業績集 2013年

タイトル

学会発表

厚生労働省特定疾患 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成24年度 班会議(名古屋) 平成25年1月11日〜12日
加藤亜紀、安川力、萩原章、藤巻拓郎、村上晶、山本修一、小椋祐一郎:網膜色素変性に対する9-シス-βカロチン高含有サプリメント摂取の影響の検討
佐藤里奈、安川力、加藤亜紀、大森豊緑、石田晋、石橋達朗、小椋祐一郎:わが国における視覚障害の原因と現状
小椋俊太郎、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:超広角走査型レーザー検眼鏡による網膜色素変性症の眼底自発蛍光所見
第36回日本眼科手術学会総会(福岡) 平成25年1月25日〜1月27日
小椋祐一郎(座長):Present vitreo-retinal surgery in European Union : a perspective. 招待講演
馬場隆之、吉田宗徳、伊藤勇:ますます明るく安全に!〜LED高輝度眼内照明装置 LED Starのすべて ランチョンセミナー6
飯島裕幸、大野京子、五味文、安川力、大谷篤史:加齢黄斑変性の治療戦略「抗VEGF療法と併用療法」編 インストラクションコース1
野崎実穂:PASCALエンドポイントマネジメントの使用経験 「黄斑疾患治療の新しい可能性・・それはPASCALから始まります」ランチョンセミナー
山崎沙織、川野雅徳、後藤禎久、野田佳宏、大塚慎一、小椋祐一郎:光干渉断層計による特発性黄斑上膜の有病率の検討 学術展示 網膜硝子体「黄斑前膜」
江﨑雄也、水谷武史、小椋俊太郎、森田裕、加藤亜紀、吉田宗徳、小椋祐一郎:長期間無症状で経過後、抜去を必要としたマイラゲル®網膜復位術後の一例 学術展示 手術一般「手術一般」
安田優介、佐藤里奈、高瀬範明、吉田宗徳、小椋祐一郎:角膜混濁症例に対する白内障硝子体手術、シャンデリア照明と広角観察システムの有用性 一般講演 網膜硝子体「眼底観察システム」
山川めぐみ、野崎実穂、森田裕、吉田宗徳、小椋祐一郎:糖尿病網膜症に対する汎網膜光凝固術―通常凝固とパターン凝固の比較 一般講演 網膜硝子体「硝子体内注射・レーザー」
第426回東海眼科学会(名古屋) 平成25年2月2日
鈴木識裕、島田郁子、太田聡、吉田宗徳、小椋祐一郎:網膜静脈閉塞症における超広角蛍光眼底造影の有用性
江﨑雄也、水谷武史、小椋俊太郎、森田裕、加藤亜紀、吉田宗徳、小椋祐一郎:長期間無症状で経過後、抜去を必要としたマイラゲル網膜復位術後の一例
第38回日本微小循環学会総会(東京) 平成25年2月8日〜9日
Nozaki M, Hirahara S, Hattori T, Ohta S, Ogura Y:The value of ultra-wide-field imaging (Optos) for the various murine model eyes.
Hirahara S, Tomiyasu T, Suzuki N, Shimada I, Ota S, Nozaki M, Yoshida Y, Ogura Y : Ultra-wide field fluorescein angiography in patients with retinal vascular disorders. Applicants’ Presentations for Young Investigators Award 1
10th ISOPT Clinical(The International Symposium on Ocular Pharmacology and Therapeutics)(フランス、パリ) 平成25年3月7日〜10日
Nozaki M, Ogura Y : Efficient delivery of siRNA by atelocollagen in a murine laser-induced choroidal neovascularization model.
第117回日本眼科学会総会(東京) 平成25年4月4日〜7日
小椋祐一郎(オーガナイザー):変わりつつある黄斑疾患治療 ランチョンセミナー3
小椋祐一郎(座長):MIVS Update世界最先端のテクニックを学ぶ! モーニングセミナー10
小椋祐一郎(座長):糖尿病黄斑浮腫の治療戦略 ランチョンセミナー18
小椋祐一郎(オーガナイザー):眼底自発蛍光を科学する ランチョンセミナー22
安川力:異常眼底自発蛍光の発症機序と着色眼内レンズ ランチョンセミナー22眼底自発蛍光を科学する
飯田知弘、安田美穂、安川力、Paul Mitchell:今こそ考える、加齢黄斑変性の予防、その最前線 ランチョンセミナー42
安川力:加齢黄斑変性の診断と治療 サブスペシャリティサンデー8 メディカルレチナ:網膜疾患の診断と治療
野崎実穂:加齢黄斑変性治療薬 ラニビズマブの基礎 ランチョンセミナー1 加齢黄斑変性のEBM―最適な治療は何か―
中間崇仁、吉田茂生、石川桂二郎、中尾新太郎、安里良、喜多岳志、江内田寛、大島裕司、佐々由季生、工藤明、松田彰、野崎実穂、小椋祐一郎、石橋達朗:脈絡膜線維血管増殖組織におけるペリスチンの役割 一般講演 細胞生物学1
平野佳男、兼子裕規、小椋祐一郎、Ambati Jakakrishna:Alu RNAによる網膜色素上皮変性はRNA sensorではなくMyd88を介する 一般講演 細胞生物学2
金子祐一郎、森山無価、島田典明、長岡奈都子、笠原香織、横井多恵、田中裕一朗、篠原宏成、所敬、大野京子、平原修一郎、小椋祐一郎:強度近視眼における最周辺部網膜血管変化の検討 一般講演 近視
永井博之、安川力、野崎実穂、森田裕、Ute Wolf-Schnurrbusch、Sebastian Wolf、小椋祐一郎:透明および着色眼内レンズ挿入眼の眼底所見と眼底自発蛍光に関する前向き比較試験 一般講演 画像診断3
小椋俊太郎、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:超広角走査型レーザー検眼鏡による網膜色素変性症の眼底自発蛍光所見 一般講演 画像診断3
藤野晋平、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎、竹内忍:増殖糖尿病網膜症におけるCCR3の発現 学術展示 網膜臨床解析2
ARVO2013 (Association for Research in Vision and Ophthalmology)(米国、シアトル) 平成25年5月5日〜5月9日
Ogura Y, Korobelnik J, Roider J, Vitti R, Holz FG, Hiemeyer F, Stemper B, Zeitz O, Sandbrink R : Eighteen-month results of the GALILEO study evaluating intravitreal aflibercept injection (IAI) for macular edema secondary to central retinal vein occlusion (CRVO). Minisymposium: Retina 426 Macular Disease Other Than AMD II
Ogura S, Yasukawa T, Yoshida Y, Ogura Y : Ultra wide-field autofluorescence is useful to evauluate residual retinal functions in patients with retinitis pigmentosa. Minisymposium: Retina 403 Retinitis Pigmentosa II
Suzuki N, Hirahara S, Shimada I, Ota S, Yoshida M, Ogura Y : Ultra-widefield fluorescein angiography in patients with retinal vein occlusion. Posters: Biochemistry/Molecular Biology 144 Diabetic Retinopathy, Vein Occlusion, Retinal Ischemia
Nozaki M, Hirahara S, Ogura Y : Patterned laser trabeculoplasty with PASCAL streamline 577. Posters: Glaucoma 252 Lasers; Structure and Function I
Kaneko Y, Moriyama M, Shimada N, Nagaoka N, Shinohara K, Tanaka Y, Ohno-Matsui K, Tokoro T, Hirahara S, Ogura Y : Retinal vascular abnormalities in the far periphery of pathologic myopic eyes imaged by ultra wide-field fluorescein angiography. Posters: Retina 520 Imaging II, RE
Tomiyasu T, Hirahara S, Yoshida Y, Nozaki M, Ogura Y : Ultra-wide field fluorescein angiography in patients with diabetic retinopathy. Posters: Retina 520 Imaging II, RE
第427回東海眼科学会(三重) 平成25年6月16日
大曽根大典、太田聡、服部知明、平原修一郎、吉田宗徳、小椋祐一郎:PASCALの未熟児網膜症への使用経験
臼井英晶、吉田宗徳、森田裕、小椋祐一郎:LED眼内照明装置と17ゲージトロッカーカニューラを用いたシャンデリア照明の使用経験
第47回日本眼炎症学会(大阪) 平成25年7月12日〜14日
鈴木克也、吉田宗徳、加藤亜紀、藤野晋平、平原修一郎、楠本茂、野崎実穂、小椋祐一郎:眼内悪性リンパ腫に対しリツキシマブ投与および放射線治療後に綿花様白斑を生じた一例 一般講演12 悪性リンパ腫
第30回日本眼循環学会(東京) 平成25年7月日〜28日
小椋祐一郎、中澤徹(オーガナイザー):シンポジウム1 眼循環評価のCutting Edge
野崎実穂: Retinal Function Imagerによる網膜微小循環評価 シンポジウム1 眼循環評価のCutting Edge
野崎実穂:もっと知ろう 抗VEGF薬のBiology ランチョンセミナー1 新しい抗VEGF薬をもっと知ろう 基礎から臨床まで
藤野晋平、安川力、加藤亜紀、鈴木克也、森田裕、太田聡、平原修一郎、大曽根大典、臼井英晶、西脇晶子、永井博之、吉田宗徳、小椋祐一郎:難治性滲出型加齢黄斑変性に対するアフリベルセプトの使用経験 ミニシンポジウム1 AMD治療抵抗例とアフリベルセプト
第19回日本糖尿病眼学会総会(神戸) 平成25年8月23日〜25日
小椋祐一郎(座長):眼から見た糖尿病、糖尿病から見た眼 モーニングセミナー
小椋祐一郎(座長):一般口演3 基礎・その他
桑山創一郎、平原修一郎、小椋俊太郎、加藤亜紀、安川力、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:びまん性糖尿病黄斑浮腫に対するICG蛍光造影ガイド網膜光凝固術の長期成績
第67回日本臨床眼科学会(横浜) 平成25年10月31日〜10月28日
小椋祐一郎(座長):ランチョンセミナー23 網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するVEGF阻害薬による治療
吉田宗徳(演者): ランチョンセミナー23 網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するVEGF阻害薬による治療
堀尾直市、國方彦志、瓶井資弘、吉田宗徳、恵美和幸、鈴間潔:広角観察硝子体手術 インストラクションコース28中級向
安川力:加齢黄斑変性維持期における治療:Treat and Extendのメリットとデメリット モーニングクルズス1 加齢黄斑変性、維持期における理想的な治療とは?
安川力:異常眼底自発蛍光 モーニングセミナー12 加齢黄斑変性〜前駆病変を考える〜
鈴木克也、安川力、加藤亜紀、藤野晋平、森田裕、太田聡、平原修一郎、大曽根大典、臼井英晶、永井博之、西脇晶子、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性に対するアフリベルセプト硝子体内注射の短期成績 一般講演3 アフリベルセプト2
荒木みどり、服部知明、野崎実穂、森田裕、小椋祐一郎:Patterned laser trabeculoplastyと選択的レーザー繊維柱帯形成術の比較 一般講演18 緑内障:手術2
入谷麻世、服部知明、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:シリコーンオイル抜去術後の高眼圧 一般講演22 硝子体手術
AAO(American Academy of Ophthalmology)2013(米国、ニューオーリンズ) 平成25年11月16日〜19日
Nozaki M: Pattern laser trabeculoplasty (PLT) with PASCAL 577 for glaucoma- a comparison to SLT, PASCAL meet the experts.
The 8th APVRS Congress & The 52nd Annual Meeting of Japanese Retina and Vitreous Society(名古屋) 平成25年12月6日〜12月8日
Ogura Y(Chair) : APVRS Tano Lecture
Ogura Y : Topic: Efficacy of EYLEA in Asian wet AMD patients. Management of Wet AMD/PCV: A Regional Perspective (Luncheon Seminar 2)
Yuzawa M, Ogura Y (Chair) : Current Clinical Topics on PCV/RVO (Premium Evening Seminar 1)
Ogura Y (Chair) : Mastering the Medical Statistics! (Morning Seminar 2)
Ogura Y (Chair) : Macular Edema Following CRVO: Clinical Perspectives and Insights (Premium Luncheon Seminar 2)
Ogura Y, Chong V : 96-week results from the VIEW studies: Efficacy of intravitreal aflibercept injection for neovascular age-related macular degeneration in a subgroup of Asian patients. Session: Free Paper Session 3
Yoshida M : Fluorescein angiography in the peripheral fundus using ultra-wide field scanning laser ophthalmoscope Optos®200Tx. JRVS Educational Lecture 2: Cutting-Edge in the Diagnosis of Vitreo-Retinal Diseases (In Japanese)
Nishiwaki A, Kato A, Usui H, Yasukawa T, Yoshida Y, Ogura Y : Peripheral fundus autofluorescence in Japanese patients with neovascular age-related macular degeneration. Session: Free Paper Session 1
Fujino S, Yasukawa T, Kato A, Hirano Y, Ogura Y : The efficacy of indocyanine green angiography-guided laser photocoagulation for type 1 macular telangiectasia. Session: Free Paper Session 7
Ota S, Hirahara S, Hattori T, Yoshida M, Ogura Y : A case of ROP treated with photocoagulation by using PASCAL. Posters

Menuへ戻る

講演・その他

第1回New Year Ophthalmic Seminar 2013 in 東海(名古屋) 平成25年1月5日
山本哲也、岩城正佳、小椋祐一郎、近藤峰生、寺崎浩子、堀口正之、三宅謙作(総合座長):総合ディスカッション
第15回東海黄斑疾患研究会(名古屋) 平成25年2月14日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長)
安川力:滲出型加齢黄斑変性の維持期の管理 教育講演
第20回三河眼科研究会(刈谷) 平成25年2月23日
小椋祐一郎:加齢黄斑変性診療の進歩
アイリーア®新発売記念講演会(大阪) 平成25年2月24日
小椋祐一郎、坂本泰二(座長):アイリーア®海外での臨床経験
第6回桜山糖尿病と網膜症研究会(名古屋) 平成25年3月28日
小椋祐一郎(座長):特別講演
富安胤太:超広角走査型レーザー検眼鏡による糖尿病網膜症の蛍光眼底造影 一般演題
第4回石川黄斑疾患講演会(金沢) 平成25年4月20日
小椋祐一郎:糖尿病網膜症―病態研究と治療の進歩 特別講演②
第7回桜山病診連携フォーラム(名古屋) 平成25年4月27日
小椋祐一郎:抗VEGF治療の新たな展開 教育講演
吉田宗徳(座長):教育講演 抗VEGF治療の新たな展開
玉井一司、尾関年則、加藤亜紀(オーガナイザー):パネルディスカッション 抗VEGF治療の現状と問題点
藤野晋平、平原修一郎、臼井英晶(パネリスト):抗VEGF治療の現状と問題点 パネルディスカッション
福井県眼科医会学術講演会(福井) 平成25年5月18日
小椋祐一郎:糖尿病網膜症―病態研究と治療の進歩 特別講演②
第9回岡崎市眼科医会学術講演会(岡崎) 平成25年6月10日
野崎実穂:緑内障治療 次の一手
Retina Expert Conference Pravin Dugel先生講演会(名古屋) 平成25年6月13日
寺崎浩子、小椋祐一郎(座長)
加藤亜紀:Impacts of tissue plasminogen activator for the treatment of type 2 choroidal neovascularization. 講演1
第8回滋賀糖尿病眼合併症カンファレンス(大津) 平成25年7月4日
小椋祐一郎:糖尿病網膜症―病態解明と治療の進歩― 特別講演
第15回川崎眼病変談話会(横浜) 平成25年7月6日
小椋祐一郎:網膜硝子体手術のフィロス 講演Ⅱ
愛知県眼科医会 第2回学術研修会(名古屋) 平成25年7月6日
吉田宗徳:超広角眼底撮影の臨床応用
第2回アルコンサマーセミナー(名古屋) 平成25年7月20日
安川力:加齢黄斑変性の病態と日常診療のこつ 特別講演Ⅰ
アイファガン、ルミガン発売記念講演会 in 東海(名古屋) 平成25年8月3日
野崎実穂(パネリスト):正常眼圧緑内障の治療—選択薬は何—
第16回東海黄斑疾患研究会(名古屋) 平成25年8月8日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):一般講演
第34回東海緑内障の会(名古屋) 平成25年8月10日
野崎実穂:ポスナー・シュロスマン症候群でのサイトメガロウィルス感染陽性例の臨床的特徴 一般演題
Japan Macula Club 第15回総会(蒲郡) 平成25年8月17日〜18日
小椋祐一郎(座長):Miyake Medal授賞式/受賞講演
安川力(座長):AMD/抗VEGF薬
野崎実穂:黄斑浮腫に対するエンドポイントマネジメントレーザー 黄斑浮腫
名古屋市教育委員会 眼の健康教室(名古屋) 平成25年8月20日
野崎実穂:知っておきたい眼の健康
第1回福島眼科セミナー(郡山) 平成25年9月7日
安川力:目のメタボ〜加齢黄斑変性の病態〜 特別講演②
第9回千種眼科勉強会(名古屋) 平成25年9月14日
森田裕:名古屋市立大学病院の救急医療〜手術について〜
愛知県医師会健康教育講座(大府) 平成25年9月14日
加藤亜紀:加齢黄斑変性について
Advanced Vitreous Surgery Course in Tokyo 硝子体手術講習会(東京) 平成25年9月28日〜29日
Ogura Y : Update on Anti-VEGF Therapy in Japan Topic IV: Emerging Medical Approaches for Macular Diseases
Ogura Y (Moderator) : Topic V: Age-Related Macular Degeneration
Ogura Y, Hirakata A (Moderator) : Panel Discussion II: Case Presentation and Reply for Questions from Audience
第7回Nagoya Eye Surgery Seminar (NESS)(名古屋) 平成25年10月1日
小椋祐一郎(Opening Remark)
寺崎浩子、小椋祐一郎(座長):特別講演
第89回鳥取大学眼科研究会(米子) 平成25年10月5日
小椋祐一郎:網膜硝子体手術のフィロス 特別講演
第4回Ryukyu Macula Society(那覇) 平成25年10月5日
安川力:病態から考える加齢黄斑変性の診療方針 特別講演1
クオリティ眼内レンズセミナー in Nagoya(名古屋) 平成25年10月17日
小椋祐一郎(座長)
第13回浜松眼科フォーラム(浜松)平成25年10月18日
野崎実穂:抗VEGF治療アップデート
瀬戸内眼科コロシアム2013(広島) 平成25年10月19日〜20日
小椋祐一郎:抗VEGF治療の新たな展開 メディカルレチナ領域
Tokai Ophthalmic Academy(名古屋) 平成25年10月20日
小椋祐一郎(座長):Lesson2
目の愛護デー講座(秋田) 平成25年10月27日
小椋祐一郎:高齢者に多い目の病気 特別講演Ⅱ
東海黄斑疾患フォーラム(名古屋) 平成25年11月9日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長)
第4回静岡県オフサルミックセミナー(静岡)平成25年11月9日
野崎実穂:網膜レーザ―治療はもう要らない?網膜光凝固アップデート
第8回実戦!!黄斑疾患conference(名古屋) 平成25年11月20日
安川力、松原央(総合座長)
安川力、松原央(司会):質問検討会
吉田宗徳:網膜静脈閉塞症の治療戦略 特別講演
第1回西東京Ophthalmic seminar(八王子) 平成25年11月22日
小椋祐一郎:抗VEGF治療の新たな展開
The 10th Japan-Taiwan Joint Meeting(台湾、台北) 平成25年12月1日
Nozaki M: Update on laser photocoagulation for diabetic retinopathy.
地域女性活動講演会(名古屋) 平成25年12月3日
安川力:高齢者の目の病気の予防と治療
第115回南大阪眼科勉強会(大阪) 平成25年12月14日
小椋祐一郎:網膜硝子体手術のフィロス 特別講演

Menuへ戻る

総説、解説

あたらしい眼科
吉田宗徳、小椋祐一郎:超広角走査型レーザー検眼鏡の黄斑疾患への応用. あたらしい眼科 30:193-197、2013.
西川薫里、野崎実穂:Retinal Function Imager 網膜機能画像イメージング. あたらしい眼科 30:359-361 、2013.
平原修一郎、吉田宗徳、小椋祐一郎:手術ビデオ記録・編集. あたらしい眼科30:1233-1238、2013.
安川力:前駆病変と萎縮型加齢黄斑変性の管理と予防的治療. あたらしい眼科 30:1651-1660、2013.
安川力:新しい治療と検査シリーズ 新しい抗VEGF剤-アイリーア. あたらしい眼科 30:1713-1715、2013.
眼科
吉田宗徳:超広角走査型レーザー検眼鏡による自発蛍光. 眼科 55:1029-1034、2013.
眼科グラフィック
野崎実穂:Basic surgical skills 網膜光凝固 レーザーの種類と注意点 パターンスキャンレーザーの使用法と注意点. 眼科グラフィック 2:310-315、2013.
野崎実穂:難渋症例にチャレンジ!眼科診断トレーニング右眼鼻性視神経症. 眼科グラフィック 2:668-670、2013.
眼科ケア
藤野晋平:網膜剥離. 眼科ケア 2013冬季増刊:214-217、2013.
安川力:加齢黄斑変性(中心暗点・変視症). 眼科ケア 15:1211-1213、2013.
眼科手術
安川力:アフリベルセプト(アイリーア). 眼科手術 26:217-220、2013.
眼薬理
安川力:抗VEGF療法の基礎と臨床 加齢黄斑変性に対する抗VEGF治療の現状と展望 眼薬理 27:45-50、2013.
月間糖尿病
野崎実穂、小椋祐一郎:【糖尿病網膜症診療-現状の課題と展望-】 網膜症に対する薬物療法の現状と展望. 月刊糖尿病 5:70-75、2013.
糖尿病ケア
野崎実穂:単純網膜症と増殖前網膜症と増殖網膜症. 糖尿病ケア 2013秋季増刊:126-133、2013.
臨床眼科
安川力:【抗VEGF薬をどう使う?】 多施設研究最新情報. 臨床眼科 67:1810-1816、2013.
IOL & RS
野崎実穂:Optosの基礎とその有用性. IOL & RS 27:498-500、2013.
OCULISTA
小椋祐一郎:光凝固療法の位置づけと可能性. OCULISTA 3:1-3、2013.
野崎実穂:光凝固装置バイヤーガイド.  OCULISTA 3:27-31、2013.
安川力:糖尿病黄斑浮腫.  OCULISTA 8:54-62、2013.
Pharma Medica
安川力:黄斑疾患の治療 加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬. Pharma Medica 31:53-38、2013.
Prog Med
安川力:【加齢黄斑変性の新展開】 加齢黄斑変性とサプリメント. Prog Med 33:2133-2120、2013.
Retina Medicine
野崎実穂:今さら聞けないQ&A(第3回) 超広角走査レーザー検眼鏡Optosのメリットについて教えてください(Q&A). Retina Medicine(2187-2384) 2:218-219、2013.

Menuへ戻る

欧文原著

Br J Ophthalmol
Holz FG, Roider J, Ogura Y, Korobelnik JF, Simader C, Groetzbach G, Vitti R, Berliner AJ, Hiemeyer F, Beckmann K, Zeitz O, Sandbrink R : VEGF trap-eye for macular oedema secondary to central retinal vein occlusion: 6-month results of the phase III GALILEO study. Br J Ophthalmol 97: 278-284, 2013.
Invest Ophthalmol Vis Sci
Mizutani T, Ashikari M, Tokoro M, Nozaki M, Ogura Y : Suppression of laser-induced choroidal neovascularization by a CCR3 antagonist. Invest Ophthalmol Vis Sci 54: 1564-1572, 2013.
Sato R, Yasukawa T, Kacza J, Eichler W, Nishiwaki A, Iandiev I, Ohbayashi M, Kato A, Yafai Y, Bringmann A, Takase A, Ogura Y, Seeger J, Wiedemann P : Three-dimensional spheroidal culture visualization of membranogenesis of Bruch’s membrane and basolateral functions of the retinal pigment epithelium. Invest Ophthalmol Vis Sci 54: 1740-1749, 2013.
Jpn J Ophthalmol
Miyake T, Nishiwaki A, Yasukawa T, Ugawa S, Shimada S, Ogura Y : Possible implications of acid-sensing ion channels in ischemia-induced retinal injury in rats. Jpn J Ophthalmol 57: 120-125, 2013.
Ophthalmologica
Ito Y, Nozaki M, Sugitani K, Ashikari M, Hirano Y, Ogura Y : Efficient delivery of siRNA by atelocollagen in a murine laser-induced choroidal neovascularization model. Ophthalmologica 230: 215-221, 2013.
Ophthalmic Res
Usui H, Yasukawa T, Hirano Y, Morita H, Yoshida Y, Ogura Y : Comparative study of the effects of room air and sulfur hexafluoride gas tamponade on functional and morphological recovery after macular hole surgery: a retrospective study. Ophthalmic Res 50: 227-230, 2013.

Menuへ戻る

邦文原著

あたらしい眼科
高井祐輔、佐藤里奈、久保田綾恵、松原明久、野崎実穂、安川力、小椋祐一郎:急性原発閉塞隅角緑内障に対する超音波乳化吸引術と虹彩切開術との比較. あたらしい眼科 30:397-400、2013.
小椋俊太郎、平原修一郎、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:超広角走査型レーザー検眼鏡によるぶどう膜炎の蛍光眼底造影. あたらしい眼科30:679-683、2013.
江崎雄也、加藤亜紀、水谷武史、小椋俊太郎、森田裕、吉田宗徳、小椋祐一郎:MIRAgel®除去を必要とした強膜内陥術後の1例. あたらしい眼科 30:1633-1638、2013.
眼科手術
西川薫里、野崎実穂、水谷武史、吉田宗徳、小椋祐一郎:PASCAL® streamline yellowの使用経験. 眼科手術 26:649-652、2013.
眼科臨床紀要
鈴木識裕、太田聡、島田郁子、吉田宗徳、小椋祐一郎:網膜静脈閉塞症における超広角蛍光眼底造影の有用性. 眼科臨床紀要 6:650-653、2013.
日本眼科学会雑誌
野崎実穂、鈴間潔、井上真、川崎良、喜田照代、高村佳弘、長岡泰司、村上智昭、吉田茂生;日韓糖尿病網膜症研究グループ:日韓糖尿病網膜症治療の現状についての比較調査. 日本眼科学会雑誌 117:735-742、2013.

Menuへ戻る