業績集 2009年

タイトル

学会発表

厚生労働省特定疾患 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成20年度 班会議(名古屋) 平成21年1月16日〜17日
所真由美、野崎実穂、芦苅正幸、板谷正博、小椋祐一郎:オステオポンチン阻害による脈絡膜
野崎実穂、武田篤信、服部知明、山田潔、Kleinman ME、Ambati J、小椋祐一郎:Toll-like receptorを介したsiRNAによる血管新生抑制
高瀬綾恵、安川力、西脇晶子、佐藤里奈、小椋祐一郎:ブルッフ膜生成機序とベストロフィン
佐藤里奈、安川力、高瀬綾恵、西脇晶子、小椋祐一郎:網膜色素上皮のリポ蛋白産生とアミロイドβの関連
第32回日本眼科手術学会総会(神戸) 平成21年1月23日〜1月25日
小椋祐一郎、寺崎浩子(オーガナイザー):教育セミナー12 網膜硝子体―糖尿病網膜症の硝子体手術―
小椋祐一郎:基本手術手技 教育セミナー12 網膜硝子体―糖尿病網膜症の硝子体手術―
小椋祐一郎、喜多美穂里、堀尾直市、鈴間潔:網膜硝子体―硝子体手術における最新眼内観察システム活用法(内視鏡、ワイドビュー、シャンデリアと25G、23G硝子体手術) インストラクションコース
臼井嘉、森田裕、伊藤翠、平原修一郎、平野佳男、吉田宗徳、小椋祐一郎:25ゲージ硝子体手術後に発症した眼内炎
高井祐輔、高瀬綾恵、佐藤里奈、松原明久、安川力、野崎実穂、小椋祐一郎:急性閉塞隅角緑内障に対する白内障手術と虹彩切開術との比較
植田次郎、松原明久、吉田宗徳、小椋祐一郎:25G用シリコンオイル注入カニューラの使用経験
新井根一、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:裂孔原性網膜剥離の硝子体手術における意図的裂孔作成が視野に与える影響
第418回東海眼科学会(名古屋) 平成21年2月14日
野崎実穂、高井祐輔、高瀬綾恵、伊藤愛子、松原明久、小椋祐一郎:ラタノプロストからトラボプロストへの切り替え効果
日江井佐知子、芦苅正幸、山田潔、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性に対するpegaptanib硝子体内投与の短期成績
The 34th Annual Meeting of Japanese Society for Microcirculation(東京) 平成21年2月21日〜22日
Ogura Y (Chair) : Special Lecture (Room A)
Tokoro M, Nozaki M, Ashikari M, Itaya M, Ogura Y : Osteopontin blockade suppresses laser-induced choroidal neovascularization in mice.
Nozaki M, Ashikari M, Tokoro M, Itaya M, Ogura Y : Non-targeted siRNA suppresses laser-induced choroidal neovascularization.
第113回日本眼科学会総会(東京) 平成21年4月16日〜19日
小椋祐一郎、山下英俊(オーガナイザー):抗血管新生治療の新戦略―血管細胞生物からのアプローチ
小椋祐一郎:診断基準作成の経緯と新分類 教育セミナー4 加齢黄斑変性の分類と診断基準―新しい考え方
安川力:加齢黄斑変性の前駆病変 教育セミナー4 加齢黄斑変性の分類と診断基準―新しい考え方
安川力:異常眼底自発蛍光の発生機序と加齢黄斑変性との関連 シンポジウム10 眼底自発蛍光で何がわかるか?
高瀬綾恵、安川力、西脇晶子、Widemann P、小椋祐一郎:ブルッフ膜生成のメカニズム及びベストロフィンの機能解明
佐藤里奈、安川力、高瀬綾恵、西脇晶子、Widemann P、小椋祐一郎:網膜色素上皮細胞の3次元培養システムによるアミロイドβ発現の意義の解明
所真由美、野崎実穂、小椋祐一郎:オステオポンチン阻害による脈絡膜新生血管抑制
2009 ARVO(Association for Research in Vision and Ophthalmology)Annual Meeting Eyes on innovation(フォートローダーデール、米国) 平成21年5月3日〜5月7日
Kleinman ME, Cho W, Baffi JZ, Albuquerque RJC, Nozaki M, Kaneko H, Saito K, Rich MG, Rothenberg ME, Ambati J : Pro-vascular mechanisms and in vivo imaging strategies of CCR3, a specific biomarker for neovascular AMD. 441 Hot Topics in Angiogenesis-Cross-Sectional Session
Feinstein E, Ashush H, Kleinman ME, Nozaki M, Kalinski H, Mett I, Ambati J : PF-04523655 (REDD14), an siRNA compound targeting RTP801, penetrates retinal cells producing target gene knockdown and avoiding TLR3 activation. 533 Angiogenesis: Mechanisms and Pharmaco-Inhibition
9th Euretina Congress(ニース、フランス) 平成21年5月14日〜17日
Ogura Y : Imaging to monitor retinal tissue response by PASCAL® laser photocoagulation. Session 1 – Imaging to Monitor Progression
Sato R, Nozaki M, Ogura Y : Influence of scleral buckling surgery on higher-order wavefront aberrations. Free Paper Sessions: Imaging
The 24th Congress of APAO (Asia Pacific Academy of Ophthalmology) (バリ、インドネシア) 平成21年5月16日〜19日
Yasukawa T, Wiedemann P, Nishiwaki A, Takase A, Sato R, Ogura Y : Three-dimensional spheroid culture visualizing membranogenesis of Bruch’s membrane and basal functions of retinal pigment epithelium.
Nishiwaki A, Yasukawa T, Takase A, Ogura Y, Wiedemann P : Three-dimensional spheroid culture of retinal pigment epithelial cells as a drusen model.
Takase A, Yasukawa T, Nishiwaki A, Sato R, Wiedemann P, Ogura Y : Role of bestrophin in retinal pigment epithelium.
第419回東海眼科学会(浜松) 平成21年6月21日
森田裕、植田次郎、小椋祐一郎:Eternity X70の使用経験
スリーサム・イン なにわ(大阪) 平成21年7月10日〜7月12日
野崎実穂:治療に使う薬の基礎 コメディカルプログラム2 薬の基礎知識
107th Deutsche Ophthalmologische Gesellschaft e.V.(DOG) Congress(ライプチヒ、ドイツ) 平成21年9月24日〜9月27日
Yasukawa T, Wiedemann P, Eichler W, Yafai Y, Nishiwaki A, Bringmann A, Ogura Y : Multicellular spheroid culture of retinal pigment epithelial cells enhancing differentiation as an epithelium and formation of Bruch ‘s membrane.
第63回日本臨床眼科学会(福岡) 平成21年10月9日〜10月12日
小椋祐一郎、白神史雄(オーガナイザー):抗血管新生治療の適応と実際 シンポジウム9
野崎実穂:レーザー治療 シンポジウム11 糖尿病網膜症に対する新たな治療戦略
安川力:眼内へのサイトカインや抗体のデリバリーの試み シンポジウム12 眼科領域におけるドラッグデリバリーシステムのアップデート
永井博之、平野佳男、吉田宗徳、小椋祐一郎:硝子体内薬物注射に伴う合併症の検討
高野晶子、芦苅正幸、安川力、平野佳男、森田裕、高瀬綾恵、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性に対するペガプタニブ硝子体内投与の短期治療成績
植田次郎、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:網膜光凝固後の組織反応の光干渉断層計による評価―PASCAL®と従来レーザーとの比較
佐藤里奈、野崎実穂、高井祐輔、高瀬綾恵、伊藤愛子、松原明久、小椋祐一郎、尾関年則:ラタノプロストからトラボプロストへの切り替え効果
横山佐知子、中沢陽子、谷口香織、野崎実穂:視神経周囲に腫瘍と骨欠損のみられた視神経繊維腫症1型の2症例
第50回日本脈管学会総会(東京) 平成21年10月29日〜31日
小椋祐一郎:網膜微小循環での白血球動態とその病態への関与 シンポジウム12日本微小循環学会 臓器微小循環―普遍性と臓器特異性―
第20回日本緑内障学会(沖縄) 平成21年11月13日〜15日
平原修一郎、高瀬綾恵、安川力、野崎実穂、小椋祐一郎:トラボプロスト点眼により嚢胞様黄斑浮腫を生じた1例
第54回日本未熟児新生児学会・学術集会(横浜) 平成21年11月29日〜12月1日
中沢陽子、平野佳男、福田純男、鈴木悟:未熟児網膜症重症度と出生体重標準偏差値の関係―在胎期間別出生児身体発育基準値を用いた検討―
第48回網膜硝子体学会総会・第26回日本眼循環学会・第15回日本糖尿病眼学会総会 NOW2009(名古屋) 平成21年12月4日〜6日
小椋祐一郎、竹内忍(オーガナイザー):田野・樋田メモリアルシンポジウム シンポジウム1
松原明久:白血球動態からみた薬物と網膜微小循環 シンポジウム3「薬物と眼循環」
高橋寛二、吉田宗徳(オーガナイザー):眼底画像診断の進歩-蛍光眼底造影で病態を探る〜見逃すな!眼底からのメッセージ〜 教育セミナー1
安川力:加齢黄斑変性と類縁疾患の造影所見と治療方針 教育セミナー1「眼底画像診断の進歩-蛍光眼底造影で病態を探る〜見逃すな!眼底からのメッセージ〜」
小椋祐一郎(座長):白内障手術進化論 〜その進化が網膜硝子体術者に与えるインパクトとは?!〜 ランチョンセミナー1
小椋祐一郎(座長):見える喜び いつまでも―AMD患者のより良い視力予後をめざして ランチョンセミナー4
小椋祐一郎(座長):糖尿病網膜症診療の新たな展開 ランチョンセミナー7
野崎実穂:網膜機能画像イメージングRetinal Function Imagerによる網膜微小循環の評価 ランチョンセミナー7「糖尿病網膜症診療の新たな展開」
森田裕:ランチョンセミナー5「検証! 網膜硝子体疾患に対する眼内レンズ」
吉田宗徳 硝子体可視化の歴史 ランチョンセミナー9「再考―網膜硝子体手術における可視化剤―」
小椋祐一郎:抗VEGF治療の次ぎに来るもの イブニングセミナー1「ミツコの部屋 ―ワインと加齢黄斑変性の夕べ―」
小椋祐一郎(座長):エッジプラス登場で小切開硝子体手術のゲージ選択はどう変わる? イブニングセミナー3
安川力:加齢黄斑変性の一次予防 フェアウェルセミナー「加齢黄斑変性の一次予防・二次予防とは?」
芦苅正幸、野崎実穂、所真由美、板谷正博、小椋祐一郎:Small interference RNA (siRNA) による脈絡膜新生血管抑制
平野佳男、伊藤愛子、野崎実穂、小椋祐一郎:網膜光凝固後のVEGF発現量の比較 –PASCAL® vs.通常凝固-
武田篤信、野崎実穂、山田潔、小椋祐一郎、石橋達朗、Jayakrishna Ambati:脈絡膜血管新生におけるケモカイン受容体CCR3の役割と臨床応用の可能性

Menuへ戻る

講演・その他

タプロス®点眼液新発売記念講演会IN東海(名古屋) 平成21年1月17日
寺崎浩子、小椋祐一郎(座長):緑内障の検査・診断
第7回東海AMD研究会(名古屋) 平成21年1月29日
野崎実穂:加齢黄斑変性(AMD)と血管内皮増殖因子(VEGF)
第1回神奈川県眼科ウィークエンドセミナー(横浜) 平成21年1月31日
小椋祐一郎:黄斑疾患診療の進歩 特別講演
マクジェン硝子体内注射用キット0.3mg 新発売記念講演会(金沢) 平成21年1月31日
野崎実穂:加齢黄斑変性(AMD)と血管内皮増殖因子(VEGF)
刈谷眼科ブロック講演会(刈谷) 平成21年3月12日
野崎実穂:角膜はなぜ透明なのか
第3回桜山糖尿病と網膜症研究会(名古屋) 平成21年4月2日
吉田宗徳(座長):糖尿病網膜症治療戦略のEBM 特別講演
野崎実穂:次世代網膜光凝固装置による糖尿病網膜症の治療 一般演題
第3回桜山病診連携フォーラム(名古屋) 平成21年4月5日
玉井一司、尾関年則(オーガナイザー):名市大緑内障外来のすべて パネルディスカッション
野崎実穂、松原明久、高瀬綾恵(パネリスト):名市大緑内障外来のすべて パネルディスカッション
吉田宗徳(座長):加齢黄斑変性の新しい診断基準と治療法 教育講演
安川力:加齢黄斑変性の新しい診断基準と治療法 教育講演
キサラタン発売10周年記念講演会(名古屋) 平成21年6月21日
野崎実穂:キサラタンの眼圧下降効果 一般講演
北信眼科講演会(長野) 平成21年7月4日
安川力:加齢黄斑変性の基礎と臨床 特別講演
関西眼科先進医療研究会(大阪) 平成21年7月8日
安川力:加齢黄斑変性の病態と網膜色素上皮の生理機能 特別講演
第8回東海AMD研究会(名古屋) 平成21年7月16日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):一般講演
高野晶子:Pegaptanib Sodium(Macugen®)の短期成績
第30回東海緑内障の会 30周年記念シンポジウム(名古屋) 平成21年7月25日
小椋祐一郎(座長):緑内障診療の進め方と術後管理 特別講演
第3回Nagoya Eye Surgery Seminar (NESS)(名古屋) 平成21年9月1日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):網膜硝子体手術の諸問題 パネルディスカッション
吉田宗徳:黄斑浮腫の治療戦略 パネルディスカッション 網膜硝子体手術の諸問題
PDTカンファレンス(名古屋) 平成21年9月9日
安川力(座長)
オキュラーサーフィス シンポジウム2009 OSAKA(大阪) 平成21年9月10日
小椋祐一郎:黄斑疾患治療の最先端
第1回鈴鹿・亀山眼科セミナー(鈴鹿) 平成21年9月16日
野崎実穂:名市大緑内障外来のすべて 特別講演
東京慈恵大・名市大 医療・保健学びなおし講座「高齢者の看護アセスメントと基本的スキル」(東京) 平成21年9月21日
安川力:高齢者の感覚機能
第9回愛知眼科医療研究会(名古屋) 平成21年9月24日
小椋祐一郎(座長):一般講演
永井博之:硝子体内薬物投与に伴う合併症の検討 一般演題
土耀会「緑内障手術についての最近の知見」(名古屋) 平成21年9月26日
野崎実穂:緑内障治療 次の一手
平成21年度厚生労働科学費補助金 政策創薬総合研究推進事業 第34回ヒューマンサイエンス総合研究セミナー(東京) 平成21年9月30日
小椋祐一郎:糖尿病網膜症の臨床
小椋祐一郎(座長):加齢黄斑変性
安川力:加齢黄斑変性の臨床(病態と治療)
オキュラーサーフィス シンポジウム2009 TOKYO(東京) 平成21年10月1日
小椋祐一郎:黄斑疾患治療の最先端
西濃地区黄斑疾患勉強会(大垣) 平成21年10月26日
安川力:カラー眼底写真で診る黄斑疾患診療のコツ 特別講演
第3回Midland Seminar of Ophthalmology(名古屋) 平成21年10月31日
小椋祐一郎(座長): 演題Ⅱ
関東AMD研究会(東京) 平成21年10月31日
安川力:加齢黄斑変性の治療戦略 特別講演
加齢黄斑変性の診断と治療(神戸) 平成21年11月7日
小椋祐一郎:加齢黄斑変性の治療の進歩 Special Lecture 2
第2回大雄会病院病診連携症例検討会(小牧) 平成21年11月7日
吉田宗徳:糖尿病網膜症の最新治療 特別講演
第7回MOA研究会(愛知県眼科研究会 = Meeting of Ophthalmology in Aichi)(名古屋) 平成21年11月28日
野崎実穂:次世代網膜光凝固装置による糖尿病網膜症の治療 特別講演
硝子体手術講演会(高山) 平成21年11月13日
小椋祐一郎:低侵襲網膜硝子体手術

Menuへ戻る

著書

安川力、小椋祐一郎:硝子体手術における眼内充填物質の選択. 眼科インストラクションコースNo.20眼科診療のスキルアップ 網膜硝子体編、東京、メジカルビュー社、148-154、2009.

Menuへ戻る

総説・解説

あたらしい眼科
高橋寛二、小椋祐一郎:光干渉断層計(OCT)はこう読む. あたらしい眼科 26:581-582、2009.
平野佳男:【光干渉断層計(OCT)はこう読む】黄斑上膜はこう読む. あたらしい眼科 26:591-595、2009.
眼科手術
吉田宗徳:【硝子体手術におけるタンポナーデ物質】液体パーフルオロカーボン その適応と実際の使用法. 眼科手術 22:31-35、2009.
吉田宗徳:眼科診療におけるべからず集 小切開硝子体手術 無縫合にこだわるべからず. 眼科手術 22:217、2009.
安川力:【滲出型加齢黄斑変性に対するPDT-薬剤併用療法】PDT-ステロイド併用療法. 眼科手術 22:305-312、2009.
吉田宗徳:ワンポイントアドバイス 極小切開硝子体手術での増殖膜切除のコツ. 眼科手術 22:504-505、2009.
眼科ケア
芦苅正幸:【新人眼科スタッフ1週間トレーニング!あつかうモノとやるコト】よく使う点眼薬とさしかたの基本. 眼科ケア 11:314-318、2009.
松原明久:【新人眼科スタッフ1週間トレーニング!あつかうモノとやるコト】コンタクトレンズの種類と処方までの流れ. 眼科ケア 11:346-350、2009.
高瀬綾恵:【新人さん必見 まんがでまるごと!目の病気】緑内障. 眼科ケア 11:454-455、2009.
吉田宗徳:【誤解だらけの糖尿病網膜症】糖尿病網膜症患者さんの誤解を解く! 硝子体手術で硝子体を取ってしまったら、眼の中は空っぽになってしまうんですか? 眼科ケア 11:1134-1137、2009.
眼科プラクティス
安川力:【眼科レーザー治療】ドルーゼンの光凝固. 眼科プラクティス 26:105-107、2009.
安川力:【眼科レーザー治療】網膜のレーザー凝固とサイトカイン. 眼科プラクティス 26:112-113、2009.
安川力:【理に適った網膜復位術】発生機序と治療原理 網膜剥離の機序. 眼科プラクティス 30:16-20、2009.

Menuへ戻る

欧文原著

Curr Eye Res
Miyaki K, Matsubara A, Nishiwaki A, Tomida K, Morita H, Yoshida M, Ogura Y : Pitavastatin attenuates leukocyte-endothelial interactions induced by ischemia-reperfusion injury in the rat retina. Curr Eye Res 34 : 10-17,2009.
Proc Natl Acad Sci USA
Cho WG, Albuquerque RJC, Kleinman ME, Tarallo V, Greco A, Nozaki M, Green MG, Baffi JZ, Ambati BK, De Falco M, Alexander JS, Brunetti A, De Falco S, Ambati J : Small interfering RNA-induced TLR3 activation inhibits blood and lymphatic vessel growth. Proc Natl Acad Sci USA 106 : 7137-7142, 2009.
Nature
Takeda A, Baffi JZ, Kleinman ME, Cho WG, Nozaki M, Yamada K, Kaneko H, Albuquerque RJC, Dridi S, Saito K, Raisler BJ, Budd SJ, Geisen P, Munitz A, Ambati BK, Green MG, Ishibashi T, Wright JD, Humbles AA, Gerard CJ, Ogura Y, Pan Y, Smith JR, Grisanti S, Hartnett ME, Rothenberg ME, Ambati J : CCR3 is a target for age-related macular degeneration diagnosis and therapy. Nature 460 : 225-230, 2009.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol
Hirata M, Yasukawa T, Wiedemann P, Kimura E, Kunou N, Eichler W, Takase A, Sato R, Ogura Y : Fundus autofluorescence and fate of glycoxidized particles injected into subretinal space in rabbit age-related macular degeneration model. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 247 : 929-937, 2009.
Jpn J Ophthalmol
Hirano Y, Ito T, Nozaki M, Yasukawa T, Sakurai E, Yoshida Y, Ogura Y : Intraocular pressure elevation following triamcinolone acetonide administration as related to administration routes. Jpn J Ophthalmol 53 : 519-522, 2009.

Menuへ戻る

邦文原著

臨床眼科
菅啓治、平野佳男、吉田宗徳、小椋祐一郎:シンングルピースアクリルレンズのIOL MasterTM用のA定数の検討. 臨床眼科 63:1113-1118、2009.
日江井佐知子、芦苅正幸、安川力、櫻井英二、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性への光線力学療法に対する同時期白内障手術の影響. 臨床眼科 63:1269-1274、2009.
眼科臨床紀要
藤野晋平、奥田正俊、吉田宗徳、安川力、新井根一、鈴木東光、森田裕、芦苅正幸、櫻井英二、小椋祐一郎:加齢黄斑変性に対する経瞳孔温熱療法の長期予後. 眼科臨床紀要 2:929-934、2009.
その他
所真由美、野崎実穂、芦苅正幸、板谷正博、小椋祐一郎:オステオポンチン阻害による脈絡膜.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成20年度総括・分担研究報告書 48-50、2009.
野崎実穂、武田篤信、服部知明、山田潔、Kleinman ME、Ambati J、小椋祐一郎:Toll-like receptorを介したsiRNAによる血管新生抑制.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成20年度総括・分担研究報告書 51-53、2009.
高瀬綾恵、安川力、西脇晶子、佐藤里奈、小椋祐一郎:ブルッフ膜生成機序とベストロフィン.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成20年度総括・分担研究報告書 121-123、2009.
佐藤里奈、安川力、高瀬綾恵、西脇晶子、小椋祐一郎:網膜色素上皮のリポ蛋白産生とアミロイドβの関連.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成20年度総括・分担研究報告書 124-125、2009.

Menuへ戻る