業績集 2012年

タイトル

学会発表

厚生労働省特定疾患 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成23年度 班会議(名古屋) 平成24年1月13日~14日
安川力、森隆三郎、五味文、石龍鉄樹、大島裕司;JFAMスタディグループ:加齢黄斑変性初期病態に関する臨床研究報告―異常眼底自発蛍光と網膜感度の変化―
佐藤里奈、安川力、加藤亜紀、大森豊緑、石橋達朗、小椋祐一郎:わが国における視覚障害の原因
水谷武史、芦苅正幸、所真由美、野崎実穂、小椋祐一郎:CCR3拮抗剤による脈絡膜新生血管抑制
第35回日本眼科手術学会総会(名古屋) 平成24年1月27日~1月29日
江口秀一郎、小椋祐一郎(座長):本当に使えるの?新しい白内障手術デバイス ランチョンセミナー7
小椋祐一郎(座長):硝子体手術におけるトリアムシノロン可視化剤の活用法―「マキュエイド硝子体内注用40mg」の使用の実際― ランチョンセミナー15
吉田宗徳、大谷倫裕(座長):一般講演 加齢黄斑変性(2)・その他
飯島裕幸、大野京子、五味文、安川力、大谷篤史:加齢黄斑変性の治療戦略ver.3 インストラクションコース8
野崎実穂(オーガナイザー):しっかり学ぼうレーザー治療の基本. モーニングクルズス1
第424回東海眼科学会(名古屋) 平成24年2月4日
高瀬範明、平原修一郎、丹羽奈緒美、小椋祐一郎:角膜混濁例に対する白内障・硝子体同時手術 ~シャンデリア照明と広角観察システムの有用性~
WOC2012(World Ophthalmology Congress)(アブダビ、アラブ首長国連邦) 平成24年2月16日~20日
Nozaki M, Kubota A, Niwa N, Yoshida M, Ogura Y : Comparison of cytomegalovirus-positive and negative eyes in posner-schlossman syndrome.
Hirahara S, Nozaki M, Yoshida Y, Ogura Y : Ultra-widefield fluorescein angiography with scanning laser ophthalmoscope.
第37回日本微小循環学会総会(盛岡) 平成24年3月16日~17日
Niwa N, Hattori T, Nozaki M, Ogura Y : Topical latanoprost increases retinal flow in the macular circulation. Free Paper(4) Brain, Nerve III
Hattori T, Hirahara S, Nozaki M, Yasukawa T, Yoshida Y, Ogura Y : Ultra-widefield fluorescein angiography with scanning laser ophthalmoscope. Free Paper(4) Brain, Nerve III
第116回日本眼科学会総会(東京) 平成24年4月5日~8日
小椋祐一郎(オーガナイザー): シンポジウム9 新規医薬品はどのように開発・承認されるのか? 
安川力:前駆病変と萎縮型加齢黄斑変性 教育セミナー5 加齢黄斑変性の治療指針
野崎実穂:レーザー手術の進歩 サブスペシャリティサンデー1 後眼部疾患 網膜疾患:手術システム・診断機器の進歩
加藤亜紀、安川力、新井根一、久保田綾恵、小椋祐一郎:組織プラスミノゲン活性化因子による血管新生抑制と滲出型加齢黄斑変性の治療への応用 一般講演 抗VEGF治療他
佐藤里奈、安川力、久保田綾恵、加藤亜紀、西脇晶子、小椋祐一郎:三次元球体培養による網膜色素上皮リポ蛋白産生機能におけるアミロイドβの役割の解明 一般講演 網膜色素上皮細胞
丹羽奈緒美、服部知明、野崎実穂、小椋祐一郎:プロスタグランジン点眼の網膜微小循環への影響―Retinal Function Imagerによる評価 一般講演 薬理
APAO(Asia Pacific Academy of Ophthalmology) Busan 2012(釜山、韓国) 平成24年4月13日~16日
Ogura Y : Ultra-widefield retinal imaging. Symposia: Retina (Medical) 8 Retinal Imaging for Retinal Diseases
Macallister I, Holz F, Roider J, Ogura Y, Korobelnik J-F, Simader C, Stemper B, Hiemeyer F, Sandbrink R, Zeitz O : VEGF trap-eye in central retinal vein occlusion: 1-year results of the phase 3 GALILEO study. Free Papers: Retina (Medical)
Nozaki M : Laser treatment. Instruction Course: Retina (Surgical) Treatment of Diabetic Retinopathy; from ABCs to Updates
Nozaki M, Yoshida M, Ogura Y : Comparison of outcomes of conventional laser vs. Pascal laser for diabetic retinopathy. Posters (Panel): Retina (Surgical)
ARVO2012 (Association for Research in Vision and Ophthalmology)(フォートローダーデール、米国) 平成24年5月6日~5月10日
Ogura S, Yasukawa T, Kato A, Yoshida M, Ogura Y : Indocyanine green angiography-guided assessment and treatment for diabetic macular edema. Poster Session: Diabetic Macular Edema-Clinical Research I
Takase N, Yasukawa T, Kato A, Kubota A, Hattori T, Ogura Y : Impacts of tissue plasminogen activator on type 2 choroidal neovascularization. Poster Session: AMD Clinical Research II
Kato A, Yasukawa T, Arai K, Kubota A, Ogura Y : Tissue plasminogen activator as an anti-angiogenic agent. Poster Session: Angiogenesis and Antiangiogenic Agents
Hirahara S, Mizutani T, Ito A, Nozaki M, Ogura Y: Pattern scan laser photocoagulation induces less VEGF expression than conventional laser in the murine retina. Poster Session: Retinal and Choroidal Neovascularization
Sato R, Yasukawa T, Kubota A, Kato A, Nishiwaki A, Ogura Y: Role of amyloid precursor protein in lipoprotein deposition from retinal pigment epithelium. Paper Session: AMD Cell Biology
Nishikawa K, Nozaki M, Mizutani T, Yoshida M, Ogura Y: The pattern scan yellow laser: evaluation of efficacy and safety. Poster Session: Laser/Choroidal Neovascularization/Retina-RPE Transplantation
Niwa N, Hattori T, Nozaki M, Ogura Y: Topical latanoprost increases retinal blood flow in the macular circulation. Poster Session: Blood Flow
Holz FG, Ogura Y, Roider J, Korobelnik J-F, Stemper B, Vitti R, Berliner AJ, Hiemeyer F, Sandbrink R, Zeits O: Intravitrial aflibercept injection for macular edema in central retinal vein occlusion: 1-year results of the phase 3 GALILEO study. Paper Session: Macular Edema
XXVIIIth Meeting of the Club Jules Gonin(レイキャビック、アイスランド) 平成24年6月20日~6月23日
Yasukawa T, Ogura Y : Indocyanine green angiography-guided assessment and treatment for diabetic macular edema. Session X Rapid fire: diabetic retinopathy and vascular diseases
第423回東海眼科学会(岐阜) 平成24年6月3日
服部知明、吉田宗徳、小椋祐一郎:新しい硝子体手術装置Stellarisの使用経験
加藤亜紀:黄斑浮腫に対する光凝固治療におけるインドシアニングリーン赤外蛍光眼底造影の有用性 第1回指名講演
フォーサム2012横浜(横浜) 平成24年7月14日~16日
小椋俊太郎、平原修一郎、吉田宗徳、野崎実穂、小椋祐一郎:超広角走査型レーザー検眼鏡によるぶどう膜炎の蛍光眼底造影 一般講演9 眼炎症調査
第29回日本眼循環学会(秋田) 平成24年7月27日~28日
小椋祐一郎、米谷新(座長):一般講演1 網膜血管・微小循環
西川薫里、服部知明、野崎実穂、小椋祐一郎:タフルプロスト点眼の網膜微小循環への影響 一般講演1 網膜血管・微小循環
安川力:典型加齢黄斑変性の病態と維持期の管理 ランチョンセミナー1 今一度 加齢黄斑変性の病態から治療を考える
12th Euretina Congress(ミラノ、イタリア) 平成24年9月6日~9日
Nozaki M, Ueda J, Ogura Y : Retinal function; a new, non-invasive diagnostic modality to evaluate the function and morphology of retinal microcirculation. Free Paper Session: Imaging
Fujino S, Nozaki M, Yoshida M, Ogura Y, Takeuchi S : Expression of CCR3 in diabetic proliferative membrane. Free Paper
第32回日本眼薬理学会(大津)平成24年9月15日~16日
小椋祐一郎、原英彰(オーガナイザー):シンポジウムI 抗VEGF治療の基礎と臨床
安川力:加齢黄斑変性に対する抗VEGF治療の現状と展望 シンポジウムI 抗VEGF治療の基礎と臨床
第23回日本緑内障学会(金沢) 平成24年9月28日~30日
亀谷明世、野崎実穂、安川力、小椋祐一郎:PLTの使用経験 一般講演13 流出路手術
第60回日本臨床視覚電気生理学会(名古屋) 平成24年10月5日
吉田宗徳:RVO:治療の最前線 イブニングセミナー 網膜静脈閉塞症の診断・治療最前線
台湾眼科學教授學術醫學會2012秋季検討會(高雄、台湾) 平成24年10月6日~7日
Ogura Y : Update on microincision vitrectomy surgery. 視網膜(Ⅱ)(Surgical retina)
FEBS WORKSHOP Molecular and Cellular Mechanisms in Angiogenesis(カプリ島、イタリア) 平成24年10月14日~17日
Nozaki M, Nakajima A, Morimoto N, kato N, Ogura Y : Anti-angiogenic effect of fidarestat on laser-induced choroidal neovascularization.
第66回日本臨床眼科学会(京都) 平成24年10月25日~10月28日
小椋祐一郎(座長):ランチョンセミナー2 VEGF Trap-Eyeの実力―米国における使用経験―
小椋祐一郎(座長):一般口演49 加齢黄斑変性:抗VEGF薬
菅啓治、安川力、加藤亜紀、森田裕、服部知明、太田聡、佐藤里奈、吉田宗徳、小椋祐一郎:視力良好な滲出型加齢黄斑変性に対するラニビズマブ硝子体内投与の成績 一般口演49 加齢黄斑変性:抗VEGF薬
吉田宗徳:硝子体手術の記録方法 シンポジウム3 硝子体手術のアップデート
吉田宗徳:Optos®200Txでフルオレセイン蛍光眼底造影が変わる ランチョンセミナー29 超広角走査レーザ検眼鏡OptposR 200Txの魅力~Part2~
安川力、萩原章、藤巻拓郎、加藤亜紀、村上晶、山本修一、小椋祐一郎:網膜色素変性に対する9-シス-βカロチン高含有サプリメント摂取の影響の検討 一般口演35 網膜変性2
森圭介、尾花明、飯島裕幸、大野京子、五味文、安川力、大谷篤史:加齢黄斑変性の治療戦略:「識別診断」編 インストレクションコース61中級向
野崎実穂:最新のマルチスポットレーザの使用経験 モーニングセミナー10 いかにPRPを完成させるか?~最新の光凝固装置の有用性~
鈴間潔、長岡泰司、川崎良、高村佳弘、村上智昭、吉田茂生、野崎実穂、喜田照代、井上真:みんなで学ぼう最新糖尿病網膜症―アップデートと症例検討会― インストラクションコース21中級向
佐藤里奈、安川力、加藤亜紀、大森豊緑、石橋達朗、小椋祐一郎:わが国における視覚障害の原因と現状~全国6ブロック無作為抽出の結果~ 一般口演40医療・医政
富安胤太、平原修一郎、吉田宗徳、小椋祐一郎:超広角走査型レーザー検眼鏡による糖尿病網膜症の蛍光眼底造影の有用性 一般口演11 糖尿病網膜症1
第27回日本糖尿病合併症学会・第18回日本糖尿病眼学会総会(福岡) 平成24年11月2日~3日
小椋祐一郎(座長):ランチョンセミナー10「糖尿病網膜症のManagement」
野崎実穂:日韓糖尿病網膜症多施設研究の現状と問題点 シンポジウム7「内科と眼科それぞれの国際間多施設臨床研究の現状と問題点」
平原修一郎、吉田宗徳、小椋祐一郎:糖尿病網膜症における周辺部網膜血管閉塞の意義 一般演題1(口演)「糖尿病網膜症の病態・病理」
佐藤里奈、安川力、加藤亜紀、大森豊緑、石橋達朗、小椋祐一郎:わが国での糖尿病網膜症による視覚障害の現状 一般演題3(口演)「糖尿病網膜症の臨床」
小椋俊太郎、安川力、加藤亜紀、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:びまん性糖尿病黄斑浮腫に対するインドシアニングリーン蛍光眼底造影の有用性 一般演題(口演)6「糖尿病黄斑浮腫2(薬物、その他)」
The 108th Annual Meeting of the Korean Ophthalmological Society(ソウル、韓国) 平成24年11月2日~4日
Kato A, Yasukawa T, Shimada I, Takase N, Morita H, Arai K, Kubota A, Ogura Y : Impacts of tissue plasminogen activator for the treatment of type 2 choroidal neovascularization.
AAO(American Academy of Ophthalmology)2012(シカゴ、米国) 平成24年11月9日~13日
Nozaki M, Yoshida M, Ogura Y : Comparison of cytomegalovirus-positive and negative eyes in Posner-Schlossman syndrome. Poster
The Fifth Joint Meeting of JAPAN-CHINA-KOREA Ophthalmologists(福岡) 平成24年11月17日~18日
Suzuma K, Nagaoka T, Kawasaki R, Inoue M, Nozaki M, Takamura Y, Murakami T, Kida T, Yoshida S, Lee JE, Yu SY, Oh J, Park TK, Jo YJ, Shin JP, Chang W, Lee JE : Preferences and trends of treatments for diabetic retinopathy in Korea and Japan. Poster Session
第51回日本網膜硝子体学会総会(甲府) 平成24年11月30日~12月2日
小椋祐一郎(座長):教育講演 病的近視による眼底病変の病態解明と治療法の進歩
小椋祐一郎(紹介者):第15回盛賞受賞者紹介 第15回盛賞受賞講演「網膜の接着と剥離」
飯田知弘、安川力(網膜代表):ランチョンセミナー1「網膜硝子体で頭の体操!~専門バカになるな!~Part6 神経眼科専門医 VS 網膜専門医の聖戦」
野崎実穂:加齢黄斑変性の個別化治療の有用性 ランチョンセミナー3「加齢黄斑変性の治療を考えよう」
Ogura Y for the VIEW studies investigators : 96-week results from the VIEW studies: intravitreal VEGF trap-eye for neovascular age-related macular degeneration shows sustained improvements in visual acuity. Distinguished investigators’ forum 1
Shimada I, Yasukawa T, Kato A, Takase N, Morita H, Kubota A, Ogura Y : Combined therapy with intravitreal tissue plasminogen activator and ranibizumab for type 2 choroidal neovascularization: apilot study. Distinguished investigators’ forum 1
安川力(座長):一般演題(口演)「基礎」
今井俊佑、間宮則、力石裕一、倉澤崇、平田晴久、小椋祐一郎:網膜血管透過性亢進に対するステロイドおよび抗VEGF抗体の効果の検討 学術展示「基礎」
鈴木識裕、島田郁子、太田聡、吉田宗徳、小椋祐一郎:網膜静脈閉塞症における超広角蛍光眼底造影の有用性 学術展示「DM・RVO」
The 7th APVRS (Asia pacific Vitreo-retina Society) Congress(香港) 平成24年12月14日~16日
Ogura Y : Ultra-wide field fundus imaging. Symposium: Imaging in vitreoretinal deseases
Lam WC, Ogura Y, Zhao P (Chairman) : Vitreo-retina free paper session 11
Nagpal M, Ogura Y, Yang CM (Chairman) : Vitreo-retina free paper session 6
Nagpal M, Ogura Y, Yang CM (Chairman) : Vitreo-retina free paper session 7
Ogura Y : 96-week results from the VIEW studies: intrareal VEGF trap-eye versus ranibizumab for novascular age-related macular degeneration shows sustained improvements in visual acuity. Vitreo-retina free paper session 7
Hirahara S, Nozaki M, Yoshida Y, Ogura Y : The significance of peripheral capillary non-perfusion in diabetic retinopathy. Vitreo-retina free paper session 9
Yamakawa M, Nozaki M, Yoshida Y, Ogura Y : Comparison of outcomes of conventional laser vs. Pascal laser for proliferative diabetic retinopathy.

講演・その他

第1回New Year Ophthalmic Seminar 2012 in 東海(名古屋) 平成24年1月7日
小椋祐一郎(座長):緑内障患者の白内障手術 特別講演3
野崎実穂:新しい網膜機能画像イメージング Retinal Function Imager の可能性 一般講演
第13回東海黄斑疾患研究会(名古屋) 平成24年2月9日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):一般講演
吉田宗徳:網膜静脈閉塞症の黄斑浮腫 教育講演
第16回眼科分子生物学研究会(熊本) 平成24年2月11月~12日
野崎実穂:増殖糖尿病網膜症におけるCCR3の発現
第4回城北網脈絡膜疾患研究会(東京) 平成24年2月29日
安川 力:病態から考える加齢黄斑変性の診療方針 特別講演
春日井小牧眼科セミナー(春日井) 平成24年3月7日
野崎実穂:緑内障の光干渉断層計(OCT)
第14回順天堂静岡眼科勉強会(沼津) 平成24年3月8日
小椋祐一郎:硝子体手術の新しい流れ 特別講演2
第244回長野県眼科医会集談会(松本) 平成24年3月11日
小椋祐一郎:硝子体手術の新しい流れ 特別講演Ⅲ
第6回桜山糖尿病と網膜症研究会(名古屋) 平成24年3月29日
吉田宗徳(座長):一般演題
平原修一郎:糖尿病網膜症診療における超広角走査型検眼鏡の有用性 一般演題
第6回桜山病診連携フォーラム(名古屋) 平成24年5月19日
玉井一司、尾関年則(オーガナイザー):眼科マイクロサージェリーの進歩 パネルディスカッション
服部知明、佐藤里奈、太田聡(パネリスト):眼科マイクロサージェリーの進歩 パネルディスカッション 
吉田宗徳(座長):特別講演 最近の角膜移植
岐阜県眼科医会東濃地区研究会(東濃眼科医会)(多治見) 平成24年4月21日
小椋祐一郎:網膜硝子体手術のフィロス 特別講演
第17回北野糖尿病合併症フォーラム(大阪) 平成24年6月30日
小椋祐一郎:糖尿病網膜症―病態解明と治療の進歩 特別講演
小椋祐一郎(パネリスト):糖尿病に伴う心血管合併症の治療戦略・糖尿病合併症Q&A パネルディスカッション
第14回東海黄斑疾患研究会(名古屋) 平成24年7月5日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):一般講演
函館眼科研究会(函館) 平成24年7月21日
小椋祐一郎:広角眼底観察の夜明け 特別講演②
吉田宗徳、森文彦(座長):パネルディスカッション
佐藤里奈:虹彩角膜内皮症候群(ICE症候群)と考えられた一例 パネルディスカッション
安田優介:角膜混濁例に対する白内障・硝子体同時手術~シャンデリア照明と広角観察システムの有用性 パネルディスカッション
Japan Macula Club 第14回総会(蒲郡) 平成24年8月18日~19日
小椋祐一郎:網膜色素変性に対する9-cis-retinal高含有ドナリエラ® の効果
安川力:血管新生抑制薬としてのtPA
3rd Anniversary 学術講演会 見える喜びいつまでも―日本における新たなエビデンスとAMD治療の展望―(東京) 平成24年8月25日
小椋祐一郎(座長):国内外におけるラニビズマブの新たなエビデンス Session1
東海黄斑疾患フォーラム(名古屋) 平成24年9月1日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長)
東三河OCT読影スキルアップ勉強会(豊橋) 平成24年9月22日
野崎実穂:緑内障のOCT読影
名古屋市立大学男女共同参画セミナー1(医学部・看護学部) 夢中になれることを大切に!多様なステージで、輝くライフスタイル!(名古屋) 平成24年9月24日
加藤亜紀:超一流の眼科医になりたい!~でも100点満点は目指さない~
第6回Nagoya Eye Surgery Seminar (NESS)(名古屋) 平成24年10月2日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):一般演題
野崎実穂:名古屋市立大学におけるバルベルトの使用経験 一般演題
第12回愛知眼科医療研究会(名古屋) 平成24年10月11日
吉田宗徳(座長):一般講演
富安胤太:超広角走査型レーザー検眼鏡による糖尿病網膜症の蛍光眼底造影の有用性 一般講演
第6回実戦!!黄斑疾患カンファレンス(名古屋) 平成24年11月7日
安川力、松原央(座長)
第33回産業医科大学眼科研究会(北九州) 平成24年11月17日
小椋祐一郎:硝子体手術の新しい流れ 特別講演
不老会健康談話(名古屋) 平成24年12月4日
野崎実穂:中高年に多い眼の病気
名古屋市立大学健康科学講座 オープンカレッジNo.3「感覚受容のメカニズムと感覚器障害」(名古屋) 平成24年12月7日
吉田宗徳:視覚系の構造と機能
名古屋市立大学健康科学講座 オープンカレッジNo.3「感覚受容のメカニズムと感覚器障害」(名古屋) 平成24年12月14日
安川力:網膜に関連する資格障害の予防と治療
名古屋市立大学健康科学講座 オープンカレッジNo.3「感覚受容のメカニズムと感覚器障害」(名古屋) 平成24年12月21日
野崎実穂:視覚のサイエンス―白内障と緑内障

著書

眼手術学
小椋祐一郎、門之園一明(編集):眼手術学7 網膜・硝子体Ⅰ、東京、文光堂、2012.
吉田宗徳:Ⅰ.網膜硝子体手術に必要な基礎知識 1.網膜硝子体手術に必要な臨床解剖学.  小椋祐一郎、門之園一明編:眼手術学7 網膜・硝子体Ⅰ、東京、文光堂、2-9、2012.
小椋祐一郎、門之園一明(編集):眼手術学8 網膜・硝子体Ⅱ、東京、文光堂、2012.
吉田宗徳:Ⅰ.網膜剥離に対する手術 3.裂孔原性網膜剥離に対する硝子体手術 LASIK手術と網膜剥離手術.  小椋祐一郎、門之園一明編:眼手術学8 網膜・硝子体Ⅱ、東京、文光堂、40-43、2012.
野崎実穂:Ⅴ.網膜レーザー光凝固術 3.糖尿病網膜症.  小椋祐一郎、門之園一明編:眼手術学8 網膜・硝子体Ⅱ、東京、文光堂、278-285、2012.
その他
野崎実穂、小椋祐一郎:眼底所見と病理・病態. ヴィジュアル糖尿病臨床のすべて. 糖尿病網膜症のすべて. 中山書店、22-26、2012.
野崎実穂:Retinal Function Imager. 専門医のための眼科診療クオリファイ14 網膜機能検査 A to Z 264-269、中山書店、2012.

総説、解説

日本眼科学会雑誌
高橋寛二、小椋祐一郎、石橋達朗、白神史雄、湯澤美都子;厚生労働省網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班加齢黄斑変性治療指針作成ワーキンググループ:加齢黄斑変性の治療指針. 日本眼科学会雑誌 116:1150-1155、2012.
新薬と臨床
小椋祐一郎:新規抗VEGF薬アフリベルセプト(VEGF Trap-Eye). 新薬と臨床 61:1953-1961、2012.
日本臨床
野崎実穂:分子標的薬-がんから他疾患までの治癒をめざして- 臨床研究 非腫瘍性疾患の分子標的薬 加齢黄斑変性. 日本臨床70: 647-651, 2012.
あたらしい眼科
吉田宗徳、鈴間潔:新しい治療と検査シリーズ 超広角走査型レーザー検眼鏡OptosTx. あたらしい眼科 29:1521-1522、2012.
野崎実穂:網膜硝子体疾患診療の進歩2012 新しい疾患概念 加齢黄斑変性の血管新生. あたらしい眼科 29: 49-52, 2012.
野崎実穂:抗VEGF治療のすべて VEGFと眼疾患(解説/特集)。あたらしい眼科29: 1179-1183, 2012.
佐藤里奈、小椋祐一郎:治療手技の進歩 糖尿病網膜症 糖尿病網膜症の進展と治療戦略 光凝固法の進歩. あたらしい眼科 29臨増:123?126、2012.
眼科手術
吉田宗徳:超広角走査型レーザー検眼鏡Optos200Tx. 眼科手術25:379-382、2012.
平原修一郎、野崎実穂:眼科手術におけるハイビジョンと3D画像の利用 ハイビジョンの記録媒体とビデオ編集. 眼科手術25:371-374、2012.

欧文原著

Cell
Tarallo V, Hirano Y, Gelfand BD, Dridi S, Kerur N, Kim Y, Cho WG, Kaneko H, Fowler BJ, Bogdanovich S, Albuquerque RJ, Hauswirth WW, Chiodo VA, Kugel JF, Goodrich JA, Ponicsan SL, Chaudhuri G, Murphy MP, Dunaief JL, Ambati BK, Ogura Y, Yoo JW, Lee DK, Provost P, Hinton DR, Nunez G, Baffi JZ, Kleinman ME, Ambati J: DICER1 loss and Alu RNA induse age-related macular degeneration via the NLRP3 inflammasome and MyD88. Cell 149: 847-859, 2012.
Humana Press
Tamai K, Matsubara A, Tomida K, Matsuda Y, Morita H, Armstrong D, Ogura Y: Lipid hydroperoxide induced leukocyte-endothelium interaction in the retinal microcirculation. Studies on retinal and choroidal disorders (Oxidative stress in applied basic research and clinical practice). Humana Press: 545-557, 2012.
Jpn J Ophthalmol
Hirano Y, Yasukawa T, Nagai H, Ogura Y: Spatio-temporal understanding of the pathology of acute posterior multifocal placoid pigment epitheliopathy. Jpn J Ophthalmol 56: 371-374, 2012.
J Clin Exp Ophthalmol
Ikemori S, Kato A, Yasukawa T, Hattori T, Nozaki M, Morita H, Hirano Y, Yoshida M, Ogura Y: Effect of a single-dose regimen of intravitreal ranibizumab in the treatment of neovascular age-related macular degeneration. J Clin Exp Ophthalmol 3: 221.doi: 10 4172/2155-9570. 1000221, 2012.
Ophthalmologica
Tujikawa A, Ogura Y: Evaluation of leukocyte-endothelial interactions in retinal diseases. Ophthalmologica 227: 68-79, 2012.
Ophthalmology
Heier JS, Brown DM, Chong V, Korobelnik JF, Kaiser PK, Nguyen QD, Kirchhof B, Ho A, Ogura Y, Yancopoulos GD, Stahl N, Vitti R, Berliner AJ, Soo Y, Anderesi M, Groetzbach G, Sommerauer B, Sandbrink R, Simader C, Schmidt-Erfurth U; VIEW 1 and VIEW 2 Study Groups: Intravitreal aflibercept (VEGF trap-eye) in wet age-related macular degeneration. Ophthalmology 119: 2537-2548, 2012.

邦文原著

診療と新薬
小椋祐一郎、堀口正之、生野恭司、佐藤拓:マキュエイド®硝子体可視化の使用感向上に関する検証. 診療と新薬 49:1329-1332、2012.
あたらしい眼科
平原修一郎、野崎実穂、久保田綾恵、小椋祐一郎:トラボプロスト点眼により嚢胞様黄斑浮腫を生じた1例. あたらしい眼科 29:687-690、2012.
眼科臨床紀要
高瀬範明、加藤亜紀、吉田宗徳、森田裕、服部知明、水谷武史、小椋祐一郎:25Gトロカールシステムからのシリコーンオイル抜去. 眼科臨床紀要 5:779-783、2012.

その他

安川力、森隆三郎、五味文、石龍鉄樹、大島裕司;JFAMスタディグループ:加齢黄斑変性初期病態に関する臨床研究報告―異常眼底自発蛍光と網膜感度の変化―.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書 55-57、2012.
佐藤里奈、安川力、加藤亜紀、大森豊緑、石橋達朗、小椋祐一郎:わが国における視覚障害の原因.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書 65-66、2012.
水谷武史、野崎実穂、芦苅正幸、所真由美、小椋祐一郎:CCR3拮抗剤による脈絡膜新生血管抑制.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書 71-74、2012.