業績集 2010年

タイトル

学会発表

厚生労働省特定疾患 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成21年度 班会議(名古屋) 平成22年1月15日〜16日
野崎実穂、中島敦志、守本亘孝、加藤憲明、小椋祐一郎:アルドーズ還元酵素阻害剤Fidarestatによる脈絡膜新生血管抑制
平野佳男、櫻井英二、松原明久、小椋祐一郎:網膜へのsmall interfering RNAプラスミド導入によるICAM-1の抑制
第33回日本眼科手術学会総会(東京) 平成22年1月22日〜1月24日
小椋祐一郎:網膜硝子体手術のフィロス 特別講演2
瓶井資弘、吉田宗徳(座長):一般講演 網膜硝子体「静脈閉塞症/抗VEGF療法」
飯島裕幸、高橋寛二、安川力、尾花明、松本容子:加齢黄斑変性の治療戦略 インストラクションコース13
杉谷和彦、高瀬綾恵、吉田宗徳、小椋祐一郎:裂孔原性網膜剥離に対する25G硝子体手術成績 学術展示 網膜硝子体「MIVS」
大曽根大典、平野佳男、植田次郎、吉田宗徳、小椋祐一郎:増殖糖尿病網膜症に対する25ゲージ硝子体手術の治療成績と合併症の検討 一般講演 網膜硝子体「MIVS(2)」
望月里恵、植田次郎、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:PASCAL®による網膜光凝固の治療成績 一般講演 網膜硝子体「その他」
第420回東海眼科学会(名古屋) 平成22年2月6日
植田次郎、野崎実穂、小椋祐一郎:新しい非侵襲的網膜機能画像イメージングRetinal Function Imagerの使用経験
The 35th Annual Meeting of Japanese Society for Microcirculation(大宮) 平成22年2月26日〜27日
Ogura Y (Chair) : Special Lecture (Room A)
Hirano Y, Sakurai E, Matsubara A, Ogura Y : Suppression of ICAM-1 in retinal and choroidal endothelial cells by plasmid small-interfering RNAs in vivo.
Nozaki M, Ueda J, Ogura Y : Retinal function imager; a new, non-invasive diagnostic modality to measuring blood flow velocity and imaging of retinal capillary map.  Free Paper (5) Retinal Microcirculation.
Ohta S, Matsubara A, Hattori T, Taniguchi K, Ogura Y : In vivo evaluation of leukocyte dynamics and retinal thickness in retinal ischemia reperfusion injury by transient elevation of intraocular pressure.   Free Paper (5) Retinal Microcirculation
第114回日本眼科学会総会(名古屋) 平成22年4月15日〜18日
小椋祐一郎、湯澤美都子(オーガナイザー):加齢黄斑変性治療の最前線 シンポジウム2
小椋祐一郎(オーガナイザー):CRVO治療の新たな展開 ランチョンセミナー2
小椋祐一郎(座長):眼科におけるトリアムシノロンの活用法 モーニングセミナー4
吉田宗徳:網膜静脈閉塞症の診断と治療 サブスペシャリティサンデー3「後眼部疾患」
野崎実穂、中島淳志、守本亘孝、加藤憲明、小椋祐一郎:アルドース還元酵素阻害剤Fldarestatによる脈絡膜新生血管抑制
ARVO(Association for Research in Vision and Ophthalmology) 2010 Annual Meeting(フォートローダーデール、米国)平成22年5月2日〜5月6日
Ozone D, Hirano Y, Ueda J, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y : Surgical results of 25 gauge vitrectomy for proliferative diabetic retinopathy.
Hirano Y, Ito A, Nozaki M, Ogura Y : Pascal laser photocoagulation induces less vegf expression in murine retina than conventional laser treatment.
Sugitani K, Nozaki M, Nakajima A, Morimoto N, Kato N, Ogura Y : Anti-cytokine therapy for AMD: fidarestat suppresses laser-induced choroidal neovascularization in mice.
Nagai H, Hirano Y, Yoshida M, Ogura Y : Incidence of the complications after intravitreal injections.
Takase A, Yasukawa T, Wiedemann P, Nishiwaki A, Kato A, Ogura Y : Mechanism of basal membranousgenesis of retinal pigment epithelium and bestrophin.
Sato R, Yasukawa T, Takase A, Kato A, Nishiwaki A, Wiedemann P, Ogura Y : Precursor protein in lipoprotein deposition by retinal pigment epithelium.
第421回東海眼科学会(四日市) 平成22年6月20日
服部知明、森田裕、小椋祐一郎:眼底観察システムResightの使用経験
第49回日本白内障学会総会・第25回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(大阪) 平成22年6月26日
安川力:加齢黄斑変性と白内障手術 共催モーニングセミナー
第27回日本眼循環学会(神戸) 平成22年7月30日〜31日
植田次郎、野崎実穂、小椋祐一郎:Retinal Function Imagerによる網膜微小循環評価
10th Euretina Congress(フランス、パリ) 平成22年9月2日〜5日
Sato R, Mochizuki R, Ueda J, Nozaki M, Ogura Y : Comparative study to evaluate the efficacy of single-session versus multiple-session panretinal phohtocoagulation with pattern scanning laser (PASCAL®). Free Paper Session: Vascular Diseases and Diabetic Retinopathy Ⅲ
Nozaki M, Ueda J, Ogura Y : Retinal function imager; a new, non-invasive diagnostic modality to evaluate the function and morphology of retinal microcirculation. Free Paper Session: Imaging
M. Ashikari, M. Tokoro, M. Nozaki, Y. Ogura: CCR3 antagonist suppresses laser-induced choroidal neovascularization in mice.
Y. Hirano, T. Yasukawa T, Y.Usui, M.Nozaki, Y. Ogura. Indocyanine green angiography-guided laser photocoagulation combined with sub-Tenon’s capsule injection of triamcinolone acetonide for idiopathic macular telangiectasia.
第21回日本緑内障学会(福岡) 平成22年9月24日〜26日
長谷川典生、高瀬綾恵、野崎実穂、安川力、小椋祐一郎:黄斑疾患の患者に偶然みつかったプロスタグランジン製剤による嚢胞様黄斑浮腫の2症例
AAO(American Academy of Ophthalmology) 2010 Joint Meeting(シカゴ、米国) 平成22年10月15日〜19日
Nozaki M, Ueda J, Ogura Y : Blood flow velocity in progressive vs. stable diabetic retinopathy-detected by Retinal Function Imager®.
The 25th APAO(Asia-Pacific Academy of Ophthalmology)Congress – A Joint Meeting of APAO/AAO(中国、北京) 平成22年10月16日〜20日
Sugitani K, Hirano Y, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y : Clinical features in patients with acute retinal necrosisi following herpes virus encephalitis.
XXVIIth Meeting of the Club Jules Gonin(京都) 平成22年11月3日〜11月6日
Ogura Y, Nozaki M, Ueda J : Non-invasive evaluation of the function and morphology of retinal microcirculation by retinal function imager. Session III Rapid Fire Papers : ARMD – Retinal Imaging
Yasukawa T, Wiedemann P, Ogura Y : In vitro drusen model: 3D-spheroid culture of retinal pigment epithelial cells. Session XI Experimental and Clinical studies II
第64回日本臨床眼科学会(神戸) 平成22年11月11日〜11月14日
小椋祐一郎(座長):特別講演2 視覚のロードマップ-君はiを見たか
野崎実穂:Retinal Function Imager 黄斑研究会 シンポジウム2:最先端の画像診断
安川力、JFAMスタディグループ:加齢黄斑変性初期病態に関する臨床研究報告(2)―眼底異常所見と網膜感度の関連― 一般口演1加齢黄斑変性疫学
池森左也佳、加藤亜紀、吉田宗徳、安川力、森田裕、芦苅正幸、高瀬綾恵、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性に対するラニビズマブ硝子体内投与の成績 一般口3加齢黄斑変性治療(1)
城奈々、芦苅正幸、高瀬綾恵、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:慢性型中心性漿液性脈絡膜症に対する生活指導 一般口演17中心性漿液性脈絡膜症・他
臼井英晶、植田次郎、野崎実穂、小椋祐一郎:糖尿病網膜症におけるRetinal Function Imagerを用いた網膜微小循環評価 一般口演60網脈絡膜循環
中沢陽子、植田次郎、横山佐知子、服部知明:視力障害から診断されたIgG4関連症候群の1例 学術展示21神経眼科
網膜2010 第49回網膜硝子体学会総会・第16回日本糖尿病眼学会総会(大阪) 平成22年11月26日〜28日
小椋祐一郎、岸章治(オーガナイザー):糖尿病網膜症における最新の治療戦略 合同シンポジウム
小椋祐一郎(座長):進化する極小小切開硝子体手術(MIVS) ランチョンセミナー3
小椋祐一郎(座長):網膜機能画像の夜明け ランチョンセミナー6
小椋祐一郎:イブニングセミナー1「ミツコの部屋 達人に聞く診断・治療のコツ」
吉田宗徳:MIVSの適応 MIVS教育セミナー 小切開硝子体手術の現状
水谷武史、高瀬綾恵、安川力、伊藤祐也、加藤亜紀、芦苅正幸、森田裕、吉田宗徳、小椋祐一郎:SF6ガス注入による血腫移動術の成績 一般演題(口演)
坂本真帆、加藤亜紀、芦苅正幸、森田裕、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:短期間に多発したトリアムシノロン硝子体内投与後の無菌性眼内炎 一般演題(口演)
伊藤愛子、野崎実穂、杉谷和彦、芦苅正幸、小椋祐一郎:網膜光凝固後の炎症性サイトカイン発現―PASCALと通常凝固との比較― 一般演題(口演)

Menuへ戻る

講演・その他

(財)神奈川科学技術アカデミー(KAST)平成21年度教育講座(神奈川) 平成22年1月19日
小椋祐一郎:生体眼での網膜微小循環動態の評価とその応用 In vivo実験医学の技術革新とヒトへの応用コース
第9回東海AMD研究会(名古屋) 平成22年1月28日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長)
加藤亜紀:名古屋市立大学におけるLucentis®の使用経験
西三河南部眼科フォーラム(三河安城) 平成22年1月28日
野崎実穂:緑内障治療、次の一手
第3回TMD眼科フォーラム(東京) 平成22年1月30日
小椋祐一郎:低侵襲網膜硝子体手術 特別講演Ⅱ
第6回滋賀県眼科治療フォーラム(大津) 平成22年2月6日
小椋祐一郎:黄斑疾患治療の最前線 特別講演Ⅱ
第29回東海北陸眼科医会生涯教育講座(名古屋) 平成22年2月14日
吉田宗徳:黄斑浮腫の診断と治療 糖尿病黄斑浮腫を中心として
記念学術講演会 -ハイパジールコーワ点眼薬0.25%発売10周年- -アバンシィプリセット新発売-(名古屋) 平成22年2月18日
小椋祐一郎(座長):特別講演2 サーカディアンリズムと白内障手術
愛知学院大学 第48回モーニング・セミナー(名古屋) 平成22年3月9日
小椋祐一郎:め・目・眼・・・!―白内障、緑内障、加齢黄斑変性とはどんな病気?
Vail Vitrectomy 2010(ベイル、米国) 平成22年3月13日〜17日
Ogura Y : Endoscope for microincision vitrectomy surgery.
ルミガン点眼液発売記念講演会(名古屋) 平成22年3月27日
小椋祐一郎(座長)
野崎実穂:眼科医人生で一番困った症例
第4回桜山糖尿病と網膜症研究会(名古屋) 平成22年4月1日
吉田宗徳(座長): 一般演題
野崎実穂:Retinal Function Imagerによる非侵襲的網膜微小循環評価 一般演題
第4回桜山病診連携フォーラム(名古屋) 平成22年4月10日
玉井一司、尾関年則(オーガナイザー):病診連携の実際 パネルディスカッション
加藤亜紀、佐藤里奈(パネリスト):病診連携の実際 パネルディスカッション
小椋祐一郎(座長):抗VEGF治療の時代 教育講演
吉田宗徳:抗VEGF治療の時代 教育講演
三重県眼科医会総会・集談会(津) 平成22年4月11日
小椋祐一郎:黄斑疾患治療の最前線 特別講演
第4回網膜硝子体諮問会議(日光) 平成22年5月15日
小椋祐一郎:最新硝子体手術機器
第9回蒲郡学術講演会(蒲郡) 平成22年5月22日
野崎実穂:眼底読映Step Up講座 特別講演
実践!黄斑疾患カンファレンス(名古屋) 平成22年5月26日
安川力、石川浩平(座長)
第9回尾張病診連携(小牧) 平成22年6月2日
野崎実穂:緑内障 次の一手
An Update on VEGF Trap-Eye(ドイツ、ベルリン) 平成22年6月6日
Ogura Y : Phase III trials in AMD
AGENDA VEGF Trap-Eye Investigators’Update Meeting(ドイツ、ベルリン) 平成22年6月8日
Ogura Y : VEGF trap in CRVO (COPERNICUS and GALILEO)
ザラカム配合点眼液新発売記念講演会in愛知(名古屋) 平成22年6月13日
野崎実穂(座長)
三宅三平、森和彦、野崎実穂:ザラカム配合点眼液を考える パネルディスカッション
北見網膜硝子体セミナー(北見) 平成22年6月14日
小椋祐一郎:低侵襲網膜硝子体手術 Lecture & Discussion Ⅱ
第154回名古屋市立大学医学会例会(名古屋) 平成22年6月15日
安川力:加齢黄斑変性と白内障手術 特別講演(Ⅳ)
眼科最新治療フォーラム(徳島) 平成22年6月20日
安川力:眼科領域におけるドラッグデリバリーシステム 特別講演Ⅲ
第10回兵庫県黄斑疾患研究会(神戸) 平成22年7月3日
安川力:アンチエイジングのための炎症〜RPEの生理機能とAMDの病態〜
第9回硝子体手術ビデオセミナー 硝子体手術手技A to Z(東京) 平成22年7月4日
小椋祐一郎、白神史雄(オーガナイザー)
第10回東海AMD研究会(名古屋) 平成22年7月22日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):一般講演
第7回千種眼科勉強会(名古屋) 平成22年7月24日
野崎実穂:眼底読影ステップアップ講座
Japan Macula Club 第12回総会(蒲郡) 平成22年8月21日〜22日
小椋祐一郎:Phakic IOL眼の硝子体手術
第63回新潟臨床眼科研究会(新潟) 平成22年8月29日
小椋祐一郎:黄斑疾患治療の最前線 特別講演
愛知県眼科医会第4回学術研修会(名古屋) 平成22年9月11日
小椋祐一郎(座長):わかりやすい神経眼科
DuoTrav新発売・TravatanZ発売3周年記念講演会(名古屋) 平成22年9月18日
野崎実穂:トラバタンズへの切替効果
第4回Nagoya Eye Surgery Seminar(NESS)(名古屋) 平成22年9月30日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):手術教育―次世代のSurgeonを育てるために― パネルディスカッション
玉井一司:白内障手術教育について
森田裕:網膜硝子体手術教育について
第10回愛知眼科医療研究会(名古屋) 平成22年10月7日
小椋祐一郎(座長):特別講演
城奈々:慢性型中心性漿液性脈絡膜症に対する生活指導 一般演題
名古屋市立大学病院 患者情報ライブラリーセミナー(名古屋) 平成22年10月7日
安川力:丸わかり「高齢者のガン疾患」「高齢者黄斑変性症の症状と予防」
VEGF Trap-Eye Region Asia-Pacific Expert Meeting(シンガポール) 平成22年11月18日
Ogura Y(Discussion leader) : Characteristics of wAMD in Asian Patients.
実践!!黄斑疾患カンファレンス(名古屋) 平成22年12月1日
安川力(座長)
土耀会講演会(名古屋) 平成22年12月11日
安川力:OCTによる診断について

Menuへ戻る

著書

小椋祐一郎: 網膜剥離(裂孔原性網膜剥離). 金澤一郎・永井良三編:今日の診断指針 第6版、東京、医学書院、1622-1624、2010.
小椋祐一郎:硝子体手術後になぜ白内障が進行するのか? 根木昭、田野保雄、大橋裕一、坪田一男、大鹿哲郎編:眼のサイエンス 眼疾患の謎、東京、文光堂、111-112、2010.

Menuへ戻る

総説、解説

大路正人、小椋祐一郎、坂本泰二、白神史雄、平形明人、寺崎浩子、東範行、飯島裕幸、飯田知弘、池田恒彦、石橋達朗、岸章治、竹内忍、中澤満、根木昭、堀貞夫、堀口正之、松村美代、山下英俊、山本修一、湯澤美都子、吉田晃敏、吉村長久;日本網膜硝子体学会:眼内長期滞留ガス(SF6、C3F8)使用ガイドライン. 日本眼科学会雑誌 114:110-115、2010.
小椋祐一郎:眼科医の手引 硝子体手術後に進行する白内障. 日本の眼科 81:317-318、2010.
野崎実穂、小椋祐一郎:特集:内科医のための眼疾患の診かたと治療 3.内科・眼科の医療連携が重要な眼疾患の診断と治療 2)内科的疾患に続発する眼疾患 b)インターフェロン網膜症. Prog Med 30:1269-1272、2010.
山本哲也、小椋祐一郎:眼科薬物療法の新たな展開. あたらしい眼科 27:1323-1324、2010.
野崎実穂、小椋祐一郎:糖尿病網膜症の眼底所見と病理. 日本臨床 68増刊9糖尿病性最小血管症(第2版)発症・進展制御の最前線:224-227、2010.

Menuへ戻る

欧文原著

Acta Ophthalmol
Tano Y, Ohji M; EXTEND-I Study Group : EXTEND-I: safety and efficacy of ranibizumab in Japanese patients with subfoveal choroidal neovascularization secondary to age-related macular degeneration. Acta Ophthalmol 88 : 309-316, 2010.
Am J Ophthalmol
Oshima Y, Kadonosono K, Yamaji H, Inoue M, Yoshida M, Kimura H, Ohji M, Shiraga F, Hamasaki T; Japan Microincision Vitrectomy Surgery Study Group : Multicenter survey with a systematic overview of acute-onset endophthalmitis after transconjunctival microincision vitrectomy surgery. Am J Ophthalmol 150 : 716-725, 2010.
Br J Ophthalmol
Hirano Y, Yasukawa T, Usui Y, Nozaki M, Ogura Y : Indocyanine green angiography-guided laser photocoagulation combined with sub-Tenon’s capsule injection of triamcinolone acetonide for idiopathic macular telangiectasia. Br J Ophthalmol 94 : 600-605, 2010.
Clin Ophthalmol
Hirahara S, Hirano Y, Yasukawa T, Ogura Y : Transient tractional retinal detachment in an eye with retinitis pigmentosa. Clin Ophthalmol 4 : 1115-1118, 2010.
Hirano Y, Yasukawa T, Ogura Y : Optical coherence tomography guided peeling of macular epiretinal membrane. Clin Ophthalmol 5 : 27-29, 2010.
Curr Eye Res
Hattori T, Matsubara A, Taniguchi K, Ogura Y : Aldose reductase inhibitor fidarestat attenuates leukocyte-endothelial interactions in experimental diabetic rat retina in vivo. Curr Eye Res 35 : 146-154, 2010.
Handb Exp Pharmacol
Yasukawa T, Ogura Y : Medical devices for the treatment of eye diseases. Handb Exp Pharmacol 197 : 469-489, 2010.
Int J Hypertens
Hirano Y, Yasukawa T, Ogura Y : Bilateral serous retinal detachments associated with accelerated hypertensive choroidopathy. Int J Hypertens 2010: 964513, 2010
Invest Ophthalmol Vis Sci
Hirano Y, Sakurai E, Matsubara A, Ogura Y : Suppression of ICAM-1 in retinal and choroidal endothelial cells by plasmid small-interfering RNAs in vivo. Invest Ophthalmol Vis Sci 51 : 508-515, 2010.
Ashikari M, Tokoro M, Itaya M, Nozaki M, Ogura Y : Suppression of laser-induced choroidal neovascularization by nontargeted siRNA. Invest Ophthalmol Vis Sci 51 : 3820-3824, 2010.
Ophthalmic Surg Lasers Imaging
Sugitani K, Hirano Y, Yasukawa T, Yoshida M, Ogura Y : Unilateral acute retinal necrosis 2 months after herpes simplex encephalitis. Ophthalmic Surg Lasers Imaging 9 : 1-5, 2010.

Menuへ戻る

邦文原著

野崎実穂、中島淳志、守本亘孝、加藤憲明、小椋祐一郎:アルドース還元酵素阻害剤Fidarestatによる脈絡膜新生血管抑制.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成21年度総括・分担研究報告書 144-146、2010.
平野佳男、櫻井英二、松原明久、小椋祐一郎:網膜へのsmall interfering RNAプラスミド導入によるICAM-1の抑制.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成21年度総括・分担研究報告書 147-149、2010.
臨床眼科
永井博之、平野佳男、吉田宗徳、小椋祐一郎:硝子体内薬物注射に伴う合併症の検討. 臨床眼科 64:1099-1102、2010.
高野晶子、芦苅正幸、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性に対するペガプタニブ硝子体内投与の短期治療成績. 臨床眼科 64:1105-1109、2010.
植田次郎、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:網膜光凝固後の組織反応の光干渉断層計による評価―PASCAL®と従来レーザーとの比較. 臨床眼科 64:1111-1115、2010.
佐藤里奈、野崎実穂、高井祐輔、高瀬綾恵、伊藤愛子、松原明久、小椋祐一郎、尾関年則:ラタノプロストからトラボプロストへの切替え効果. 臨床眼科 64:1117-1120、2010.

Menuへ戻る