One for All, All for One 〜安川教授メッセージ〜

教授・眼科部長 安川 力

大学病院の医師として求められるものは「診療」「研究」「教育」ですが、教室運営において「教育」に最重点を置きます。私が研修した頃は、先輩の見よう見まねで学んでいくことが出来ましたが、21世紀に入り、眼科画像機器は飛躍的に進歩し、多くの画像データをもとに総合的に診断するmulti-modal imagingが必須となり、治療法も抗体医薬などによる分子標的療法が登場し、患者さんにとって最善の医療を提供するためには多くの情報からの多面的な判断が求められ、独学で全領域を習得することはもはや至難の技となっています。そこで、若い先生が効率よく学習できるように、方向性や学び方について全力でサポートして行きます。

個々の個性を引き伸ばして、視能訓練士、看護師とも連携して、チームとして助け合い、安全管理・知識・技術を補完して、総合力を高めて行きます。One for All, All for Oneの精神で結束して行きましょう。
 人の性格や将来の人生設計は様々ですので、個人の価値観を尊重します。ただ、一つ確かなことは、医療人としては医療に「やりがい」を感じられるべきだと言うことです。そのために必要な若い心の「熱意」の焔を消さぬように情熱を注ぎ、「達成感」を共に分かち合い、「プロフェッショナル」を目指してサポートして行きます。子育て中の医師には、医療へのモチベーションを絶やさぬように、個々の希望の歩幅に合わせてじっくりサポートします。

社会人としても成長できるように、苦しい時も共に分かち合い、COVID-19が終息した際には、医局の飲み会や医局行事(医局旅行、リレーマラソンなど)で親睦を深める企画も自由参加の形式で定期的に開催して行きます。全スタッフ仲の良い教室で、元気で熱意のある若者を歓迎いたします。