をいただき有意義なディスカッションが行えたと思う反面、世界中で同様な研究が盛んに行われていることを再確認し、今後の研究にもより力を入れなくては、と痛感しました。

また恒例の医局夕食会では有名なイタリアンレストランでご馳走になり、こちらも忘れられない思い出になるほどの美味しさでした。当教室から海外留学中の先生方とも合流し、様々な話題をゆっくりと語らうことができました。

会期を通じておおむね天気にも恵まれたため、会場まではハワイの青い空と海を見ながら毎日散歩しよいリフレッシュになりました。そして学会会場では世界中の最新の研究に触れ、心身ともに非常に充実した素晴らしい時間を過ごすことができました。このような機会を提供して頂いた教室、またご指導いただきました先生方に感謝するとともに、今後の研究・診療にますます精進していきたいと思います。

カテゴリー: ブログ記事

日本眼科学会総会&ARVO

4月19日~22日 大阪国際会議場で日本の眼科の学会で一番大きく歴史がある第122回日本眼科学会総会(日眼)が4月29日~5月3日 今年はなんとホノルルで世界中の眼科の研究者がつどうARVOのannual meetingが開催されました。

日眼では網膜血管新生学の植村教授の指名講演がありました。植村先生らしい聴く人を魅了する講演でした。

ARVOでは教室から3演題ポスター発表をしました。留学中の2人の先生とも会うことができました。恒例の前年度シニアレジデントの発表もありました。

両学会は刺激も多く、目標を高く持ち頑張りたいという気持ちになれます。

詳細は順次報告いたします。ご期待ください。
今月は留学中の小椋俊太郎先生からの報告です。研究室便りをご覧ください。

カテゴリー: ブログ記事

送別会&歓迎会

平成29年度もあっという間に終わり、平成30年度がはじまりもう半月以上立ちました。

昨年のレジデントの2人の先生がそれぞれの病院に赴任し、また新たな仲間が4人加わりました。スタッフでは、大学院生から長く大学の研究、臨床に貢献した臼井先生が東部医療センターに、千葉大学からの救世主加藤房枝先生が知多厚生病院に赴任されました。グルメとマネーについては医局内で臼井先生の右に出るものはおらず、みんな便りにしていました。加藤房枝先生は私が育休&留学から帰国直後に大学病院の眼科で研修をされていました。縁あって2年前から名市大にカムバック、研修医時代とかわらぬフレッシュさが魅力でした。会場では生バンドの演奏があり、小椋先生も参加、その後ちょっとしたサプライズもありさらに同じ場所で2次会に突入。いつになく盛り上がった送別会でした。

昨年度の送別会は3月29日、今年度の歓迎会は4月12日とわずか2週間のあいだに、送別会と歓迎会があるというのはあまりなく、歓迎会は「なんだかちょっと前にも似たようなメンバーで似たような話をしたような、、、」とスタートはやや複雑な気持ち。新シニアレジデントは大学5年生の時から眼科医をめざしていた、母校の卒業生、さらに大学にもどった鈴木先生、桑山先生も大学院生として昨年もよく医局に来ていたため、あまり「4月からよろしくね」感がなく、よけいにいつもと違った歓迎会を思わせたのかもしれません。とはいえ新しいメンバーが増えるのはやはりうれしいものです。新人看護師さんや視能訓練士さんも参加し、ピュアなやる気モード全開。歓迎会は歓迎会。楽しい!

Team Oguraは今年も頑張ります!

送別会

歓迎会

カテゴリー: ブログ記事

医局旅行2018

病院助教の高瀬です。今年も毎年恒例のやごべいin日間賀島に参加しました。今年は参加人数が例年よりも少なめの14人でしたが盛り上がりは例年にも負けないくらいのものでした。大学からバスでの移動、金曜日の病棟業務を急いで終えてさあバスに乗り込むぞという時、コートを忘れて病棟に走り、このあたりは私らしいところでついついすいません。道中シニアレジデントの藤井先生、前沢先生、病棟薬剤師の大橋先生が後ろのほうでこそこそと“出し物”の最終チェック。私はすっかりバスに酔ってしまいうなだれておりました。師崎港に着くと昨年のことが頭によぎりました。昨年私はこのフェリー乗り場で教授から「来年は病院助教で大学」とお告げがあり、自分の中では一番のサプライズ人事で旅行どころではありませんでした笑。スバルと書かれた派手なフェリー、今年は紫ではなく赤いフェリーで宿への移動もスバルと書かれたトヨタ車で移動。

宿に着くなり急いで浴衣に着替え4階の浴場へと上がると既に教授、安川先生がおられて私もかなり急いだのですがチェックインしてからの教授の高速お風呂にはかないませんでした。杉谷先生の露天風呂への移動方法は独特でもう一度拝見したいものです。

宴会が始まるとおいしいふぐとたこ。これを食べるとあれから一年経ったのかという感慨深い気持ちになります。あれ、伊勢えびは?今年は伊勢えび欠席でした。ふだんお酒を一切飲まない私は獺祭の美味しさに気を良くし、大変酔ってしまいました。猛省。今年はピラミッドにも教授が参加され一致団結恒例行事。来年はもう一段増やしましょう!

ダンスホールでのシニレジの出し物。ブルゾンちえみwith B。大橋先生、教授のエピレチはほんとは18分ぐらいですよ。

来年は多くの人が参加できるようにやごべいさんの団体割引に期待しております。

カテゴリー: ブログ記事

忘年会

2018年 皆さんあけましておめでとうございます。

さる12月22日名古屋駅のゲートタワーホテル内のレストランThe Gate Houseで名市大眼科忘年会が行われました。

毎年のようにまずは教授の挨拶。
思えば昨年もいろいろなことがありました。

手術室の拡大
手術室が3部屋増えました。工事中はトイレに行くのにいったん手術室を出てないといけないため、IDカードがいちいち必要でした。また完成してからも、しばらくは新しい部屋の配置になれず、もともと女子更衣室であったところが男子トイレになったため、ほかごと考えながら入ってきてドアノブに手をかけそうになりひやっとしたことも、、、、
新しくできた部屋にはハイテクな機械が導入されたようです。眼科には直接の大きな変化はありませんでしたが、オペ室はますます活気が出てきた印象でした。

教授の病院長就任
昨年の一番のイベントといえばやはりこれ。いまさらですが、昨年はどんな年だったかなと思い返すと考えないわけにはいきません。教授がいるのにいない、病院にいるのに手術室にいない、外来のある月曜日にも遠慮なく、院長業務がはいってくる。。。4年前の副病院長に就任したときの「遠くに行っちゃった感」をはるかにしのぐ「眼科部長」でなくなってしまった感がしばらくは抜けませんでした。

続いて今年はちょっと順番を変えて、安川先生の乾杯の挨拶
いつもの締めの言葉、「みんなで力を併せてチーム医療で眼科を盛り立てましょう」最初に聞くのもなかなか新鮮です。そう4月に誓った‘Team Ogura’ は眼科を、病院長を支えています。
乾杯の後はおいしい食事とお酒を味わいながら、それぞれのテーブルで1年を振りかえり話が盛り上がりました。忘年会は関連病院の先生や非常勤講師の先生とお話できる機会でもあり、久々に会う上司、先輩後輩との会話を楽しむ姿もあちこちで見られました。ある一定の期間一緒に働いたという事実だけでなく、その後ずっと続いていく人のつながりは素敵です。

途中余興もあり、あっという間の2時間で「ついさっき乾杯したばかりなのに」とおもうほど、吉田先生の締めの言葉がすぐにやってきました。
一歩一歩積み重ねて、明日に向かって行きたいと思います。
2018年も頑張ります。

カテゴリー: ブログ記事

ボジョレーの会

皆様は11月の第3木曜日が何の日かご存知でしょうか。この日が何の日かすぐに分かった方は是非ご参加を!眼科医局で毎年の恒例行事となっているボジョレー会が、今年も11月28日に開催されました。

15リットルもある迫力のボジョレーヌボー樽を持ち込んでの会ですが、今まで空けた樽が会場のレストランにいくつも並んでいるのもまた壮観です。大学の医師をはじめ、看護師、薬剤師、視能訓練士、医局秘書さんなどいつもお世話になっているスタッフだけでなく、関連病院の先生方も参加し医局全体の連帯感も感じることができました。また研修医の先生にもご参加いただき、われわれ名市大眼科のアットホームな雰囲気を一緒に楽しんでいただけたかと思っております。

今年のワインをみんなで楽しみながら、この1年の様々なエピソードや今までのボジョレー会の思い出などをゆっくり語り合い、とても会話が弾みました。

毎年のことながら楽しく素敵な会となり、参加していただいた皆様の日々の疲れも癒されたのではないでしょうか。今年も残すところわずかとなりましたが、チーム名市大で一丸となって頑張っていきましょう。

カテゴリー: ブログ記事

糖尿病眼学会に参加して

平成29年10月27日‐29日に京王プラザホテルで行われた第23回日本糖尿病眼学会総会に参加させていただきました。この学会は、第32回日本糖尿病合併症学会と合同での開催でした。

この学会は、私の学会発表デビューでした。視能訓練士になって17年、遅咲きです…。倫理審査書類、抄録、スライド作り、学会発表、何もかもが初めての経験でした。

発表にあたり大変お忙しい中ご指導くださった小椋教授、吉田病院教授、野崎先生、またスライド作りを教えて下さった大学院の先生方には、心から感謝いたします。

また、この学会では私だけでなく看護師の小野寺主任も発表されました。行き詰った時にお互い励ましあいながら…、彼女の存在がとても心強く大袈裟かもしれませんが最後まで頑張れたと思っています。

発表の夜には、教授をはじめ先生方に発表のご褒美に連れて行ってもらいました。

今回のこの学会発表の最大の目標である第1回メディカルスタッフ賞獲得は、残念ながら逃してしまいましたが、今回の発表を通じて研究者としての先生方の姿、学会発表を通じての他職種との連携!?など、本当に良い経験が出来ました。

来年こそは、賞をとるぞ!!と引き続き頑張りながら、後輩たちにも繋げていきたいと思います。

カテゴリー: ブログ記事

緑内障学会に参加して

9月29日から10月1日にリーガロイヤルホテル広島にて開催された、第28回 日本緑内障学会に参加させて頂きましたので報告します。

今回、緑内障学会では初のロービジョンのシンポジウムが企画されました。そこで吉田宗徳病院教授がシンポジウムの演者として、当院のロービジョン外来についてご講演されました。

先生がロービジョンケアに関わることになったきっかけから、連携、現在の外来の現状について等、実際に先生が体験されたことのお話をされました。講演を聞き、改めてロービジョンケアへの想いや大切さを感じ、より一層頑張ろうという意欲が湧きました。また、聞きに来られていた方達は興味深そうに傾聴しメモされており、ロービジョンケアが注目を集めているのを肌で感じました。

その日の午後は、体験型のロービジョン講習会も行われました。1年半前、厚生労働省主催の視覚障害者用補装具適合判定医師研修会と同時に行われる視能訓練士のロービジョン研修に参加したことがきっかけで、今回お声をかけて頂き、私も講師のひとりとして参加することになりました。講習会ではロービジョンの疑似体験をしながら、どうしたら見やすくなるかを体験するという内容でした。体験してみて初めて気づくこと、実感することも多かった様で、早速帰ったら実践してみるといった声を多く聞きました。講師という立場に立たせて頂き、とても貴重な経験になりました。

夜は広島出身である檜垣先生が街を案内してくださり、美味しいお好み焼きとお酒を堪能させて頂きました!

緑内障学会でしたが、全国で活躍されるロービジョンケアに関わる先生方とお話しができ、もちろん緑内障についても勉強できとても充実した時間でした。
この経験を生かし励んでいこうと思います。

カテゴリー: ブログ記事

歓送迎会

気がつけば10月、今年も半分終わってしまいました。
年度途中にスタッフが動くことは少ない大学ですが、今年は珍しく異動がありました。
9月25日の月曜日に9月から大学に戻ってきた鈴木先生、10月から木沢記念病院に赴任する長谷川先生のプチ歓送迎会を大学近くのじょじょ吉という小さな串カツ屋さんで行いました。

「教授と言えば、ワイン、ワインと言えば教授」の教授が、ちょっと調子が悪くお酒抜き、主役の長谷川先生が緊急手術で遅刻と波乱の幕開けでしたが、地味な外観とはにつかない串カツをはじめとしたおいしいお料理を楽しみました。

長谷川先生は私が「留学に同行」と言う名目の育休終了後、大学に復帰した最初の年に入局した学年の先生で、2年で大学に戻り、その後ずっと大学で活躍されました。鈴木克也先生は私が医局長1年目の時のレジデントの先生で3年半ぶりに大学に戻りました。時の流れを感じずにはいられません。

長谷川先生はこのお店のように決して派手なアピールがあるわけではありませんが、誠実で、確実で、同僚医師、看護師から(もちろん患者さんからも)絶対的な信頼を得ていました。長谷川先生がいなくなってしまうのは大変寂しいですが、木沢記念病院で今まで以上に活躍されることを願っています。
鈴木先生も周囲への気配り、仕事のスピードと正確さは抜群でした。そこに多くの臨床経験が加わって、ますます頑張ってくれるものと思います。

いよいよ新専門医制度開始か?と世間は大揺れのようですが、そんなのどこ吹く風、名市大眼科は名市大眼科らしく、かわることなくこれからも進み続けます。

カテゴリー: ブログ記事

BKB

毎年恒例のBKBが8月10日に開催されました。
私は現在、関連病院である高山日赤病院眼科に勤務していますが、今回BKBに参加させていただいたのでレポートさせていただきます。

初めて聞く方もいらっしゃるかもしませんが、「BKB」とは・・・
ビール、カラオケ、ボーリングの頭文字を並べて、「BKB」です。
年に一度、大学の医師、看護師などのコメディカルスタッフ、関連病院の医師などが集まり、ビアガーデンでビールを飲み、カラオケに行き、ボーリングでしめる。そんなエンターテイメント性にあふれた会です。

今年も例によって、「浩養園」でのビール会からスタートです。みんな日ごろの仕事の労をねぎらいながら、焼肉とお酒を楽しみました。続いてカラオケ、こちらも大いに盛り上がりましたが、このあたりから、時間的あるいは体力的限界からドロップアウトして帰られる方もチラホラ・・・そして最後のボーリングは深夜まで残った強者のみで行われます。
このような会でも、自分のペースで楽しめる雰囲気であるところが、名市大眼科のいいところだと思います。

今回私はかなり遠方からの参加となりましたが(笑)、久しぶりに医局の諸先生方とお話しすることができ、またリフレッシュするいい機会となりました。
名市大眼科の夏の恒例イベントとして、今後も続いて欲しいと感じます。

カテゴリー: ブログ記事