先輩からの声 Vol.050

Vol.050「第71回日本弱視斜視学会総会・第40回日本小児眼科学会総会 合同学会」参加レポート

文責
水谷 武史
所属
名古屋市立大学眼科(助教)
掲載日
2015年8月03日

msg050_1

2015年7月3~4日に神戸ポートピアホテルにて開催された第71回日本弱視斜視学会総会・第40回日本小児眼科学会総会に参加してきました。今年4月より当科の小児グループに参加させていただき、グループの太田先生と大曽根先生と伴に小児眼科外来および未熟児回診を担当させて頂いています。小児眼科外来は日々新しい疑問や発見があり、とても新鮮な気持ちで診療に向き合わせていただいています。そんな私にとって、今回の学会参加はとても興味深く、勉強になるものでした。

講演、講習会は日々の診療に直結する内容で、自分達の行っている診察、治療と照らし合わせながら聞くことができ、専門色の濃い内容ですが、楽しみながら勉強させていただきました。また学会の特性上、参加しているORTさんの数が多く、講演後の質疑応答にも熱心に質問、答弁されていて、仕事に対するモチベーションの高さを感じ、良い刺激をいただきました。2日間という短い開催期間ですが、なかなか充実した時間を過ごすことができ、結局最終日の夜の講習会が終わるまでガッツリ学会を堪能してきました。

余談ですが、1日目の夜、夕食後、「ちょっと散歩。」という当科小児グループリーダーの太田先生に、大曽根先生と一緒に御供させていただきました。神戸港まで一時間ほど歩いたのですが、夜景のきれいな、風情ある神戸の街を男三人で語らいながらの散歩も、これまた乙なものでありました。

この度は、このような貴重な機会を与えてくださった医局のみなさん、および週末入院患者さんを診てくださった先生方に、この場を借りて深くお礼申し上げます。

msg050_2

[先輩からの声 TOPへ戻る]