ブログ記事」カテゴリーアーカイブ

第70回日本臨床眼科学会

2016年11月3日から6日までの4日間、国立京都国際会館にて第70回日本臨床眼科学会(臨眼)が開催されました。臨眼は日本の眼科の学会では演題数、参加人数とも最大規模の学会であり、他の学会にはいかなくても臨眼には行く、という方々も多く存在します。今回は学会長が小椋祐一郎教授、事務局長が私、ということで、私たち名古屋市立大学が運営を任されました。このような大規模な学会を運営することは大変名誉なことでもありますが、いっぽう責任も重く、準備・運営にもいろいろ苦労はありました。お話ししたいことはたくさんありますが、掲載スペースの都合もありますので、ここでは手短に本学会のエッセンスのみをご紹介したいと思います。

今回の学会を一言でいえば、「こだわりの学会」だったといえるのではないか。「こだわる」ということは妥協を排し、より良いものを作り上げるために多くの手間暇をかけること、ではないかと思っている。たとえば、本学会の目玉として、小椋会長の発案によって学会初日に開催された“World Retina Summit 2016 ”という国際シンポジウム(シンポジウム=一つの問題について何人かが異なる面から意見を述べ合い、質疑応答をくりかえす形の討論会)はいい例であろう。網膜の分野における一流の研究者を国内から10名、海外から10名の計20名招聘し、ホットなテーマについて討論をしてもらったこの企画は練りに練ったものであり、本学会参加者にとって本当にエキサイティングなものであっただろう。“Late Breaking Session”も見逃してはならない。これも今学会が初めての試みであり、通常の演題締め切りを1か月半延長し、より新しい研究を発表してもらうための企画である。海外からの3演題を含む20の演題が採用されたこの企画では、まさに今とれたての世界最新の研究に触れ、眼科学の進歩を実感できたはずである。まさに、小椋会長のこだわりの両企画であった。

このように斬新な企画もあり、恒例の特別講演2題、海外からの招待講演2題をはじめとしてシンポジウム20, インストラクションコース59、一般講演777は質・量ともに過去最高といえるもので、こちらは日本眼科学会プログラム委員会、特に本年度委員長の門之園一明先生(横浜市立大学)のこだわりの詰まったものであった。この膨大なプログラムを査読し、厳選していただいたプログラム委員の先生方の労力はいかばかりかと感謝のみである。それをいかに魅力的に、演者の重複もなく、参加者に快適なように組み上げるかというのは、私に与えられた仕事であったが、まさに難解なパズルを解くような、困難な作業であった。

小椋会長こだわりのプログラムを何とかいい形に収めたいと思い、締切期限の迫る中、連休を返上して作業に当たり、私なりにこだわったプログラム編成を組み上げた時は安堵の思いであった。

小椋会長のこだわりは参加者へのおもてなしにも表れている。京都の秋を感じてもらえるようにと小椋会長自ら厳選した京都伝統スイーツ(今宮神社のあぶり餅、上賀茂神社の焼き餅、下賀茂神社のみたらし団子)を連日提供した。特にあぶり餅はお店の方が学会場まで出張してその場で炭火の焼きたてを提供してもらうというこだわりようで、もちろん大好評であった。会場での移動・休憩時間に会場内に音楽を流したのも本学会が初の試みであった。講演が始まるのを待つ間、音楽で心和ませるのも参加者にはいい気分転換になったのではないか。流れていたのは小椋会長お気に入りのボブ・ディランとビートルズであったのにはお気づきになられただろうか。土曜日の夕方には全体懇親会を兼ねた「チーズとワインの夕べ」で小椋会長自らワイン片手に参加者と歓談する姿がみられた。さらに会長招宴(学会長が学会への貢献者を招待する食事会)では、小椋会長の斬新かつ茶目っ気たっぷりのこだわりのおもてなしの数々に、会場はあっけにとられたことだろう。会長招宴では教室の野崎講師もこだわりの和服姿を披露し、参加者の注目を集めた。会長招宴での私のこだわりは教室員全員を招待してもらい、小椋教授の晴れの場を教室員全員で祝福することであった。会場の収容人数の都合で危ぶまれたが、会長の配慮によりその願いが叶えられ、皆の笑顔を見られた時はうれしかった。

また、学会場で参加者に配布されたコングレスバッグ(学会資料を入れるための手提げ袋。学会ごとに材質やデザインが異なり、楽しみにしている参加者も多い)は教室の秘書をはじめとする女子たちがこだわり抜いてデザインを決めたものである。大好評で学会期間中は京都中でこのバッグを持つ人が多数見かけられたと聞いている。

さて、このようにこだわりを持って行われた今回の学会であるが、ありがたいことに学会初日から盛況で、最終日の最後のセッションまで多くの参加者に詰めかけていただき、8,509名という、臨眼歴代最高の参加登録数を記録することができた。記録もうれしいが、記録よりも参加者の記憶に残る学会となってもらえれば、無上の喜びである。

手前味噌なことばかり書いてしましましたが、この学会にかけた私たちの熱い思いを感じ取っていただければ、と思います。よい学会にできるよう、教室員全員、精一杯頑張りました。もっとも実際には至らないところも多々あった学会運営だったと思います。ご迷惑・ご不便をおかけした方々にはこの場をお借りしてお詫び申し上げます。また、関係者の皆様方の多大なるご指導・ご協力を得まして、大きな事故もなく無事に学会を終えることができましたことをここに厚く御礼申し上げます。

会う人会う人から「大変ですね」「頑張ってください」「おつかれさま」とねぎらいのお言葉をいただき、とてもうれしかったです。ありがとうございました。

2711-1

2711-2

カテゴリー: ブログ記事

臨床眼科学会に参加して

今回、11月3日から6日に京都(国立京都国際会館およびグランドプリンスホテル京都)で開催された、第70回 日本臨床眼科学会に参加させていただきました。学会の様子や、参加した感想などご報告させていただきます。

今回、私にとって、自分が眼科医として初めての学会参加でした。さらに名古屋市立大学病院が主管であることも重なり、自身の発表など無いにもかかわらず全日程参加させていただけることとなり、とても楽しみにしていました。

最も大きな眼科学会のうちのひとつであるだけあって、学会はすべてが想像以上でした。様々な講演やランチョンセミナー、インストラクションコースがあり、朝8時前から整理券を求めて長蛇の列ができているのを見て、自分も頑張らなければと身が引き締まりました。

なんとか整理券を確保し、様々な講演やセミナーを受け、大変勉強になりました。

また、最新の眼科手術機材の展示を見て触って体験したり、名市大の先生方の講演や発表、ポスターを見たり、眼科関連の様々な書籍販売を見にいったり、休憩室で京都のお団子やお抹茶を食べたり、夜は先生方に美味しい京都の街でごはんに連れて行っていただいたり、など、4日間充実した楽しい学会でした。

今後も、積極的に学会に参加していきたいと感じました。

2777-1

前日に京都入り。地下鉄をおりたら、いきなり臨眼のポスターがフロアに?
びっくり! 思わず記念撮影。

2777-2

吉田先生にすき焼きやさんに連れて行ってもらいました。

カテゴリー: ブログ記事

学会頑張ります

いよいよ明日11月3日から第70回日本臨床眼科学会が始まります。

成功目指して頑張ります!

blog2758

カテゴリー: ブログ記事

近況報告

今年の4月より久々に名古屋へ戻って参りました。現在、眼科学教室の臨床研究医として外来診察、手術、当直などを行う傍ら、網膜血管生物学寄附講座の大学院生として、日夜研究にも励んでいます。

大学を卒業後、初期研修医として多くの科で学ばせて頂きました。どの科も魅力的で、進路は非常に迷いましたが、手術が好きなこと、学問としての眼科学への興味、そして見えない患者さんの診療を行うことにやり甲斐を感じ、現在に至っています。

眼科医となった最初の1年間は、大学でレジデントとして、とても多くのことを学びました。例年より入局者が少なかったため、毎日業務に忙殺されていましたが、その分たくさんのことを学ぶ機会を与えて頂きました。同期はもちろん、先輩方や後輩にも助けられ支えられて、眼科医としての基礎を学ばせて頂きました。

2736-1

その後は、家庭の都合により数年間大阪で眼科医として働かせて頂きました。関西に知己はほとんどおらず、当初はホーム(名古屋)シックになりました。しかし、とても気さくなスタッフの皆さんに助けて頂き、ときに厳しく、ときに優しく、検査や診察から手術まで、しっかりと鍛えて頂きました。また、これまであまり接する機会のなかった関西の眼科医の方々や、また他科の同期達とも交流が増え、今でも食事会やテニス、旅行など仲良くお付き合いをしています。

現在は臨床業務だけでなく、研究も並行して行っています。新しく知識を学び、新しい手技を覚え、新しい環境で働き、この数年間は目まぐるしく忙しい日々が続いています。しかし、常に新鮮な刺激があり、周りの出来るスタッフ方にやる気を貰い、とても充実した環境で仕事をしています。このような恵まれた環境で働けることに感謝しつつ、今後も精進していけたらと思っています。


カテゴリー: ブログ記事

眼科サマーキャンプに参加して

この度私は2016年8月6日から7日にかけ、真夏の暑い最中に千葉県木更津市にある“かずさアカデミアパーク”にて開催された”第5回 眼科サマーキャンプ 2016″に指導ドクターとして参加させていただきましたのでご報告させていただきます。

このサマーキャンプはこれから将来進む科を決めることになる医学生、初期研修医を対象として、眼科学の魅力を感じでもらい、眼科医への道を選択するきっかけづくりとなることを期待し、2012年から始まり今年で5回目をむかえます。このサマーキャンプに参加した多くの医学生、初期研修医が眼科に進んでおり、大きな意義のあるイベントです。全国から集まった現役の眼科医から直接話を聞き、触れ合い、現場の医療に即した様々なレクチャーを受け、さらに日本の眼科界の各分野のトップの先生がたの講演を聞くことができることも大きな魅力の一つです。

私は学生時代、研修医時代を通しても、指導ドクターとしても今回が初めての参加でしたので不安と緊張感が大きかったのですが東京駅で医局の先輩である富安先生と合流し、会場までのバスの中でサマーキャンプの参加経験のある富安先生からどのような雰囲気なのかお話を聞きながら雑談を交えて会話をしながら会場までリラックスして向かうことができました。

私達は3D手術実見コーナーを担当させていただきました。このコーナーでは3Dメガネを参加者にかけていただき、実際の手術の3D動画を通して、眼科の顕微鏡手術を立体的に体感していただくことを目的としています。白内障手術(成熟白内障、一般的な白内障)、角膜移植(深層層状角膜移植、角膜内皮移植)、硝子体手術(黄斑円孔、増殖糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離)、緑内障手術(緑内障インプラント手術)の約30分間の画像をお見せして、それぞれの疾患について、手術適応、手術の流れ、各手技の目的や意味、注意する点などを交えながら説明させていただきました。グループによって反応は様々でしたが臨場感あふれる画像の数々に歓声が上がることもあり、教えているこちら側もとても新鮮な気持ちになりました。

夜の懇親会の後の”スペシャリストの魅力”というテーマでのグループセッションでは日本眼科学会理事長の山下先生や理化学研究所の高橋先生など普段は直接お話できないような諸先輩の先生方と同じテーブルで大変貴重なお話をお伺いすることができ指導ドクターとして参加した私もとてもいい経験をさせていただき、眼科学の魅力を改めて感じることもできました。

このイベントをきっかけに将来を担うより多くの若い先生が眼科医を志し、眼科医療をどんどん盛り上げてくれることを心から期待しています。最後にこのような機会を与えてくださった諸先生方、関係者の方々にはこの場をお借りして厚く御礼を申し上げます。

2720-1

カテゴリー: ブログ記事

入局説明会

暑さ真っ盛り。

今年も7月28日に名市大眼科入局説明会を開きました。昨年までと違い、焼き肉屋さん「それいけ精香園」で行いました。昨年までの立食パーティーと違い半着席、半立食で、人と人との間が狭かったことが幸いして、とても盛り上がりました。

専門医制度施行の1年延期が決定、各学会の対応もばらばらと研修2年目の先生には不安の多い後期研修スタートかもしれませんが、名市大眼科の研修プログラムは以前とほとんどかわりません。見学は随時受け付けています。病院HPからでも、直接医局にでも気軽に問い合わせてください。

めざせ超一流眼科医!

カテゴリー: ブログ記事

屋形船

7月19日に、毎年恒例の医局行事となっている屋形船納涼会が開催されました。
今年も、小椋教授を初めとする医局員以外に、いつもお世話になっている看護師さん、視機能訓練師さんも来てくださり多数の参加者となりました。
多くの参加者が涼しげな浴衣姿となって18時半に名市大研究棟前に集合。貸し切りバスで東海道五十三次41番目の宿場町であった「宮の渡し」に到着しました。
暗くなる前に記念撮影し、お待ちかねの屋形船に乗船。
名古屋港の夜景を見ながら快適なディナークルージングです。揚げたての天ぷらを頂きつつ、小椋教授お勧めの美味しいワインをみんなで楽しみました。4月に入局したレジデントの先生方も教授を囲んで和気あいあいと楽しんでいる様子でした。
この屋形船納涼会は名市大眼科の雰囲気がよく出ている会だと思います。
このHPを見て頂いている研修医の先生方も是非、当医局に見学に来てください。そして来年の屋形船納涼会を一緒に楽しみましょう。


カテゴリー: ブログ記事

東海眼科学会に参加して

この度、6月5日に三重大学で開催された第433回東海眼科学会に参加させていただきました。

2674-01

今回私は「両眼に網膜色素上皮裂孔をきたした高血圧性網脈絡膜症の1例」という内容で発表致しました。今回の発表のお話をいただいたのは学会の2週間ほど前で、その場で演題の申し込みをして、翌日からすぐに発表スライドの作成に取りかかるというハードスケジュールでした。今まで私は学会発表をしたことが無く、準備期間も短かったため、当日までに発表内容を完成させることができるのか不安な毎日でした。そんな中、指導医の先生方には発表スライドを何度もチェックしていただき、症例の病態についてとても丁寧にご指導いただきました。シニアレジデントとして日々の業務に追われ、勉強できていないことも多かったので、この学会発表が眼科疾患や画像の読み方などを勉強する良い機会となりました。

発表当日はやはり緊張していましたが、地方会ならではのアットホームな雰囲気と、指導医の先生がいらっしゃる安心感もあり、なんとか発表を終えることができました。発表後の質疑応答では、会場の先生方から予演会で挙がらなかったような新たな着眼点の質問もいただきました。発表を終え、改善点も多々ありましたので、今後このような機会をいただいた際にはこの経験を生かしていきたいと思います。

最後に、このような機会を与えてくださった小椋教授をはじめ、直接ご指導いただきました太田先生、加藤先生、また医局の諸先生方に、この場をお借りして心より御礼を申し上げます。

カテゴリー: ブログ記事

同窓会総会

5月28日土曜日に名古屋市立大学眼科学教室の同窓会総会が開催されました。

特別講演は、名古屋市立大学理事長の郡健二郎先生でした。郡先生は私が学生の頃はまだ泌尿器科の教授をして着任されてまもない「若くて勢いのある教授」でした。その後泌尿器科はもちろん、医学部・大学病院の発展のために尽力され、今また理事長として‘名市大’全体を飛躍させようと努力を惜しまれないそのお姿に感銘をうけました。

学会の後に催された懇親会では諸先輩方が久々に顔を合わせたにもかかわらず、まるで昨日のことのように大学で一緒にいた頃のことなどを楽しそうにお話しされているのが印象的でした。今まさに専門医にむけて研修中の先生達が、うれしそうに近況を報告しあっていました。私の同年代の多くは、開業して今まさに躍進中でみんな輝いていました。自慢話に花を咲かせることなく困った症例、判断に悩む症例などの議論をしていました。

来年から専門医制度が大きくかわります。幸い眼科は研修プログラムの内容に大きな変化はありません。が、名前が変わろうとも、制度が変わろうとも、眼科学教室はかわることなくこれからも発展していける。そんな気持ちになりました。

今年の11月に眼科学教室は臨床眼科学会を主催します。懇親会の挨拶で丹羽巽先生から以前名市大が臨床眼科学会を主催したときには、教室員が10名ほどしかおらず、名古屋大学に助けてもらった、今年は教室員がたくさんいるから頑張ってくださいとお言葉を頂きました。

来年の同窓会総会でよい報告ができるよう、頑張ります。

2629-1 2629-2 2629-3


2629-4 2629-5 2629-6



2629-7

カテゴリー: ブログ記事

2016年 歓迎会

いよいよ春本番4月となりました。
名古屋市立大学眼科のチームメンバーとして、新しくスタートをする医師、看護師の方々の歓迎会が高岳のアンティカローマにて行われました。

今年の眼科入局のドクターは5名で、川村先生、松原先生、丸茂先生は名古屋市立大学病院より、野崎(祐加)先生は豊川市民病院より、黒部先生は豊田厚生病院よりそれぞれ初期研修を修了され、名古屋市立大学眼科のメンバーとなってくださいました。

また、加藤(房枝)先生は、千葉大学にて眼科後期研修を修了後、専門医、医学博士を取得されたのち、新たに4月より当医局へ入局してくださいました。

また杉谷先生は高山赤十字病院、蒲郡市民病院を経て、中山先生は北野病院(大阪府)を経て、お二人とも多数の手術経験を積まれたのち、大学病院に久しぶりに戻られました。

今年も数多くの入局者と、たくさんの経験を積まれた先生方が大学病院のメンバーとなり、みなさんアイセンターの立ち上げの頼もしい仲間たちです。

一緒に盛り上げていきましょう!
2594-1

2594-2 2594-3


カテゴリー: ブログ記事