視覚科学ラボ -研究室だより Vol.018-

【研究室だより】「Euretinaに参加して」

文責
黒部 亮(菰野厚生病院)
掲載日
2017年11月1日

2017年9月7日-10日にスペイン、バルセロナにて開催された17th Euretina Congressに参加させて頂きました。フォークト-小柳-原田病における広角ICGAを用いた脈絡膜血管密度の測定という演題で、e-Poster形式での発表をさせて頂きました。

初めての海外学会への参加ということと、以前訪れたことがあり大変良い思い出のあるバルセロナということで、大きな期待をもっての学会参加となりました。ePoster形式のため学会会場でのプレゼンテーション、英語で他国の医師・研究者とディスカッションする機会はありませんでしたが、様々な講演を聴いたり、他の発表者のePosterを閲覧したりする中で改めて、海外学会や論文で研究成果を発信する重要性を感じました。また、同期の野崎祐加先生はオーラルでの発表をしっかりとこなしており、次は自分が、という気持ちも強くなりました。

バルセロナは痛ましいテロがあった直後であったので不安もありましたが、街は7年前に訪れた時のように陽気な雰囲気でした。ご一緒させて頂いた先生方のご好意のお陰で、毎日のように沢山の観光地巡りと美味しい食事を楽しむことができました。特に大好きなパエリアは毎日しっかり食べ、日本に戻ってきてからの食生活にも影響を与えています。これまでは遅々としてその建造がなかなか進んでいなかったサクラダファミリアは7年前とは様変わりして内装はさらに壮麗になり、時の流れと、スペイン人の底力を見たような気がします。是非とも生きている内に完成させて頂いて、その際はもう一度訪れたいと思います。

最後になりましたが、小椋教授をはじめ、たくさんの先生方にお世話になりこのような貴重な経験をさせて頂けましたこと、改めて厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。今回の経験を活かして今後さらに成長できるよう精進させて頂きます。




[視覚科学ラボTOPへ戻る]