眼科学教室について

教室紹介

患者本位の洗練された診療、最先端の研究、眼科医育成をめざして、教室員一同、家族のような雰囲気の中、熱意を持って眼科医療に取り組んでいます。

名古屋市立大学の眼科学教室は日常の臨床と臨床につながる研究に重点を置いて、現代社会で視覚障害の原因となる糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などの疾患の治療、病態解明などに力を入れている他、網膜剥離、黄斑円孔、網膜上膜、白内障、緑内障などの手術も数多く行っています。網膜硝子体疾患に対する硝子体手術(マイクロサージェリー)に関しては、世界最先端の手術器具と洗練された手術手技で、低侵襲で安全な手術治療を提供し、良好な治療成績が得られています。教育面では、眼科医として社会人として優れた人材育成を目標に、指導医が一丸となって情熱を持って指導にあたっています。

診療方針

各教室員が外来を分担し主体性を持って診療を行っています。診断や治療が困難な難症例は上級医と適宜相談の上、教室として最良の医療を患者一人一人に安定して提供できるように教室員一同、連携し合って医療に取り組んでいます。手術は上級医の指導のもと、若手のうちから無理のない安全な手術指導を段階的、継続的に行っています。珍しい症例や難症例があるとケースカンファランスを実施して知識を教室員で共有します。また、術後視力、治癒率など治療成績を随時評価して、日常診療の質の向上を心がけています。

※詳細は「診療案内」にてご確認ください。

教育方針

まず1年目に外来診療における必要な検査・入院患者の診療を学びます。指導医から定期的に講義を受け、眼科知識向上に努めます、手術の助手を多数してもらいます。2年目から上級医の指導のもと、外来診療を行うとともに、白内障手術等、段階的、継続的に執刀していきます。3年目以降も教室員のつながりを大切に、眼科医として社会人として一人前になるように教育していきます。

日本眼科学会指導医である吉田宗徳病院教授をはじめ多くの指導医がおります。

さらなる手術の研鑽をしたい方、研究をしたい方、海外留学をめざしたい方など、様々な希望に応じたキャリアプランを用意しています。

教育担当主任である吉田宗徳先生から一言
私たちの教育の基本方針は「楽しく学び、楽しく仕事をする」ことです。

もちろん、時には厳しい指導をすることもありますが、最終的にはそういう過程を経て、自分が力をつけて初めて本当に仕事を楽しむことができるようになるのです。長い人生、楽しく仕事ができるようになりたいですよね。私たちの教室ではいつも若い先生達が生き生きと働き、学ぶ姿が見られるはずです。興味があればぜひ見学に来てみてください。

次に、「習うより慣れよ」で、私たちの教室では検査にしろ、手術にしろ、指導医がみて、できる範囲のことはどんどん自分でもやってもらいます。何事も自分で経験することで、それ以後の学習効果が上がるものと考えています。

また、必須ではありませんが、研究や留学も強く勧めています。研究や留学を通じて、日常臨床だけでは得られない多くのことを学ぶことができますし、世界中に友人もでき、世界がぐっと広がります。

そのようなことを含めた人間教育も私たちの日頃心掛けているところです。自分に誇りを持てる器の大きな眼科医を育てられたら、とスタッフ一同日々頑張っています。

やる気のある若い諸君、ぜひ一度私たちの門をたたいてみてください。

※詳細は「入局をお考えの方へ」にてご確認ください。

研究方針

基礎研究では、加齢黄斑変性や糖尿病網膜症といった眼内血管新生疾患の病態解明、新たな治療法確立をめざして、スタッフ、大学院生が日夜頑張っています。

また臨床研究にも力をいれており、基礎研究で得られたエビデンスをもとに、網膜硝子体疾患だけでなく緑内障、白内障など、さまざまな臨床研究を行っています。

※詳細は「研究活動」にてご確認ください。

名市大眼科学教室の強み・特徴 

臨床も基礎研究も超一流

臨床研究も基礎研究も世界的に認識されています。基礎研究も、臨床へ反映されるtranslational researchを心がけています。若手のうちから積極的に国内および海外の学会で報告していきます。また、希望者は1〜3年程度の海外留学も経験できます。アメリカ、イギリス、ドイツなどに留学した教室員がいます。

手術の名手が多い

手術室で、横から顕微鏡でみながら、手術の助手につくだけでも、学ぶことははかりしれません。手術ビデオを見て、教科書を読むのももちろん大事ですが、肝心なことは『現場』(手術室)でおきています!積極的に助手について、手術の名手のフィロソフィを盗みましょう。

最新の医療機器がそろっている

最先端の手術機器をはじめ、最新の診断機器・治療機器を使用して、最先端の治療をめざしています。『世界に、国内にまだ一台しかない器械』もしばしば入ってきます。