眼科での診療について

名古屋市立大学病院 眼科における診療についてのご案内。

当科での診療について

photo-eyecenter

人間は外界からの情報の80%以上を視覚から得ており、ものを見ると言うことは社会生活を送る上で非常に重要な機能です。

我々は最新の医療技術と医療機器を駆使して、世界トップレベルの眼科医療を提供しています。特に白内障・緑内障のマイクロサージェリー(顕微鏡手術網膜硝子体疾患、黄斑疾患を専門に診療を行っています。

診療科の特色

診療案内

角結膜疾患、白内障、緑内障、網脈絡膜疾患など、すべての眼科疾患の診察を行っています。

より専門的な経過観察が必要な場合は、予約制の専門外来において網膜疾患、緑内障、小児眼科疾患を専門のスタッフが対応しています。

網膜硝子体疾患は当科の特に専門とする領域であり、最新の検査機器と治療機器を用いて、高度な診断と治療を提供しています。

診療・治療に対する心がけ

誠意と熱意を持って丁寧な診療をします。

大学病院として研究活動に根ざした高度な医療を提供します。

エビデンスの得られた標準的治療法(臨床試験から導き出された科学的根拠に基づく治療)から最新の治療法まで、患者さん及びそのご家族によく説明し、同意をいただいてから治療を行うようにします(インフォームド・コンセント)。

他の診療科との十分な連携を行い、急な状態の変化にも迅速に対応します。

名古屋都市圏の中核医療機関として、かかりつけ医とスムースな連携を取ります(病診連携)。

関連リンク