先輩からの声 Vol.046

Vol.046「シニレジメジャーデビュー part2」
網膜硝子体学会に参加して

文責
小﨑 優
所属
シニアレジデント
掲載日
2015年1月5日

私の初めての学会発表は、11月28-30日に大阪で開催された第53回日本網膜硝子体学会総会・第31回日本眼循環学会合同学会でした。「網膜中心静脈閉塞症に対する抗VEGF治療の短期治療成績」というテーマを与えていただき、夏頃からコツコツとデータ収集をしました。統計やデータ解析など一度もしたことがなく、数字とパソコンにめっぽう弱い私にとってはとても苦労する作業でした。やっとのことで出来上がった発表スライドも、予演会の度に大幅な変更が加わり(なんと予演会を2回もしていただきました…!)、夜遅くまでスライドの修正を助けていただいた上級医の先生方には、感謝してもしきれません。また、パソコンの前でうなっている私を見かねてたくさんの先生方が気にかけてくださり、心の支えになりました。

やっとのことで出来上がったスライドとともに学会会場に着いてからも、発表データの登録を最終日の発表当日までしておらず(発表当日に登録するものだと思っていました…)先生方を直前までヒヤヒヤさせてしまいました。

発表本番はセッションの最後だったので、他大学の先生方の発表を聞いてはいましたが、内容はさっぱり頭に入ってきませんでした。自分の番が来て前に立った時、会場の前方に見慣れた医局の先生方の顔が見えて、安心して発表することができました。

自分が学会発表をするなんて思いもしなかった私ですが、上級医の先生方の尋常ではないお力添えで貴重な経験をすることができました。本当にありがとうございました。

msg046_1

msg046_2

[先輩からの声 TOPへ戻る]