業績集 2011年

タイトル

学会発表

厚生労働省特定疾患 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成22年度 班会議(名古屋) 平成23年1月21日-22日
佐藤里奈、安川力、加藤亜紀、小椋祐一郎、大森豊緑:わが国における視覚障害の原因
野崎実穂、中島敦志、守本亘孝、加藤憲明、小椋祐一郎:アルドーズ還元酵素阻害剤Fidarestatによる脈絡膜新生血管抑制
第34回日本眼科手術学会総会(京都) 平成23年1月28日-1月30日
江口秀一郎、小椋祐一郎(座長):本当に使えるの?新しい白内障手術デバイス ランチョンセミナー7
小椋祐一郎(座長):硝子体手術におけるトリアムシノロン可視化剤の活用法―「マキュエイド硝子体内注用40mg」の使用の実際― ランチョンセミナー15
吉田宗徳、大谷倫裕(座長):一般講演 加齢黄斑変性(2)・その他
飯島裕幸、大野京子、五味文、安川力、大谷篤史:加齢黄斑変性の治療戦略ver.3 インストラクションコース8
The 36th Annual Meeting of Japanese Society for Microcirculation(名古屋) 平成23年2月11日-12日
Ogura Y (Chair) : Special Lecture2
Ogura Y (Chair) : Luncheon Seminar1
Usui H, Nozaki M, Ueda J, Ogura Y : Panretinal photocoagulation restores retinal microcirculatory disturbance in diabetic retinopathy -evaluation with retinal function imager®. Free Paper (3) Diabetes
Ueda J, Nozaki M, Ogura Y : Effect of topical nipredilol on retinal microcirculation evaluated by retinal function imager. Free Paper (4) Imaging
第422回東海眼科学会(名古屋) 平成23年2月26日
臼井英晶、服部知明、安川力、小椋祐一郎:空気タンポナーデによる黄斑円孔手術の短期成績
The 26th Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress (シドニー、オーストラリア) 平成23年3月20日-24日
Ogura Y : The VIEW 2 study (VEGF trap-eye investigation of efficacy and safety in wet AMD): 52-week results.
ARVO2011 (Association for Research in Vision and Ophthalmology) Visionary Genomics(米国、フォートローダーデール) 平成23年5月1日-5月5日
Ikemori S, Kato A, Yasukawa T, Hattori T, Nozaki M, Ashikari M, Morita H, Yoshida M, Ogura Y : Comparison of the loading regimen and a single dose regimen in the treatment of neovascular age-related macular degeneration.
Kato A, Yasukawa T, Takase A, Sato R, Ugawa S, Ogura Y : Novel procedure to prepare an implantable sheet of wall-differentiated monolayer of cultured retinal pigment epithelial cells.
Mizutani T, Ashikari M, Tokoro M, Nozaki M, Ogura Y : CCR3 antagonist suppress laser-induced choroidal neovascularization in mice.
Nozaki M, Nakajima A, Morimoto N, Kato N, Ogura Y : Anti-angiogenic effect of fidarestat on laser-indeced choroidal neovascularization in mice.
Ito Y, Nozaki M, Sugitani K, Ashikari M, Hirano Y, Ogura Y : The efficient delivery of siRNA by atelocollagen on laser-induced choroidal neovascularization model in mice.
Ashikari M, Nozaki M, Mizutani T, Ogura Y : Anti-angiogenic effect of Ifn-gamma and Il-12 on laser-induced choroidal neovascularization model in mice.
Usui H, Yasukawa T, Morita H, Yoshida M, Ogura Y : Comparative study of room air and SF6 gas tamponade on functional and morphological recoveries after macular hole surgery.
Ueda J, Nozaki M, Ogura Y : Effect of topical nipradilol on retinal maicrocirculation evaluated by retinal function imager.
Tachi N, Ashikari M, Yasukawa T, Hirano Y, Ogura Y : The impact of stop-smoking and antioxidant supplements on patients with chronic central serous chorioretinopathy.
Sakamoto M, Ito A, Sugitani K, Ashikari M, Hirano Y, Nozaki M, Ogura Y : Effect of pulse duration on the expression of inflammatory cytokine in the murine retinal after laser photocoagulation.
Schmidt-Erfurth U, Chong V, Kirchhof B, Korobelnik J-F, Papp A, Anderesi M, Groetzbach G, Sommerauer B, Sandbrink R, Ogura Y : Primary results of an international phase III study using intravitreal VEGF trap-eye compared to ranibizumab in patients with wet AMD (VIEW 2).
Baffi JZ, Hirano Y, Kaneko H, Yamada K, Nozaki M, Takeda A, Ambati J : CCR3 and MCP-1 ablation inhibits laser-induced choroidal neovascularization.
第115回日本眼科学会総会(東京) 平成23年5月12日-15日
小椋祐一郎(座長): 加齢黄斑変性3 一般講演
小椋祐一郎(オーガナイザー): ランチョンセミナー3
安川力:眼底自発蛍光と着色眼内レンズ ランチョンセミナー3 着色眼内レンズのサイエンス
加藤亜紀、安川力、高瀬綾恵、佐藤里奈、鵜川眞也、小椋祐一郎:培養網膜色素上皮細胞からの新しい上皮シート作成方法 一般講演 網膜色素上皮(RPE)基礎
水谷武史、所真由美、芦苅正幸、野崎実穂、小椋祐一郎:CCR3拮抗剤による脈絡膜新生血管抑制
第54回日本糖尿病学会年次学術集会(札幌) 平成23年5月19日-21日
小椋祐一郎:糖尿病網膜症に対する硝子体手術の進歩 シンポジウム15 糖尿病網膜症:新たな展開
第423回東海眼科学会(岐阜) 平成23年6月26日
菅啓治、平原修一郎、小椋祐一郎:超広角走査型レーザー検眼鏡
World Glaucoma Congress(フランス、パリ) 平成23年6月29日-7月2日
Nozaki M, Takase A, Hattori T, Ito A, Sato R, Yoshida M, Ogura Y : Comparison of cytomegalovirus-positive and negative eyes in Posner-Schlossman syndrome.
第65回日本臨床眼科学会(東京) 平成23年10月7日-10月10日
小椋祐一郎(座長):一般口演16 AMD関連1
高橋寛二、小椋祐一郎、石橋達朗、白神史雄、湯澤美都子:加齢黄斑変性の治療指針(厚生労働省 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班) 一般口演16 AMD関連1
小椋祐一郎(座長):これからの黄斑疾患治療 ランチョンセミナー4
小椋祐一郎(座長):加齢黄斑変性治療における長期管理の理想と現実 ランチョンセミナー13
寺崎浩子、小椋祐一郎:One Giant Leap: Constellation® Vision System モーニングセミナー8
野崎実穂:PASCAL Streamline Yellow 登場 ランチョンセミナー17「The First PAttern SCAnning Laser – Evolved」
鈴間潔、川崎良、喜田照代、長岡泰司、野崎実穂、吉田茂生:みんなで学ぼう最新糖尿病網膜症―マネジメントのすべて― インストラクションコース25
丹羽奈緒美、野崎実穂、平原修一郎、伊藤愛子、久保田綾恵、吉田宗徳、小椋祐一郎:ポスナー・シュロスマン症候群でのサイトメガロウィルス感染陽性例の臨床的特徴 一般口演21緑内障病態
佐藤里奈、安川力、加藤亜紀、小椋祐一郎、大森豊緑:わが国における視覚障害の原因 一般口演50医療・医政・その他
平原修一郎、吉田宗徳、安川力、森田裕、加藤亜紀、久保田綾恵、服部知明、伊藤愛子、菅啓治、水谷武史、小椋祐一郎:超広角走査型レーザー検眼鏡の使用経験 学術展示17画像解析
第22回日本緑内障学会(秋田) 平成23年9月23日-25日
野崎実穂: 新しい網膜機能画像イメージングRFIの可能性 モーニングセミナー3 眼血流をどうみて、これから患者にどう活用すべきか
AAO(American Academy of Ophthalmology) 2011(米国、オーランド) 平成23年10月22日-25日
Nozaki M, Ueda J, Ogura Y : Blood flow velocity in progressive vs. stable diabetic retinopathy-detected by Retinal Function Imager®.
TEAM2011 第50回網膜硝子体学会総会・第28回日本眼循環学会・第17回日本糖尿病眼学会総会(東京) 平成23年12月2日-4日
小椋祐一郎(座長):網膜疾患の病態と治療 -炎症からみる網膜疾患- ランチョンセミナー6
植田次郎、野崎実穂、小椋祐一郎:Retinal Function Imagerによるニコラジロールの網膜微小循環評価 一般演題(口演)
永井博之、加藤亜紀、吉田宗徳、小椋祐一郎:急性網膜壊死に対する硝子体手術成績の検討 一般演題(口演)
高瀬範明、加藤亜紀、吉田宗徳、森田裕、服部知明、水谷武史、小椋祐一郎:25Gトロカールからのシリコーンオイル除去 一般演題(口演)
平原修一郎、吉田宗徳、安川力、野崎実穂、森田裕、加藤亜紀、久保田綾恵、服部知明、伊藤愛子、菅啓治、水谷武史、小椋祐一郎:超広角走査型レーザー検眼鏡による糖尿病網膜症の蛍光眼底造影 一般演題(口演)
水谷武史、森田裕、吉田宗徳、小椋祐一郎:COSTELLATION® Vision Systemの使用経験 学術展示

講演・その他

第45回糖尿病学の進歩(福岡) 平成23年2月18日-19日
小椋祐一郎:糖尿病網膜症治療の進歩 レクチャー 糖尿病診療に必要な知識4
第11回東海黄斑疾患研究会(名古屋) 平成23年2月24日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):一般講演
安川力:滲出型加齢黄斑変性の最新の知見(基礎を中心に)
第5回東北眼科フォーラム(仙台) 平成23年3月6日
小椋祐一郎:硝子体手術の新しい流れ
第5回桜山病診連携フォーラム(名古屋) 平成23年4月2日
玉井一司、尾関年則(オーガナイザー):網膜診療のアップデート パネルディスカッション
森田裕、水谷武史、平原修一郎(パネリスト):網膜診療のアップデート パネルディスカッション
小椋祐一郎(座長):教育講演 医療政策・課題と展望―先進医療から眼科を取り巻く医療情報まで― 
第5回桜山糖尿病と網膜症研究会(名古屋) 平成23年4月7日
吉田宗徳(座長):特別講演 トランスクリプトーム解析による糖尿病合併症関連遺伝子の網羅的獲得 
服部知明:糖尿病黄斑浮腫と薬物治療 一般演題
第47回京滋眼科臨床懇話会(京都) 平成23年4月23日
小椋祐一郎:網膜硝子体手術のフィロス
実践!黄斑疾患カンファレンス(名古屋) 平成23年5月25日
安川力、松尾央(座長)
第10回尾張病診連携(小牧) 平成23年6月22日
吉田宗徳:ブドウ膜炎の最近の話題・・・ARN等
第12回愛知眼科アカデミー(名古屋) 平成23年6月23日
小椋祐一郎(座長)
第10回硝子体手術ビデオセミナー 硝子体手術手技A to Z(東京) 平成23年6月25日-26日
小椋祐一郎、白神史雄(オーガナイザー)
小椋祐一郎:増殖糖尿病網膜症 パネルディスカッション(Ⅰ)
マキュエイド硝子体内注用40mg発売記念講演会-硝子体手術の視認性向上の進化に向けて-(名古屋) 平成23年6月30日
小椋祐一郎(座長):講演Ⅱ マキュエイド®とケナコルト®
愛知県眼科医会第2回学術研修会(名古屋) 平成23年7月9日
野崎実穂:糖尿病網膜症 レーザー治療アップデート
第12回東海黄斑疾患研究会(名古屋) 平成23年7月14日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長)
安川力:慢性型中心性漿液性脈絡膜症に対する生活指導
Nevanac®新発売Vegamox®発売4周年記念講演会―術後管理はこれで完璧!―(名古屋) 平成23年7月16日
小椋祐一郎(座長):講演1 白内障術後眼内炎の予防戦略
千葉県AMDセミナー(千葉) 平成23年7月16日
安川力:AMDの病態から考える加齢黄斑変性の治療方針 特別講演2
第4回広島大学・山口大学眼科Grand Rounds(山口) 平成23年7月30日
小椋祐一郎:網膜硝子体手術のフィロス 特別講演Ⅱ
第11回愛知眼科医療研究会(名古屋) 平成23年9月29日
小椋祐一郎(座長): 一般講演
丹羽奈緒美:ポスナー・シュロスマン症候群でのサイトメガロウィルス感染陽性例の臨床的特徴 一般講演
日本眼科学会専門医制度第55回講習会(東京) 平成23年10月9日
吉田宗徳:トリパンブルー、トリアムシノロンアセトニドの内境界膜染色 テーマ2.「最近の進歩シリーズ34」生体染色の基礎と臨床
第5回Nagoya Eye Surgery Seminar (NESS)(名古屋) 平成23年10月11日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長): パネルディスカッション「最新の硝子体手術」
水谷武史:当院におけるCONSTELLATIONの使用経験 第2部CONSTELLATION
平成23年度 名古屋市立大学病院市民公開講座(名古屋) 平成23年10月21日
安川力:最近、ものがゆがんで見えませんか?-加齢黄斑変性-
AMD and Retina Expert Conference(米国、オーランド) 平成23年10月22日
Ogura Y(座長)
豊田AMD勉強会(豊田) 平成23年10月25日
安川力:病態から考える加齢黄斑変性の治療指針
第5回Midl and Seminar of Ophthalmology(名古屋) 平成23年10月29日
小椋祐一郎(座長):演題Ⅰ 球面収差と非球面眼内レンズ
第35回山形県眼科集談会(鶴岡) 平成23年11月5日
小椋祐一郎:網膜硝子体手術のフィロス 特別講演
実戦!!黄斑疾患カンファレンス(名古屋) 平成23年11月9日
安川力、松原央(座長)
VEGF Trap-Eye Region Asia-Pacific Expert Meeting(韓国、ソウル) 平成23年11月12日
Ogura Y:Clinical development plan for VEGF-trap eye: DME, CRVO, mCNV.
飛騨眼科集談会(高山) 平成23年11月12日
安川力:加齢黄斑変性の診断と治療 特別講演
第8回Sendagi Macula Seminar(東京) 平成23年11月16日
安川 力:眼底自発蛍光と黄色着色レンズ

総説、解説

日本眼科学会雑誌
湯澤美都子、小椋祐一郎、高橋寛二、光畑裕正;眼底血管造影実施基準委員会:眼底血管造影実施基準(改訂版). 日本眼科学会雑誌 115:67-75、2011.
坂本泰二、石橋達朗、小椋祐一郎、白神史雄、竹内忍、山下英俊;日本網膜硝子体学会トリアムシノロン調査グループ:トリアムシノロンによる無菌性眼内炎調査. 日本眼科学会雑誌 115:523-528、2011.
眼科手術
吉田宗徳:硝子体手術補助剤マキュエイド ケナコルトAに代わる硝子体可視化剤. 眼科手術 24:461-464、2011.
日本の眼科
平野耕治、白井正一郎、廣瀬浩士、吉田宗徳、吉田統彦、安間哲宏、山田正和:愛知県の眼科勤務医の動向調査. 日本の眼科 82:1431-1440、2011.
医学のあゆみ
安川力、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性の今後の治療動向. 医学のあゆみ 236:1168-1174、2011.
Geriatric Medicine
安川力:加齢黄斑変性(AMD)の前駆病変とその症状. Geriatric Medicine 49:409-412、2011.
眼科ケア
加藤亜紀:網膜剥離手術(網膜復位術)に使用する器具. 眼科ケア 夏期増刊:248-252、2011.

欧文原著

Eur J Pharmacol
Yafai Y, Yang XM, Niemeyer M, Nishiwaki A, Lange J, Wiedemann P, King AG, Yasukawa T, Eichler W : Anti-anfiofenic effects of the receptor tyrosine kinase inhibitor, pazopanib, on choroidal neovasculariation in rats. Eur J Pharmacol 666 : 12-18, 2011.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol
Mizutani T, Yasukawa T, Ito Y, Takase A, Hirano Y, Yoshida M, Ogura Y : Pneumatic displacement of submacular hemorrhage with or without tissue plasminogen activator. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 249 : 1153-1157, 2011.
Ophthalmologica
Ozone D, Hirano Y, Ueda J, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y : Outcomes and complications of 25-gauge transconjunctival sutureless vitrectomy for proliferative diabetic retinopathy. Ophthalmologica 226 : 76-80, 2011.
Recent Pat Drug Deliv Formul
Yasukawa T, Tabata Y, Kimura H, Ogura Y : Recent advances in intraocular drug delivery systems. Recent Pat Drug Deliv Formul 5 : 1-10, 2011.
Retina
Shimura M, Yasuda K, Nakazawa T, Hirano Y, Sakamoto T, Ogura Y, Shiono T : Visual outcome after intravitreal triamcinolone acetonide depends on optical coherence tomographic patterns in patients with diffuse diabetic macular edema. Retina 31 : 748-754, 2011.

邦文原著

あたらしい眼科
平原修一郎、平野佳男、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:硝子体黄斑牽引症候群を合併した網膜色素変性の1例. あたらしい眼科 28:593-596、2011.
森田裕、野崎実穂、高瀬綾恵、吉田宗徳、小椋祐一郎:Posner-Schlossman症候群に対する緑内障手術. あたらしい眼科 28:891-894、2011.
長谷川典生、高瀬綾恵、野崎実穂、安川力、小椋祐一郎:加齢黄斑変性の僚眼にみられたラタノプロストによる嚢胞様黄斑浮腫の1症例. あらたしい眼科 28:1022-1024、2011.
眼科臨床紀要
池森左也佳、加藤亜紀、安川力、森田裕、芦苅正幸、高瀬綾恵、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性に対するラニビズマブ硝子体内投与の成績. 臨床眼科 65:1407-1411、2011.
坂本真帆、加藤亜紀、芦苅正幸、森田裕、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:短期間に多発したトリアムシノロン硝子体内投与後の無菌性眼内炎. 眼科臨床紀要 4:790-795、2011.

その他

わが国における視覚障害の原因.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成22年度総括・分担研究報告書 82-83、2011.
佐藤里奈、安川力、加藤亜紀、小椋祐一郎、大森豊緑
アルドース還元酵素阻害剤Fidarestatによる脈絡膜新生血管抑制.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成22年度総括・分担研究報告書 137-140、2011.
野崎実穂、中島淳志、守本亘孝、加藤憲明、小椋祐一郎