業績集 2008年

タイトル

学会発表

厚生労働省特定疾患 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成19年度 班会議(福岡) 平成20年2月18日〜19日
小椋祐一郎(座長):Session Ⅱ
伊藤愛子、櫻井英二、平野佳男、板谷正博、小椋祐一郎:ストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスにおける脈絡膜新生血管の検討
野崎実穂、水谷武史、服部知明、吉田宗徳、小椋祐一郎:脈絡膜新生血管抜去術の長期成績
所真由美、安川力、櫻井英二、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性に対する低線量放射線治療の長期成績
安川力、Wiedemann P、高瀬綾恵、西脇晶子、小椋祐一郎:In vitroドルーセンモデルとしての網膜色素上皮細胞の3次元培養
第31回日本眼科手術学会総会(横浜) 平成20年2月1日〜2月3日
小椋祐一郎、井上真(座長):網膜硝子体 小切開硝子体手術(1)
小椋祐一郎、寺崎浩子(オーガナイザー):教育セミナー14 糖尿病網膜症の硝子体手術
小椋祐一郎:基本手術手技 教育セミナー14 糖尿病網膜症の硝子体手術
鈴間潔、小椋祐一郎、喜多美穂里、堀尾直市:硝子体手術における最新眼内観察システム活用法(内視鏡、ワイドビュー、シャンデリアと25G、23G硝子体手術) インストラクションコース
平田彩子、松原明久、久保田文洋、吉田宗徳、小椋祐一郎:25G硝子体手術の成績
杉谷和彦、芦苅正幸、森田裕、櫻井英二、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:突発性黄斑上膜に対する20Gおよび25G硝子体手術成績
水谷武史、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:脈絡膜新生血管抜去術の長期成績
第416回東海眼科学会(名古屋) 平成20年2月23日
杉谷和彦、平野佳男、吉田宗徳、小椋祐一郎:ヘルペス脳炎後に発症した急性網膜壊死
藤野晋平、新井根一、奥田正俊、芦苅正幸、鈴木東光、森田裕、櫻井英二、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:加齢黄斑変性に対する経瞳孔温熱療法の長期予後
The 33rd Annual Meeting of Japanese Society for Microcirculation(東京) 平成20年2月21日〜22日
Hattori T, Matsubara A, Taniguchi K, Ogura Y : Aldose reductase inhibitor attenuates leukocyte-endothelial interaction in experimental diabetic retina in vivo.
第14回日本糖尿病眼学会総会(東京) 平成20年3月14日〜16日
小椋祐一郎(座長):加齢黄斑変性症 ランチョンセミナー2
小椋祐一郎、白神史雄(座長):硝子体手術2 一般講演13
平野佳男、櫻井英二、松原明久、小椋祐一郎:網膜へのsmall interfering RNAプラスミド導入によるICAM-1の抑制
伊藤祐也、松原明久、吉田宗徳、小椋祐一郎:増殖糖尿病網膜症に対する25G硝子体手術の長期経過観察成績
第112回日本眼科学会総会(大阪) 平成19年4月19日〜22日
安川力:加齢黄斑変性〜炎症という立場からの病態理解 シンポジウム
板谷正博、櫻井英二、野崎実穂、山田潔、山崎哲、小椋祐一郎:マウスに対する汎網膜光凝固後の単球遊走因子による血管内皮増殖因子の発現の検討
伊藤愛子、櫻井英二、平野佳男、板谷正博、小椋祐一郎:ストレプトゾゾシン誘発糖尿病マウスにおける脈絡膜新生血管の検討
安川力、Widemann P、高瀬綾恵、西脇晶子、小椋祐一郎:網膜色素上皮細胞の3次元培養によるドルーゼン形成
所真由美、安川力、伊藤愛子、谷口香織、服部知明、櫻井英二、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性への低線量放射線治療の長期成績
服部知明、松原明久、谷口香織、小椋祐一郎:糖尿病ラットにおける網膜白血球集積に対するアルドース還元酵素阻害薬の抑制効果
武田篤信、山田潔、石橋達朗、Ambati J:Small-interfering RNAによるToll-like Receptor3の活性化と脈絡膜血管新生抑制
高瀬綾恵、安川力、西脇晶子、小椋祐一郎:網膜色素上皮細胞の三次元培養システムを使用したベストロフィンの機能解明
2008 ARVO(Association for Research in Vision and Ophthalmology)Annual Meeting Eyes on innovation(フォートローダーデール、米国) 平成20年4月27日〜5月1日
Takase A, Yasukawa T, Wiedemann P, Nishiwaki A, Ogura Y : Role of bestrophin in basal membranogenesis of retinal pigment epithelium.
Ito A, Sakurai E, Hirano Y, Itaya M, Ogura Y : Effect of diabetes on the development of laser-induced choroidal neovascularization in mice.
Mizutani T, Nozaki M, Yoshida Y, Ogura Y : Long-term results of surgical removal of choroidal neovascularizaton-series of a single surgeon in 10years.
Tokoro M, Yasukawa T, Sakurai E, Yoshida M, Ogura Y : Long-term outcome of radiation therapy for exudative age-related macular degeneratin in Japanese patients.
Hirahara S, Nozaki M, Ito A, Takase A, Hirano Y, Matsubara A, Yoshida M, Ogura Y : Selective laser trabeculoplasty for intraocular pressure elevation after triamcinolone acetonide injection.
Ueda J, Hirano Y, Yoshida Y, Ogura Y : Evaluation of visual function and macular morphology before and after removal of idiopathic epiretinal membranes.
Hattori T, Matsubara A, Taniguchi K, Ogura Y : Aldose reductase inhibitor attenuates leukocyte-endothelial interaction in experimental diabetic retina in vivo.
Hirano Y, Sakurai E, Matsubara A, Ogura Y : Suppression of ICAM-1 in murine retina by plasmid small interfering RNAs.
Yasukawa T, Nishiwaki A, Wiedemann P, Takase A, Yafai Y, Eichler W, Bringmann A, Ogura Y : Three-Dimensional Spheroid culture system redifferentiates retinal pigment epithelial cells independent of number of passages.
Nozaki M, Albuquerque RJC, Kleinman ME, De Falco S, Wilgus TA, DiPietro LA, Ambati J :Non-targeted siRNA suppress angiogenesis in the cornea, dermis and hind limb.
Yafai Y, Niemeyer M, Yasukawa T, Nishiwaki A, Widemann P, King AG, Eichler W : Inhibition of experimental choroidal neovascularization by the VEGF receptor inhibitor pazopanib (GW786034B).
Baffi JZ, Takeda A, Nozaki M, Cho W, Kleinman ME, Grisanti S,Rothenberg ME, Ambati J :CCR3 and eotaxins are specfic neovascular targets in age-related macular degeneration.
Kleinman ME, Yamada K, Takeda A, Nozaki M, Albuquerque, Smith J, Taylor EM, Ambati J :Targeted and non-targeted small interfering RNAs equally suppress choroidal neovascularization through activation of toll-like receptor 3.
8th Euretina Congress(ウィーン、オーストリア) 平成20年5月22日〜25日
Nozaki M, Kleinman ME, Yamada K,Chandrasekaran V, Appukattan B, Sakurai E : Sequence and target-independent angiogenesis suppression by siRNA via TLR3.
第417回東海眼科学会(岐阜) 平成20年5月25日
杉谷和彦、森田裕、佐久間英弘、吉田宗徳、小椋祐一郎:硝子体網膜牽引がみられた網膜色素変性の2例
伊藤翠、森田裕、平原修一郎、平野佳男、小椋祐一郎:25G硝子体手術後眼内炎の一例
WOC(World Ophthalmology Congress) 2008(香港、中国) 平成20年6月28日〜7月2日
Yasukawa T, Tokoro M, Sakurai E, Yoshida M, Ogura Y : Long-term outcome of radiation therapy for exudative age-related macular degeneration in Japanese patients.
Nozaki M , Mizutani T, Yoshida M, Ogura Y : Long-term results of surgical removal of choroidal neovascularization- series of a single surgeon in 10 years.
Matsubara A, Ito Y, Yoshida M, Ogura Y : Outcomes of microincision vitrectomy surgery using 25-gauge system for proliferative diabetic retinopathy.
Summer Eye Summit 2008(名古屋) 平成20年7月26日
安川力(座長):一般講演
石神裕子、平野佳男、吉田宗徳、小椋祐一郎、杉田元太郎:網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するトリアムシノロンとベバシズマブの治療成績
日江井佐知子、芦苅正幸、安川力、櫻井英二、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性への光線力学療法に対する同時期白内障手術の影響
XXVIth Meeting of the Club Jules Gonin(サン・モリッツ、スイス) 平成20年9月10日〜9月13日
Ogura Y, Itaya M, Mizuno D, Matsubara A, Sakurai E : Up-regulation of vascular endothelial growth factor after scatter retinal photocoagulation -a possible cause for post- laser macular edema?
Yasukawa T, Wiedemann P, Hirata M, Takase A, Ogura Y : Fundus autofluorescence in a rabbit age-related macular degeneration model induced by simulation of lipofuscin accumulation.
第62回日本臨床眼科学会(東京) 平成20年10月23日〜10月26日
野崎実穂:加齢黄斑変性(AMD)と血管内皮増殖因子(VEGF) シンポジウム2
吉田宗徳:網膜中心静脈閉塞症の治療戦略 シンポジウム6 網膜静脈閉塞症の病態と治療戦略
大路正人、小椋祐一郎(オーガナイザー):網膜硝子体手術最前線 シンポジウム12
安川力:AMDの前段階を学ぼう ランチョンセミナー10 AMDは予防できるか?
小椋祐一郎(オーガナイザー):次世代網膜光凝固装置「時代はPASCALへ」 ランチョンセミナー11
野崎実穂:PASCALって何? ランチョンセミナー11 次世代網膜光凝固装置「時代はPASCALへ」
日江井佐知子、芦苅正幸、安川力、櫻井英二、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性への光線力学的療法に対する同時期白内障手術の影響
石神裕子、平野佳男、吉田宗徳、小椋祐一郎、杉田元太郎:網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するトリアムシノロンとベバシズマブの治療成績
高瀬綾恵、野崎実穂、伊藤愛子、松原明久、吉田宗徳、小椋祐一郎:手術加療が必要となったポスナー・シュロスマン症候群8例の検討
菅啓治、平野佳男、吉田宗徳、小椋祐一郎:シングルピースアクリルレンズのIOL MasterTM用のA定数の検討
杉谷和彦、平野佳男、吉田宗徳、小椋祐一郎:ヘルペス脳炎後に発症した急性網膜壊死
佐藤里奈、平野佳男、石神裕子、太田聡、小椋祐一郎:未熟児網膜症の発症・進展における単胎と多胎の関与
服部知明、中沢陽子、鈴木啓史、荻野浩幸:サイバーナイフが有用であった前立腺癌眼窩内転移の1例
第47回網膜硝子体学会総会・第25回日本眼循環学会 合同学会(京都) 平成20年11月28日〜30日
平野佳男、野崎実穂、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:傍中心窩毛細血管拡張症に対するトリアムシノロン併用網膜光凝固術の治療成績
藤野晋平、安川力、奥田正俊、新井根一、鈴木東光、森田裕、芦苅正幸、櫻井英二、吉田宗徳、小椋祐一郎:加齢黄斑変性に対する経瞳孔温熱療法の長期予後
欄崇子、芦苅正幸、安川力、三宅孝知、倉知豪、吉田宗徳、小椋祐一郎:加齢黄斑変性の陳旧例に対するトリアムシノロン併用光線力学的療法の治療成績
石神裕子、臼井嘉、平野佳男、小椋祐一郎:両眼黄斑部漿液性網膜剥離を伴った高血圧性脈絡膜症

Menuへ戻る

講演・その他

第5回東海AMD研究会(名古屋) 平成20年1月17日
小椋祐一郎(総括)
伊藤逸毅、安川力(座長):PDTの現状と今後
芦苅正幸:トリアムシノロン併用光線力学療法
第8回千葉臨床眼科フォーラム(千葉) 平成20年2月23日
小椋祐一郎:黄斑疾患診療の進歩 特別講演
ミケランLA点眼液 発売記念講演会 in 東海(名古屋)平成20年2月28日
小椋祐一郎(座長):緑内障薬物治療の私のこだわり
第2回Ophthalmology 2008 九州眼科アカデミー(福岡) 平成20年3月29日
小椋祐一郎:黄斑疾患診療の進歩
第2回桜山糖尿病と網膜症研究会(名古屋) 平成20年4月3日
吉田宗徳(座長):一般演題
平野佳男:糖尿病黄斑浮腫の病態と治療 一般演題
第2回桜山病診連携フォーラム(名古屋) 平成20年4月5日
吉田宗徳、玉井一司(オーガナイザー):黄斑診療のコツと落とし穴 診断編・治療編 パネルディスカッション
安川力、芦苅正幸(パネリスト):黄斑診療のコツと落とし穴 診断編・治療編 パネルディスカッション
小椋祐一郎(座長):緑内障診療のアップデート 教育講演
野崎実穂:緑内障診療のアップデート 教育講演
愛知県眼科医会 第1回学術研修会(名古屋) 平成20年5月10日
安川力:加齢黄斑変性の基礎と臨床
岩倉市医師会学術講演会(岩倉) 平成20年5月16日
野崎実穂:糖尿病網膜症の最新治療
第2回四国Eyeランドセミナー(高松) 平成20年5月17日〜18日
小椋祐一郎:極小切開硝子体手術
第10回O・S・C(Ophthalmic Surgery Club)Final Summit in 洞爺(北海道)平成20年5月24日
小椋祐一郎(オーガナイザー):記念講演
小椋祐一郎:OSC10年の歩み 記念講演
第7回硝子体手術ビデオセミナー(東京) 平成20年6月8日
小椋祐一郎(オーガナイザー):硝子体手術のTips & Pitfalls
第6回東海AMD研究会(名古屋) 平成20年7月10日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):一般講演
所真由美:AMDに対する放射線治療の長期経過
第15回やまがたDM meeting(山形) 平成20年7月18日
小椋祐一郎:糖尿病網膜症―病態研究と治療の進歩 特別講演
テレフォンカンファレンス 平成20年8月28日
小椋祐一郎:加齢黄斑変性治療における抗血管新生薬
愛知県眼科医会 第3回学術研修会(名古屋) 平成20年8月31日
櫻井英二:網膜光凝固術とVEGF
浜松眼科フォーラム(浜松) 平成20年9月19日
小椋祐一郎:黄斑疾患診療の進歩 特別講演
Meet The Specialist (MTS) in Nagoya(名古屋) 平成20年10月2日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長)
安川力:加齢黄斑変性の基礎〜炎症との関連〜
マクジェン®新発売記念講演会(大阪) 平成20年10月4日
高橋寛二、小椋祐一郎:日本のマクジェン臨床試験症例と硝子体内注射の注意点
第2回Nagoya Eye Surgery Seminar(NESS)(名古屋) 平成20年10月7日
植田次郎:25G用シリコンオイル注入カニューラの使用経験 一般講演
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):あなたならどうする?緑内障の手術戦略 パネルディスカッション
奥田正俊、島貴久、野崎実穂、中村誠(パネリスト):あなたならどうする?緑内障の手術戦略 パネルディスカッション
第8回愛知眼科医療研究会(名古屋) 平成20年10月30日
小椋祐一郎(座長):特別講演 
第50回日本手術看護学会東海地区(名古屋) 平成20年11月8日
山田潔:眼科手術のポイント〜白内障・緑内障・硝子体手術〜 特別講演
2nd Ophthalmic Surgery Theater(東京) 平成20年11月15日〜16日
湯沢美都子、小椋祐一郎:AMD治療の本音 
PDTカンファレンス(名古屋) 平成20年12月3日
安川力、石川浩平(オーガナイザー):症例検討
第231回長野眼科医会集談会・第25回信州臨床眼科研究会(松本) 平成20年12月14日
小椋祐一郎:黄斑疾患診療の進歩 特別講演

Menuへ戻る

総説、解説

松原明久、小椋祐一郎:糖尿病網膜症の最新治療戦略 増殖糖尿病網膜症に対する極小切開硝子体手術. 眼科手術 21:33-37、2008.
野崎実穂、小椋祐一郎:抗VEGF抗体の眼科臨床応用 網膜静脈閉塞症. 眼科50:1711-1719、2008.
北岡隆、小椋祐一郎:新しい治療と検査シリーズ 極小切開硝子体手術の適応. あたらしい眼科 25:1531-1532、2008.

Menuへ戻る

欧文原著

Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol
Takase A, Yasukawa T, Kato A, Ogura Y : Suppressive effect of short-interfering RNA on hyperglycemia-induced expression of intercellular adhesion molecule-1 on cultured vascular endothelial cells. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 246 : 989-992, 2008.
Sato R, Yasukawa T, Hirano Y, Ogura Y : Early-onset macular holes following ruptured retinal arterial macroaneurysms. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 246 : 1779-1782, 2008.
Adv Exp Med Biol
Raisler BJ, Nozaki M, Baffi J, Hauswirth WW, Ambati J : Toward a higher fidelity model of AMD. Adv Exp Med Biol 613 : 185-192, 2008.
Am J Ophthalmol
Inatani M, Iwao K, Kawaji T, Hirano Y, Ogura Y, Hirooka K, Shiraga F, Nakanishi Y, Yamamoto H, Negi A, Shimonagano Y, Sakamoto T, Shima C, Matsumura M, Tanihara H : Intraocular pressure elevation after injection of triamcinolone acetonide: a multicenter retrospective case-control study. Am J Ophthalmol 145 : 676-681, 2008.
Invest Ophthalmol Vis Sci
Mizuno D, Matsubara A, Ogura Y : Effect of posterior sub-tenon administration of triamcinolone acetonide on leukocyte dynamics in rat retinal microcirculation after panretinal photocoagulation. Invest Ophthalmol Vis Sci 49 : 2127-2133, 2008.
Nature
Kleinman ME, Yamada K, Takeda A, Chandrasekaran V, Nozaki M, Baffi JZ, Albuquerque RJ, Yamasaki S, Itaya M, Pan Y, Appukuttan B, Gibbs D, Yang Z, Karikó K, Ambati BK, Wilgus TA, DiPietro LA, Sakurai E, Zhang K, Smith JR, Taylor EW, Ambati J : Sequence-and target-independent angiogenesis suppression by siRNA via TLR3. Nature 452 : 591-597, 2008.
Ophthalmic Surge Lasers Imaging
Takayama K, Yasukawa T, Okada M, Sumida A, Watanabe N, Uchida S : Large blunt scleral rupture without retinal detachment. Ophthalmic Surge Lasers Imaging 39 : 242-245. 2008.

Menuへ戻る

邦文原著

日本眼科学会雑誌
高橋寛二、石橋達朗、小椋祐一郎、湯澤美都子、厚生労働省網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班加齢黄斑変性診断基準ワーキンググループ:加齢黄斑変性の分類と診断基準. 日本眼科学会雑誌 112:1076-1084、2008.
吉村将典、平野佳男、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:トリアムシノロン局所投与後の後嚢下白内障の発症頻度. 日本眼科学会雑誌 112:786-789、2008.
あたらしい眼科
加藤崇子、松原明久、倉知豪、久保田文洋、吉田宗徳、小椋祐一郎:極小切開白内障・硝子体同時手術の成績. あたらしい眼科 25:733-736、2008.
臨床眼科
久保田文洋、安川力、松原明久、鈴木景子、塚本比奈子、小椋祐一郎:特発性眼窩炎症に虚血性視神経症を合併したと思われる1例. 臨床眼科 62:1289-1292、2008.
その他
伊藤愛子、櫻井英二、平野佳男、板谷正博、小椋祐一郎:ストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスにおける脈絡膜新生血管の検討. 厚生労働科学研究研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書 33-35、2008.
野崎実穂、水谷武史、服部知明、吉田宗徳、小椋祐一郎:脈絡膜新生血管抜去術の長期成績.  厚生労働科学研究研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書 58-60、2008.
所真由美、安川力、櫻井英二、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性に対する低線量放射線治療の長期成績.  厚生労働科学研究研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書 81-83、2008.
安川力、高瀬綾恵、西脇晶子、小椋祐一郎:In vitro ドルーセンモデルとしての網膜色素上皮細胞の3次元培養.  厚生労働科学研究研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書 164-166、2008.

Menuへ戻る