業績集 2014年

タイトル

学会発表

厚生労働省特定疾患 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成25年度 班会議(名古屋) 平成26年1月24日〜25日
中間崇仁、吉田茂生、安里良、石川桂二郎、喜多岳志、中尾新太郎、佐々由季生、大島裕司、江内田寛、工藤明、松田彰、野崎実穂、小椋祐一郎、石橋達朗:脈絡膜線維血管増殖組織におけるペリオスチンの役割
大曽根大典、水谷武史、野崎実穂、加藤亜紀、安川力、小椋祐一郎:組織プラスミノーゲン活性化因子による脈絡膜血管新生抑制
加藤亜紀、安川力、鈴木克也、藤野晋平、吉田宗徳、小椋祐一郎:ラニビズマブ治療に抵抗する滲出型加齢黄斑変性へのアフリベルセプト硝子体内注射
吉田宗徳、西脇晶子、安川力、加藤亜紀、臼井英晶、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性における眼底周辺部自発蛍光の検討
第39回日本微小循環学会総会(東京) 平成26年2月7日〜8日
Uemura A, Fukushima Y, Nisihiyama K, Ogura Y, Nishikawa S: RhoJ defines angiogenic endothelial cell motility by integrating VEGF and Sema 3E signals. Free Paper 2
Hirahara S, Tomiyasu T, Nozaki M, Yoshida M, Ogura Y: Clinical characteristics of peripheral type of diabetic retinopathy diagnosed with ultra-wide field fluorescein angiography. Free Paper 3
第428回東海眼科学会(名古屋) 平成26年2月2日
長谷川典生、西脇晶子、加藤亜紀、臼井英晶、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性における眼底周辺部自発蛍光の検討
12th IOIS(International Ocularinflammtion Society Congress)(スペイン、バレンシア) 平成26年2月27日〜3月1日
Nozaki M: Is diabetic retinopathy an inflammatory disease? Session 6 Diabetes and Age-related Macular degeneration.
Hirahara S, Yoshida M, Ogura S, Nozaki M, Ogura Y: Ultra-wide field fluorescein angiography in patients with uveitis. E-Posters
World Ophthalmology Congress 2014・APAO2014・第118回日本眼科学会総会(東京) 平成26年4月2日〜6日
Ogura Y: Vascular retinopathies: Is laser treatment still necessary for diabetic macular edema? Invited Symposium: Club Jules Gonin Session: Controversies in the Management of Macular Disease
Ogura Y: Evidence-based update on management of DME with laser. Invited Symposium: Evidence-Based Approach to the Diagnosis and Management of DR and DME
Ogura Y: Invited Video: RETINAWS: Retinal Misadventures in the Operating Room
Wong TY, Ogura Y: 2-year (96week) efficacy and safety of intravitreal aflibercept injection for neovascular age-related macular degeneration in asian patients: subgroup analysis of VIEW studies. Free Papers: AMD Therapy
Brown D, Ogura Y(Chairs): Free Papers: Retinal Vein Occlusion
Ogura Y: 18-month results of the GALILEO study evaluating intravitreal aflibercept injection for macular edema secondary to central retinal vein occlusion. Free Papers: Retinal Vein Occlusion
Ogura Y(Chair and Speaker): Lunch Seminar: Macular Edema Secondary to CRVO: Optimizing Outcomes
Ogura Y, Cunha-Vaz J(Chairs and Speakers): Lunch Seminar: Ranibizmab: Transformational Outcomes in Patients with DME and RVO
Yasukawa T(Speakers): Lunch Seminar: Status Update for Prevention of Age-Related Macular Degeneration
Yasukawa T: Response based individualized treatments for neovascular AMD. Invited Symposium: Intravitreal Therapeutic Concept
Nozaki M, Takamura Y, Murakami T, Jo YJ, Chang W, Yoshida S, Lee JE, Suzuma K: Therapeutic strategy for diabetic macular edema – pro and con debate. Submitted Course
Nozaki M: Lecture Skills —how to create engaging and educational presentations. Workshop
Iriya A, Hattori T, Nozaki M, Yoshida M, Ogura Y: Incidence and management of elevated intraocular pressure after silicone oil removal. Free papers: Retinal Surgery, Therapy and Imaging
Takashima M, Miyai H, Kurasawa T, Naito A, Ogura Y: Ocular tissue distribution and systemic absorption after intravitreal injection of triamcinolone acetonide in albino rabbits. E-Poster: Pharmacology, Ocular Drug Delivery
Nozaki M, Ozone D, Usui H, Yoshida M, Ogura Y: Comparison of cytomegalovirus-positive and negative eyes in posner-schlossman syndrome. E-poster: Glaucoma
Hirano Y, Tarallo V, Gelfand B, Dridi S, Ambati J: Alu RNA-induced cytotoxicity in age-related macular degeneration is mediated by MyD88, but not by a variety of RNA sensors. E-poster: Immunology, Molecular Biology and Microbiology
Nakazawa Y, Goto H, Hirano Y, Ito Y, Tsukada A: Evaluation of histological chorioamnionitis and serum value of acute phase reactants can predict the development of retinopathy of prematurity. E-poster: Pediatric Ophthalmology, Genetics
Araki M, Hattori T, Nozaki M, Morita H, Ogura Y: Comparison of outcomes of patterned laser trabeculoplasty versus selective laser trabeculoplasty on open-angle glaucoma. E-poster: Glaucoma
18th International Vascular Biology Meeting(京都) 平成26年4月14日〜4月17日
Uemura A: RhoJ defines angiogenic endothelial cell motility by integrating VEGF and Sema3E signals.
ASCRS・ASOA Symposium and Congress(米国、ボストン) 平成26年4月25日〜29日
Nozaki M, Yoshida M, Ogura Y: Outcomes of patterned laser trabeculoplasty versus selective laser trabeculoplasty in open-angle glaucoma.
ARVO2014 (Association for Research in Vision and Ophthalmology) (米国、オーランド) 平成26年5月4日〜5月8日
Gelfand BD, Hirano Y, Yasuma T, Mizutani T, Fowler BJ, Nozaki M, Kaneko H, Ambati BK, Hinton DR, Ambati J: IL18 is not therapeutic for neovascular age-related macular degeneration.
Kuwayama S, Yasukawa T, Kato A, Ogura S, Yoshida M, Ogura Y: Efficacy of indocyanine green angiography-guided laser photocoagulation for diabetic macular edema. Posters: Diabetic macular Edema Therapy 
Suzuki K, Yasukawa T, Kato A, Fujino S, Morita H, Ota S, Hirahara S, Yoshida M, Ogura Y: Effects of intravitreal aflibercept on neovascular age-related macular degeneration resistant to intravitreal ranibizumab. Posters: CNV approaches to treatment
Hirahara S, Nozaki M, Ohbayashi M, Hasegawa N, Ozone D, Ogura Y: Suppression of retinal neovascularization by anti-CCR3 treatment for oxygen induced retinopathy model in mice. Posters: Angiogenesis and ROP
Araki M, Yasukawa T, Ashikari M, Kato A, Tachi N, Hirano Y, Ogura Y: Long-term impacts of antioxidant supplementation and smoking cessation on chronic central serous chorioretinopathy. Posters: Central Serous Chorioretinopathy
第429回東海眼科学会(岐阜) 平成26年6月22日
小椋俊太郎、太田聡、安川力、平野佳男、加藤亜紀、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:硝子体手術が著効した正常眼圧緑内障に合併した中心窩網膜分離症の一例
濱田怜、太田聡、安川力、平野佳男、加藤亜紀、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:免疫能正常者に発症したサイトメガロウイルス網膜炎の1例
第48回日本眼炎症学会(東京) 平成26年7月4日〜6日
太田聡、鈴木克也、野崎実穂、尾関年則、吉田宗徳、小椋祐一郎:超広角眼底自発蛍光が病変評価に有用であった多巣性脈絡膜炎の1例 一般講演12 網膜炎1
Kyung Hee Retinal Imaging Conference 2014(韓国、ソウル) 平成26年7月10日〜11日
Nozaki M : En face angiographic feature of polypoidal choroidal vasculopathy (PCV). Paper SessionⅡ
Usui H : Peripheral fundus autofluorescence abnormalities in AMD patients using Optos. Rapid Fire Session
XXIXth Meeting of the Club Jules Gonin(スイス、チューリッヒ) 平成26年9月3日〜6日
Yasukawa T, Ogura Y: Combination therapy of intravitreal tissue plasminogen activator and ranibizumab for type2 choroidal neovascularization: a pilot study. Session1 Age Related Macular Degeneration
EVER (European Association for Vision and Eye Research Congress) (フランス、ニース) 平成26年10月2日
Ozone D, Nozaki M, Ohbayashi M, Hasegawa N, Kato A, Yasukawa T, Ogura Y: Tissue plasminogen activator as an anti-angiogenic agent in experimental laser-induced choroidal neovascularization.
第29回日本糖尿病合併症学会(東京) 平成26年10月3日〜4日
石田晋、小椋祐一郎(座長):ワークショップ1 糖尿病網膜症
加藤亜紀:難治性糖尿病黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体内投与の効果 ワークショップ1 糖尿病網膜症
2014 International Conference on Diabetes and Metabolism(韓国、イルサン) 平成26年10月16日〜10月18日
Uemura A: Novel molecular targets for the treatment of diabetic retinopathy.
AAO (米国、シカゴ)、平成26年10月19日
Nozaki M: Practice and clinical versatility using PASCAL- A patient case discussion for retina (EpM), Glaucoma (PSL) and ROP. Topcon Expert Presentations
第88回日本糖尿病学会 中部地方会(名古屋) 平成26年10月26日
小椋祐一郎:糖尿病網膜症―診療の進歩 専門医更新のための指定講演
The 7th Joint Meeting of KOREA-CHINA-JAPAN Ophthalmologists in conjunction with the The 112th Annual Meeting of the Korean Ophthalmological Society(韓国、ソウル) 平成26年10月31日〜11月2日
Nozaki M, Yasukawa T, Kato A, Yoshida M, Ogura Y: Indocyanine-green angiography-guided navigated laser photocoagulation for diffuse diabetic macular edema.
第68回日本臨床眼科学会(神戸) 平成26年11月13日〜16日
小椋祐一郎(座長):招待講演2 Understanding AMD: Assembling the Puzzle Pieces
小椋祐一郎(座長):ランチョンセミナー7 医療に潜む悪魔
小椋祐一郎:網膜中心静脈閉塞症(CRVO)治療の実際―日本 ランチョンセミナー30 メディカルレチナ最前線 日本と韓国
Ogura Y, Cheng-Kuo Cheng(Chairmen): Symposium “Uveitis & Retina” イブニングセミナー The 11th TAIWAN-JAPAN ophthalmology Joint Meeting
吉田宗徳(座長):学術展示21 AMD(3)
堀尾直市、國方彦志、鈴間潔、瓶井資弘、吉田宗徳、恵美和幸:広角観察硝子体手術 インストラクションコース 中級向
吉田宗徳:大学病院におけるOptos 200Txの有用性 広角FA、FAFでみる!眼底周辺部あんな所見、こんな所見 ランチョンセミナー9 Optos驚異の200°撮影…200Tx・Daytonaの魅力!Part2
吉田宗徳:DME治療〜〝眼〟を診て選ぶ治療手段〜 モーニングセミナー4 光をつなぐ!〜シーズンⅣ〜フロントランナーが語る、DME治療最前線
尾花明、飯島裕幸、森圭介、石田晋、五味文、安川力、大谷篤史:加齢黄斑変性の治療戦略:「抗VEGF療法—長期経過例から学ぶ治療の実際」編 インストラクションコース 中級向
安川力:AMD長期管理のコツ ランチョンセミナー1 加齢黄斑変性(AMD)診療のABC 患者指導のコツ
安川力:前駆病変の診断 モーニングセミナー3 加齢黄斑変性の予防を考える〜ルテインサプリメントの有用性〜
野崎実穂、高村佳弘、村上知昭、長岡泰司、川崎良、吉田茂生、鈴間潔、井上真:徹底討論!糖尿病黄斑浮腫の診断から治療まで インストラクションコース 中級向
野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:En Face OCT angiographyによる網脈絡膜血管病変の評価 一般講演58 網膜画像解析
植村明嘉:基礎から考える糖尿病黄斑変性浮腫治療 ランチョンセミナー15 糖尿病黄斑浮腫治療を考える〜基礎と臨床の両面から〜
平原修一郎、吉田宗徳、加藤亜紀、太田聡、安川力、小椋祐一郎:網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するranibizumabのPRN投与による治癒成績 一般講演6 網膜静脈閉塞症(2)
濱田怜、太田聡、森田裕、野崎実穂、吉田宗徳、小椋祐一郎:免疫正常者に発症したサイトメガロウイルス網膜炎の1例 一般講演74 ウイルス性網膜炎など
第53回日本網膜硝子体学会総会・第31回日本眼循環学会 平成26年11月28日〜30日
小椋祐一郎、大越貴志子(オーガナイザー):シンポジウム2 黄斑疾患に対する閾値下レーザー治療
野崎実穂:エンドポイントマネージメント シンポジウム2 黄斑疾患に対する閾値下レーザー治療
小椋祐一郎、志村雅彦(座長):ランチョンセミナー4 みんなで考えよう!患者に合わせた糖尿病黄斑浮腫の治療選択
野崎実穂:症例提示1 ランチョンセミナー4 みんなで考えよう!患者に合わせた糖尿病黄斑浮腫の治療選択
吉田宗徳:En Face OCT angiographyによる網脈絡膜血管病変評価はどこまで可能か? Evaluation of chorioretinal vascular lesions with En Face OCT angiography モーニングセミナー6 OCT・・・さらなる発展!!RTVue XR Avantiの魅力
野崎実穂:モーニングセミナー7 Navilas Navigated Retinal Laser Therapy〝レーザー光凝固にもナビゲーションの時代〟
小椋祐一郎、VIEW2 study group:ポリープ状脈絡膜血管症に対するアフリベルセプトの効果―VIEW2試験症例の再解析― 一般演題(口演)「ポリープ状脈絡膜血管症1」
野崎実穂、加藤亜紀、安川力、吉田宗徳、小椋祐一郎:黄斑浮腫に対するインドシアニングリーン眼底造影ガイド自動追尾光凝固の有用性 一般演題(口演)「黄斑浮腫・病的近視」
小﨑優、藤野晋平、加藤亜紀、小椋祐一郎:網膜中心静脈閉塞症に対する抗VEGF治療の短期治療成績 一般演題(口演)「網膜静脈閉塞症2」
Second International Congress on “En face” OCT imaging – Advances in OCT – OCT Angiography(イタリア、ローマ) 平成26年12月6日
Nozaki M, Yoshida M, Ogura Y: Angiotraphic features of polypoidal choroidal vasculopathy (PCV).

講演・その他

アイリーア®発売1周年・適応追加記念講演会(東京) 平成26年1月26日
小椋祐一郎、湯澤美都子(座長):AMD、CRVO治療の日米討論 Session6(総合討論)
九州大学セミナー(福岡) 平成26年1月29日
植村明嘉:マウス網膜血管発生におけるパターン形成機構
第17回東海黄斑疾患研究会(名古屋) 平成26年1月30日
小椋祐一郎、寺崎浩子、近藤峰生(座長)
平原修一郎:網膜静脈閉塞症に対する当院におけるVEGF阻害薬による治療成績 一般講演
学術講演会 VEGF阻害薬の新たな幕開け(大阪) 平成26年2月1日
小椋祐一郎、北野滋彦(座長):海外使用経験を通じたVEGF阻害薬の最新の知見 セッション2
東京大学先端科学技術研究センターセミナー(東京) 平成26年2月5日
植村明嘉:血管内皮細胞の遊走運動を制御するシグナル伝達
黄斑COMPANY(名古屋) 平成26年2月8日
安川力(総合座長)
加藤亜紀:黄斑疾患クイズQuestion② Session2
硝子体手術フォーラム Winter Vitrectomy Meeting(ルスツ) 平成26年2月14日〜15日
小椋祐一郎(座長):手術テクニック
安川力:黄斑浮腫に対するIA-guided網膜光凝固術 黄斑疾患2
第115回南大阪眼科勉強会(大阪) 平成26年2月22日
小椋祐一郎:網膜硝子体手術のフィロス 特別講演
第4回北中勢Vitreo-Retina Seminar(四日市) 平成26年2月22日
野崎実穂:網膜レーザ―治療はもう要らない?網膜光凝固アップデート
Ophthalmology WEBカンファレンス 平成26年2月27日
安川力:加齢黄斑変性の病態と日常診療のコツ
SENJU社外講師企画(名古屋) 平成26年2月28日
安川力:加齢黄斑変性の病態と日常診療のコツ 講演Ⅱ
第48回糖尿病学の進歩(札幌) 平成26年3月8日
小椋祐一郎(座長):もうあきらめない!糖尿病網膜症治療 モーニングセミナー1 糖尿病における内科・眼科連携と眼合併症の治療変遷
杏林大オープンカンファランス(三鷹) 平成26年3月12日
野崎実穂:網膜レーザ―治療はもう要らない?網膜光凝固アップデート
SENJU社外講師企画(名古屋) 平成26年3月19日
小椋祐一郎:加齢黄斑変性の病態と日常診療のコツ
第8回桜山糖尿病と網膜症研究会(名古屋) 平成26年3月20日
吉田宗徳(座長):一般演題
長谷川典生:糖尿病黄斑浮腫の新しい治療 一般演題
Navilas Navigated Retinal Laser Therapy Symposium TOKYO 2014(東京) 平成26年4月3日
Nozaki M: IA-guided Navigated laser photocoagulation in diffused macular edema.
第8回桜山病診連携フォーラム(名古屋) 平成26年4月26日
小椋祐一郎(座長):糖尿病黄斑浮腫に対する網膜光凝固アップデート 教育講演
野崎実穂:糖尿病黄斑浮腫に対する網膜光凝固アップデート 教育講演
吉田宗徳(オーガナイザー):パネルディスカッション 特定機能の病院との病診連携
Retina Expert Conference 2014(オーランド、米国) 平成26年5月4日
小椋祐一郎、高木均(座長)
安川力(講師)
SENJU Retina Seminar 2014 in Orlando(オーランド、米国) 平成26年5月7日
Nozaki M(Chair)
第4回仙台網膜道場(仙台) 平成26年5月24日
小椋祐一郎:Retinaws in Japan 特別講演
第17回国際福祉健康産業展 ウェルフェア2014(名古屋) 平成26年5月24日
安川力:高齢者の目の病気の予防と治療 ウェルフェア健康大学
浜松医科大学セミナー(浜松) 平成26年5月27日
植村明嘉:網膜血管新生の病態解明と新たな治療の創成
第9回実戦!!黄斑疾患conference(名古屋) 平成26年5月31日
安川力、松原央(総合座長)
野崎実穂:びまん性黄斑浮腫に対するIAガイドNavilasレーザーの有用性 症例検討
安川力:治療経過チェックシートの活用法について 病診連携
糖尿病黄斑浮腫に関する座談会(東京) 平成26年6月7日
小椋祐一郎、村田敏規、山下英俊(演者)
東海エリアCRVO講演会(名古屋) 平成26年6月12日
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):特別講演 CRVOの病態とマネジメントのエビデンス
小椋祐一郎、寺崎浩子(座長):ディスカッション 抗VEGF時代のRVO治療戦略の可能性
瓶井資弘、近藤峰生、安田俊介、吉田宗徳(パネリスト):抗VEGF時代のRVO治療戦略の可能性 ディスカッション
網膜疾患治療10年の歩みとこれから―光線力学的療法、VEGF阻害薬の歴史と新たな展望―(横浜) 平成26年6月22日
小椋祐一郎(座長):Management of macular edema with Ranibizumab Session3
石橋達朗、小椋祐一郎(座長):今後の糖尿病黄斑浮腫の治療戦略 総合討論
Prof. J.F. Korobelnik来日講演in Nagoya(名古屋) 平成26年6月23日
小椋祐一郎、寺崎浩子、近藤峰生(座長):Management of macular edema with Ranibizumab
秋田県北部糖尿病科科連携会―糖尿病とどう向き合うか―(秋田) 平成26年6月27日
小椋祐一郎:糖尿病黄斑浮腫に対する最近の治療 講演2
千寿製薬株式会社 アドバイザーDr.企画(名古屋) 平成26年7月18日
吉田宗徳:眼感染症治療における抗菌剤選択の基準
吉田宗徳:抗菌剤・抗生剤の効果と安全性について
アイファガン®・ルミガン®発売記念講演会in東海(名古屋) 平成26年7月19日
岩瀬愛子、生杉謙吾、富田剛司、野崎実穂、山林茂樹、渡邉三訓(パネリスト):〜緑内障の早期診断と治療〜 パネルディスカッション
平成26年度名古屋市地域女性団体連絡協議会セミナー(名古屋) 平成26年7月24日
野崎実穂:高齢者に多い目の病気―白内障・緑内障・加齢黄斑変性―
Japan Macula Club 第16回学術講演会(蒲郡) 平成26年8月23日〜24日
小椋祐一郎(座長):第2回Miyake Medal授賞式/受賞講演
小椋祐一郎:Angio-OCT
植村明嘉:RhoJによる血管新生の制御機構
安川力:インドシアニングリーン蛍光眼底造影に基づく黄斑浮腫のマネージメント
第5回Molecular Cardiovascular Conference II(神戸) 平成26年9月5日
植村明嘉:網膜血管新生病に対する治療戦略
第3回代謝と脳心血管疾患研究会(京都) 平成26年9月20日
植村明嘉:糖尿病網膜症に対する創薬開発
瀬戸内眼科コロシアム2014(広島) 平成26年9月27日〜28日
小椋祐一郎(座長):モーニングセミナー 病的近視による脈絡膜新生血管(近視性CNV)の診断と治療 
Korea Advanced Institute of Science and Technology (KAIST)セミナー(韓国大田市)平成26年10月18日
Akiyoshi Uemura:Establishment of adult retinopathy model in mice.
8th Nagoya Eye Surgery Seminar (NESS)(名古屋) 平成26年10月9日
小椋祐一郎(Opening Remark)
寺崎浩子、小椋祐一郎(座長):特別講演 最近の白内障手術の問題点と対処法
藤野晋平:IOLローディング鑷子が原因と考えられたTASSの連続発症〜原因究明と対策〜 一般講演Ⅲ
STEP(東京) 平成26年10月11日 
野崎実穂:網膜疾患の診断と治療【RVO/DME】
大島裕司、野崎実穂:硝子体注射の実践
AAOサテライトセミナー(米国、シカゴ) 平成26年10月17日
小椋祐一郎(座長):Anti-VEGF treatment strategy for AMD “Treat and Extend”
Topcon Expert Presentation AAO 2014(米国、シカゴ) 平成26年10月18日〜20日
Nozaki M: Practice and clinical versatility using PASCAL-A patient case discussion for retina (EpM) to glaucoma (PSLT) and ROP.
愛知県眼科医会 平成26年度 第4回学術研修会—日眼専門医制度生涯教育事業—(名古屋) 平成26年10月25日
小椋祐一郎(座長):一般眼科医が安全確実に行える外眼手術
吉田宗徳(座長):涙道閉塞治療のトピックス
吉田宗徳(座長):眼不定愁訴の原因となる結膜疾患とその治療
関西血管生物学研究会2014【Kansai Vascular Biology Meeting 2014】(大阪) 平成26年10月25日
小椋俊太郎:糖尿病網膜症における炎症の関与 研究報告
熊本大学 The 2nd Ad Hoc IRCNS Seminar(熊本) 平成26年10月27日
植村明嘉:Novel drug targets for the treatment of diabetic retinopathy.
愛知県医師会 医学生、研修医等をサポートするための会(名古屋) 平成26年11月4日
加藤亜紀:家庭の数だけ答えがある〜仕事と家庭の両立〜
平成26年度(第34回)難病講習会(名古屋) 平成26年11月5日
小椋祐一郎:網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する調査研究
第8回Midland Seminar of Ophthalmology(名古屋) 平成26年11月8日
小椋祐一郎(座長):演題Ⅲ 緑内障診療のジレンマ
アイリーア 黄斑疾患セミナーin名古屋(名古屋) 平成26年11月22日
小椋祐一郎(座長):講演2 病的近視における脈絡膜新生血管の病態と治療
ライジングスター大阪(大阪) 平成26年11月28日
植村明嘉:糖尿病網膜症に対する創薬開発
松江地区 内科・眼科合同研究会(松江) 平成26年12月4日
小椋祐一郎:糖尿病網膜症〜診療の進歩〜
STEP(大阪) 平成26年12月6日 
安川力:網膜疾患の診断と治療【AMD/mCNV】
野崎実穂:網膜疾患の診断と治療【RVO/DME】
安川力、野崎実穂:硝子体注射の実践

総説、解説

日本眼科学会雑誌
吉田茂生、石橋達朗、石川桂二郎、佐々由季生、中尾新太郎、喜多岳志、有田量一、荒川聡、安里良、中間崇仁、有馬充、秋山雅人、小林義行、周也荻、衛藤雅予、藤澤公彦、江内田寛、大島裕司、武田篤信、宮崎勝徳、安田美穂、吉村武、村上祐介、平川沙弥香、立花崇、新納宏昭、赤司浩一、中村祟規、桑野信彦、向野利寛、野崎実穂、小椋祐一郎、小倉淳、池尾一穂、五條堀孝、工藤明、松田彰、出原賢治、黒田雅彦、高梨正勝、臼井正彦、門田幸二、久納紀之、深野泰史、吉川寿徳、高尾和正、笹田衣子、三浦弘子、林宏剛、大木忠明、濱崎智洋、小野純也、鍵本忠尚:眼疾患と遺伝子 ゲノムワイド遺伝子発現解析による眼内増殖性疾患の責任遺伝子同定と治療への展開. 日眼会誌 118:241-282、2014.
あたらしい眼科
野崎実穂:【網膜レーザー光凝固治療の進化】 エンドポイントマネージメント(PASCAL). あたらしい眼科 31: 37-41、2014.
眼科
野崎実穂、小椋祐一郎:抗VEGF大規模スタディ. 眼科 56:467-474、2014.
日本の眼科
吉田宗徳、小椋祐一郎:わかりやすい臨床講座 超広角走査型レーザー検眼鏡を用いた眼底周辺部の可視化. 日本の眼科 85:1388-1392、2014.
野崎実穂:『眼疾患メカニズムの新しい理解』をより理解するために 網膜血管障害の新しい理解(鈴間潔). 日本の眼科 85:289-294、2014.
臨床眼科
野崎 実穂:【ターゲット別!画像診断お助けガイド-基本画像から最新モダリティまで】 機能をみる 網膜循環. 臨床眼科 68:317-321、2014.
吉田宗徳:【網膜静脈閉塞の最新治療】 抗VEGF治療.  臨床眼科 68:1552-1558、2014.
OCULISTA
吉田宗徳:【眼科外来標準検査 実践マニュアル】 超広角走査型レーザー検眼鏡の可能性. OCULISTA 19:73-79、2014.

欧文原著

Acta Ophthalmol
Hirano Y, Yasukawa T, Mizutani T, Yoshida Y, Ogura Y : Recovery of retinal pigment epithelium correlating with restoration of retinal sensitivity in eyes with a retinal pigment epithelial tear. Acta Ophthalmol 92: 94-97, 2014.
Am J Ophthalmol
Ogura S, Yasukawa T, Kato A, Usui H, Hirano Y, Yoshida M, Ogura Y: Wide-field fundus autofluorescence imaging to evaluate retinal function in patients with retinitis pigmentose. Am J Ophthalmol 158: 1093-1098, 2014.
Ogura Y, Roider J, Korobelnik JF, Holz FG, Simader C, Schmidt-Erfurth U, Vitti R, Berliner AJ, Hiemeyer F, Stemper B, Zeitz O, Sandbrink R; GALILEO Study Group: Intravitreal aflibercept for macular edema secondary to central retinal vein occlusion: 18-month results of the phase 3 GALILEO study. Am J Ophthalmol 158: 1032-1038, 2014.
Cancer Cell
Kim C, Yang H, Fukushima Y, Saw PE, Lee J, Park JS, Park I, Jung J, Kataoka H, Lee D, Heo WD, Kim I, Jon S, Adams RH, Nishikawa S, Uemura A, Koh GY: Vascular RhoJ is an effective and selective target for tumor angiogenesis and vascular disruption. Cancer Cell 25: 102-117, 2014.
Clin Ophthalmol
Ota S, Nozaki M, Hirahara S, Hattori T, Yoshida M, Ogura Y: A case of retinopathy of prematurity treated by pattern scan laser photocoagulation. Clin Ophthalmol 8: 1409-1412, 2014.
FEBS Open Bio
Saadat KA, Murakami Y, Tan X, Nomura Y, Yasukawa T, Okada E, Ikeda Y, Yanagi Y: Inhibition of autophagy induces retinal pigment epithelial cell damage by the lipofuscin fluorophore A2E. FEBS Open Bio 4: 1007-1014, 2014.
Invest Ophhtalmol Vis Sci
Kaneko Y, Moriyama M, Hirahara S, Ogura Y, Ohno-Matsui K: Areas of nonperfusion in peripheral retina of eyes with pathologic myopie detected by ultra-widefield fluorescein angiography. Invest Ophhtalmol Vis Sci 55: 1432-1439, 2014.
Suda K, Guo C, Oishi A, Ikeda S, Uemura A, Yoshimura N: Therapeutic potential of semaphorin 3E for the treatment of choroidal neovascularization. Invest Ophthalmol Vis Sci 55: 4700-4706, 2014.
J Cataract Refract Surg
Ogura Y, Ong MD, Akinay A, Carson DR, Pei R, Karakelle M: Optical performance of hydrophobic acrylic intraocular lenses with surface light scattering. J Cataract Refract Surg 40: 104-113, 2014.
Nat Med
Hirano Y, Yasuma T, Mizutani T, Fowler BJ, Tarallo V, Yasuma R, Kim Y, Bastos-Cavalho A, Kerur N, Gelfand BD, Bogdanovich S, He S, Zhang X, Nozaki M, Iijima R, Kaneko H, Ogura Y, Terasaki H, Nagai H, Haro I, Núñez G, Ambati BK, Hinton DR, Ambati J: IL-18 is not therapeutic for neovascular age-related macular degeneration. Nat Med 20: 1372-1375, 2014.
Ophthalmology
Schmidt-Erfurth U, Kaiser PK, Korobelnik JF, Brown DM, Chong V, Nguyen QD, Ho AC, Ogura Y, Simader C, Jaffe GJ, Slakter JS, Yancopoulos GD, Stahl N, Vitti R, Berliner AJ, Soo Y, Anderesi M, Sowade O, Zeitz O, Norenberg C, Sandbrink R, Heier JS : Intravitreal aflibercept injection for neovascular age-related macular degeneration: ninety-six-week results of the VIEW studies. Ophthalmology 121: 193-201, 2014.
Korobelnik JF, Holz FG, Roider J, Ogura Y, Simader C, Schmidt-Erfurth U, Lorenz K, Honda M, Vitti R, Berliner AJ, Hiemeyer F, Stemper B, Zeitz O, Sandbrink R; GALILEO Study Group : Intravitreal aflibercept injection for macular edema resulting from central retinal vein occlusion: one-year results of the phase 3 GALILEO study. Ophthalmology 121: 202-208, 2014.
Proc Natl Acad Sci USA
Kim Y, Tarallo V, Kerur N, Yasuma T, Gelfand BD, Bastos-Carvalho A, Hirano Y, Yasuma R, Mizutani T, Fowler BJ, Li S, Kaneko H, Bogdanovich S, Ambati BK, Hinton DR, Hauswirth WW, Hakem R, Wright C, Ambati J: DICER1/Alu RNA dysmetabolism induces caspase-8-mediated cell death in age-related macular degeneration. Proc Natl Acad Sci USA 111: 16082-16087, 2014.
Retina
Cheung CM, Lai TY, Chen SJ, Chong V, Lee WK, Htoon H, Ng WY, Ogura Y, Wong TY: Understanding indocyanine green angiography in polypoidal choroidal vasculopathy: The group experience with digital fundus photography and confocal scanning laser ophthalmoscopy. Retina 32: 2397-2406, 2014.
Science
Fowler BJ, Gelfand BD, Kim Y, Kerur N, Tarallo V, Hirano Y, Amarnath S, Fowler DH, Radwan M, Young MT, Pittman K, Kubes P, Agarwal HK, Parang K, Hinton DR, Bastos-Carvalho A, Li S, Yasuma T, Mizutani T, Yasuma R, Wright C, Ambati J: Nucleoside reverse transcriptase inhibitors possess intrinsic anti-inflammatory activity. Science 346: 1000-1003, 2014.

邦文原著

あたらしい眼科
安田優介、若生里奈、高瀬範明、吉田宗徳、小椋祐一郎:角膜混濁例に対する白内障および硝子体手術 シャンデリア照明と広角眼底観察システムの有用性. あたらしい眼科 31:1519-1522、2014.
小椋祐一郎、坂本泰二、吉村長久、石橋達朗:糖尿黄斑浮腫を対象としたWP-0508(マキュエイド®硝子体内注用)の第Ⅱ/Ⅲ相試験. あたらしい眼科 31:1876-1884、2014.
日本眼科学会雑誌
山川めぐみ、野崎実穂、佐藤里奈、森田裕、吉田宗徳、小椋祐一郎:糖尿病網膜症に対する汎網膜光凝固術―従来凝固法とパターン凝固の比較. 日眼会誌 118:362-367、2014.
若生里奈、安川力、加藤亜紀、大森豊緑、石田晋、石橋達朗、小椋祐一郎:日本における視覚障害の原因と現状. 日眼会誌 118:495-501、2014.
臨床眼科
入谷麻世、野崎実穂、服部知明、吉田宗徳、小椋祐一郎:シリコーンオイル抜去後の高眼圧. 臨床眼科 68:1123-1126、2014.
鈴木克也、安川力、加藤亜紀、藤野晋平、森田裕、太田聡、平原修一郎、大曽根大典、臼井英晶、永井博之、吉田宗徳、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性に対するアフリベルセプト硝子体内注射の短期成績. 臨床眼科 68:1261-1267、2014.
荒木みどり、野崎実穂、服部知明、森田裕、小椋祐一郎:Patterned laser trabeculoplastyと選択的レーザー線維柱帯形成術の比較. 臨床眼科 68:1269-1273、2014.

その他

中間崇仁、吉田茂生、安里良、石川桂二郎、喜多岳志、中尾新太郎、佐々由季生、大島裕司、江内田寛、工藤明、松田彰、野崎実穂、小椋祐一郎、石橋達朗:脈絡膜線維血管増殖組織におけるペリオスチンの役割. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成25年度総括・分担研究報告書 39-40、2014.
大曽根大典、水谷武史、野崎実穂、加藤亜紀、安川力、小椋祐一郎:組織プラスミノーゲン活性化因子による脈絡膜血管新生抑制.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成25年度総括・分担研究報告書 41-43、2014.
加藤亜紀、安川力、鈴木克也、藤野晋平、吉田宗徳、小椋祐一郎:ラニビズマブ治療に抵抗する滲出型加齢黄斑変性へのアフリベルセプト硝子体内注射.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成25年度総括・分担研究報告書 61-63、2014.
吉田宗徳、西脇晶子、安川力、加藤亜紀、臼井英晶、小椋祐一郎:滲出型加齢黄斑変性における眼底周辺部自発蛍光の検討.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成25年度総括・分担研究報告書 112-114、2014.