ようこそ名市大眼科学教室へ

小椋教授からのごあいさつ

教授・眼科部長 小椋 祐一郎

患者さんに喜ばれる、そして感謝される医療を目指しています。

人間は外界の情報の80%を視覚から得ているとされています。したがって、視覚障害は直ちにクオリティ・オブ・ライフ(quality of life, QOL)の低下につながります。最近では社会のIT化が加速されて、視覚情報はより重要なものになっています。また、社会の高齢化は疾病構造にも影響を与えており、白内障や緑内障、加齢黄斑変性などの高齢者に多い疾患が増加してきています。このような社会背景の変化に伴い、視覚をケアする眼科はこれからもますます重要な診療領域となってくるものと考えられます。

名古屋市立大学の眼科学教室は臨床研究に重点を置いて、現代社会で視覚障害の原因となる加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜剥離、白内障、緑内障などの疾患の治療、病態解明などに力を入れています。特に加齢黄斑変性をはじめとする黄斑疾患は私の専門分野で、黄斑上膜や黄斑円孔などの手術を必要とする黄斑疾患に対しても多くの治療を行っています。また、糖尿病網膜症や網膜剥離などの疾患に対する網膜硝子体のマイクロサージェリーも名古屋市立大学眼科の得意分野のひとつです。世界トップレベルの診療器械と医療技術で、低侵襲で安全な手術治療を提供しています。入院期間も短く、早期の社会復帰ができます。患者さんは東海地方のみならず、全国から紹介受診されます。

小椋教授 略歴

1980年
京都大学医学部卒業
1986年
京都大学医学部眼科助手
1993年
京都大学医学部眼科講師
1995年
京都大学医学部眼科助教授
1997年
名古屋市立大学医学部眼科教授
2002年
名古屋市立大学大学院医学研究科視覚科学教授